スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

投稿日:

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。

親御さんがどんな生活であったか、どんな家庭に育ったのか、思い出してみてください。しかし、いかに困難であるかは重々承知のうえ、それでもあえて私は「親を認め、許しましょう」と言わせていただきたい。親はあなたの命を産み出してくれた人なのですから。それはあなた自身の幸せのためだからです。さらに言えばあなたのお子さんもまた、それによって幸せになっていくことができるからです。

自分でしっかり「今までこういう人生を送ってきてしまったけれど、幸せになるためにはやっばり自分の気持ちを変えていかなくちゃダメなんだ」と本気の覚悟をもってやるしかない。親の呪縛から自由になるには親を理解し、親を許すことが必要です。もちろん、これは本当にむずかしいことです。

自分で自分の人生を一歳の頃にさかのぼって

自分で自分の人生を一歳の頃にさかのぼって書き出してみたことがあります。年齢を追って、どのような状況があって、誰にどのようにお世話をされ、親に何をしてもらい、迷惑をかけたことまで含めて自分はどのようなことをしてきたかを思い出しながら書き出してみました、というある人。

自分ひとりでここまで大きくなってきたかのように思っていても、今に至るまでの人生ではいかに多くの人に助けられ、いかに多くの人の力に支えられてきたことでしょうか。親にしても悪いところばかりではなかったはずです。心の中にはひどい仕打ちしか残っていないとしても、客観的に親と自分の関わりを整理していく中では、じつは自分の思うひどい仕打ちも親の愛情からきていたものであることに気づくことがあります。

書き出していくと、その時々のいろいろな方の顔が思い浮かんできて、「本当に自分はなんて多くの人のお世話になってここまでこられたのか」と思い、さまざまな大きなご恩を受けてきたことを思うと涙が止まらなくなってしまいました。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

情操教育で「思いやり」を考える

私は、情操の中心に「思いやり」をおいて考えています。「思いやり」とは、相手の立場に 立って考え、相手の気持に共感する心といえましょう。これを「受容」の能力と呼んでいる人 もあります。そうなると、お母さ …

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

母の顔色ばかりを伺う子供

Kくんという小さな男の子がいます。厳しい叱りつけは生活全般におよび、Kくんが何かちょっとミスをしこしたり、言われたようにすぐに片づけをしなかったりすると、容赦なく叱責していた。おもらしやおねしょはしょ …

no image

赤ちゃんへの母親の不安

赤ちゃんは全く新しい世界に投げ出され、驚きながらもさまざまな刺激に立ち向かおうとしています。それは簡単なことではありませんから、あなたの手助けを必要としている。赤ちゃんが困難な時期を迎えていることを、 …

no image

子どもへの思いやりによって育てることができているか

一~三歳の子どものように、ひざにのせることが簡単にできる年齢のうちに、身体接触を実現する必要があることを、強調しなければなりません。ところが、その年齢の子どもに対しても、身体接触を子どもから要求される …