スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

コンバーチブルやスポーツ多目的カーなど

投稿日:

「新車需要が増える春を迎え、国内外の自動車メーカーが相次いで様々な新しいモデルをリリースしている。価格帯はもちろん、コンバーチブル(屋根開閉)からスポーツ用多目的車(SUV)、スポーツカーなどの種類も多様である。発売された新車の特徴を調べた。

現代自動車は、代表中型SUVである「新型サンタフェ」を発売した。2005年旧型の発売以来、の新型である。テレマティクス(自動車インターネットサービス)である「ブルーリンク(Blue Link)」を搭載し、スマートフォンで遠距離操作が可能である。7つのエアバッグを基本適用し、車の衝突時にシートベルトを締めてくれる下半身傷害低減装置を適用して乗客の安全に気を使った。

ボディサイズは従来モデルよりも若干小さくなった室内空間を左右するホイールベース(ホイールベース)は、 270cmでまったく同じだ。新型サンタフェは、最高出力184馬力の2L級ディーゼルエンジンと200馬力の2.2Lディーゼルエンジンの2種類が最初に発売された。公認燃料消費効率(燃費)は2L級Lあたり13.8km、2.2L級はLあたり14.4km(以上2輪駆動自動変速機モデルの基準)を走行する。

フォードの新型エスケープ

既存のモデルとの価格差を最大限に減らすという目標だ。輸入SUVのフォードの新型「エスケープ」が目立つ。性能を維持しながら燃費を高めるフォードのエコ技術エコブーストを適用して、燃費を従来モデルより約10%高めた。豊かな収納スペースをそろえトランクの下に向かって足を置くと、トランクが自動的に開かれる「ハンズフリーテールゲートリフト」を適用した。

ボルボは代表SUVモデルのXC60に2L級ディーゼルエンジンを搭載した「XC60 2.0ディーゼル」を発表しました。2L級5気筒ディーゼルエンジンで163馬力を発揮し、燃費はL当たり11.7kmを走行する。この車は低速追突防止システム「シティセーフティ」を装着して、時速30km以下の走行時に前車との追突の危険が発生した場合、これを感知して、自らブレーキを作動させる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

プライドの市販価格を従来に比べて最高200万ウォン引き上げた

起亜自動車が新型プライドの市販価格を従来に比べて最高200万ウォン引き上げた。このような引き上げ幅は2011年初めに発売した現代自動車の準大型の新型グレンジャーHGの220万ウォン引き上げと同様のレベ …

no image

多目的軽自動車TAM(開発コード名)を発売

起亜自動車が当初発売した多目的軽自動車TAM(開発コード名)を2011年に中旬に発売した。起亜自動車は2011年11月中旬からTAMの事前契約を実施する続き、11月29日頃、済州で新車発表会を行い、本 …

no image

快適で静かな室内マリブのインテリア

マリブはムーランルージュレッド、ポセイドンブルー、スイッチブレードシルバー、デイドリームベージュ、カーボンフラッシュブラックなど全9種類のカラーとブラック、ブラック&グレー、ブラック&ブラウンのツート …

no image

新型ボルボトラックの発売イベント

ボルボトラックは、ボルボ·トラックセンター東灘で26トンの国内最大積載能力を備えたカーゴトラック発売イベントを行った。 ボルボトラックは、今回のリリースをきっかけにトラクターとダンプトラックに続いて、 …

no image

SLS AMGロードスターを発売

メルセデスベンツコリアが、「SLS AMGロードスター」を発売した。新車はソフトトップ方式のスーパーカーでスポーツカーの原動力とオープントップドライビングの楽しさを組み合わせた。フランクフルトモーター …