スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

もし「私」がこの世に生まれていなければ

投稿日:

もし「私」がこの世に生まれていなければ、目の前のわが子も存在していなかったのです。もちろんこの世に生まれなければ、子育てで大変な思いをすることも、日々の中で苦労することも、いろいろ嫌な思いをすることもなかったかもしれません。

親が私に何をしたか、私が親に何をしたか、それをプラスの部分もマイナスの部分も両方書き出す作業をしていくと、最終的には「親がいたから自分も存在している」という、当たり前ですがとても大切な事実に行き着きます。どれほど嫌いでどれほど憎んでいても、その親が命がけで産んでくれたからこそ、今こうして自分がここに存在している。それは紛れのない事実です。

「この世に生まれてなんてこなきゃよかった」というつらい存在否定の気持ちにかられることもなかったでしょう。でも苦しいこと、嫌なことばかりでなく、これまでの人生ではうれしかったこと、楽しい思いもたびたび味わってきたのではないでしょうか。それも、有ることが難しい存在である人間として生まれてきたからこそです。

ほかの部分は許せないままでも

ほかの部分は許せないままでも、ただひとつそこだけは感謝の気持ちをもつようにしていただきたいのです。その気持ちがもてるだけで、そこが土台となって、これからの人生の足場ができていきます。いろいろなことを構築していくことができるようになります。

苦いも甘いもひつくるめて、人間としてそういうことを味わえただけでよしです。「親にこんな仕打ちを受けてきた」という思いがあると、親を許す、親を認める気持ちにはなかなかなれないでしょう。けれども、どんな親であっても「産んでくれただけでありがたい」と、そこだけは感謝の気持ちをもつようにしていただきたいのです。

ズブズプと沈み込んでいく足元に早く凝固剤を打ち込んでいかなければ、どんどん泥沼に飲み込まれていってつらくなるだけです。その凝固剤とは、親を許すことです。自分が幸せになるためには親のいいところを一所懸命考えるしかありません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供に愛情が伝わらない

大きな愛情があるのに、それをしっかり子どもに伝えてあげられないのは何が原因なのでしょうか。やはり、最近のお母さんたちのゆとりのなさに一因があると考えます。社会の価値観が変わり、より成果主義、結果主義に …

no image

ああしろ、こうしろと言葉で気持ちを遮断してしまってはダメ

自ら成長していく力は植物自身がすべてもっている。そこに不備はない。だからそれを信じていけばよい。これは子育てにも通じる根本の原理だと思います。トマトの声を聴き、必要なものを与えてあげることで小さな種が …

no image

赤ちゃんがあなたに何かを語りかけようとする時

生後六週日が過ぎると、赤ちゃんでも体に触られることがはっきり分かって、意識するようになります。赤ちゃんを訪ねてくる人みんなに愛撫を受けると、赤ちゃんにとって刺激が強すぎる、こともありますが、逆に、その …

no image

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘 …

no image

新生児を泣き止ませる方法

ときには、授乳している間に眠ってしまい、赤ちゃんをそっと揺りカゴに降ろそうとしたとたんに泣き出すことがあります。授乳や睡眠の時間を正確に守っている母親は、赤ちゃんがミルクを飲みながら眠っていることに気 …