スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

投稿日:

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。

親御さんがどんな生活であったか、どんな家庭に育ったのか、思い出してみてください。しかし、いかに困難であるかは重々承知のうえ、それでもあえて私は「親を認め、許しましょう」と言わせていただきたい。親はあなたの命を産み出してくれた人なのですから。それはあなた自身の幸せのためだからです。さらに言えばあなたのお子さんもまた、それによって幸せになっていくことができるからです。

自分でしっかり「今までこういう人生を送ってきてしまったけれど、幸せになるためにはやっばり自分の気持ちを変えていかなくちゃダメなんだ」と本気の覚悟をもってやるしかない。親の呪縛から自由になるには親を理解し、親を許すことが必要です。もちろん、これは本当にむずかしいことです。

自分で自分の人生を一歳の頃にさかのぼって

自分で自分の人生を一歳の頃にさかのぼって書き出してみたことがあります。年齢を追って、どのような状況があって、誰にどのようにお世話をされ、親に何をしてもらい、迷惑をかけたことまで含めて自分はどのようなことをしてきたかを思い出しながら書き出してみました、というある人。

自分ひとりでここまで大きくなってきたかのように思っていても、今に至るまでの人生ではいかに多くの人に助けられ、いかに多くの人の力に支えられてきたことでしょうか。親にしても悪いところばかりではなかったはずです。心の中にはひどい仕打ちしか残っていないとしても、客観的に親と自分の関わりを整理していく中では、じつは自分の思うひどい仕打ちも親の愛情からきていたものであることに気づくことがあります。

書き出していくと、その時々のいろいろな方の顔が思い浮かんできて、「本当に自分はなんて多くの人のお世話になってここまでこられたのか」と思い、さまざまな大きなご恩を受けてきたことを思うと涙が止まらなくなってしまいました。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんはいつも同じ物を見て退屈しています

赤ちゃんは生まれて初めて、同じオモチャ、同じ景色、同じ音、布や物質の同じ感触、同じ味覚などにうんざりする。赤ちゃんはさまざまな変化が好きで、そこから多くのことを学び取るのです。もし、赤ちゃんが退屈して …

no image

子どもの情緒の安定をはかりながらしつけをすることが大切

子どもの情緒の安定をはかりながらしつけをすることが大切です。お母さんが自分の都合で、何とか早く寝かしつけようとして焦りますと、それが子どもにもそれとなくわかり、かえっていらいらして寝つきが悪くなるもの …

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …

no image

新生児はさまざまな感覚が全くわからないのか?

新生児はこの世界から受け取るさまざまな感覚に全く反応することができないのでしょうか?いいえ。幸いなことに新生児にはそのような欠陥を埋め合わせる特別な機能が生まれつき備わっているのです。生後しばらくの間 …

no image

子供を叱る親がその前にしなくてはいけないこと

子どもは大好きな人の言うことなら何でも聞き入れます。「〇〇しなさい!」「そんなことしちゃダメでしょー」と叱らなくても、ちゃんと言うことを聞こうと思うものです。ただしそうなるには「いつも自分は親から好か …