スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

コンバーチブルやスポーツ多目的カーなど

投稿日:

「新車需要が増える春を迎え、国内外の自動車メーカーが相次いで様々な新しいモデルをリリースしている。価格帯はもちろん、コンバーチブル(屋根開閉)からスポーツ用多目的車(SUV)、スポーツカーなどの種類も多様である。発売された新車の特徴を調べた。

現代自動車は、代表中型SUVである「新型サンタフェ」を発売した。2005年旧型の発売以来、の新型である。テレマティクス(自動車インターネットサービス)である「ブルーリンク(Blue Link)」を搭載し、スマートフォンで遠距離操作が可能である。7つのエアバッグを基本適用し、車の衝突時にシートベルトを締めてくれる下半身傷害低減装置を適用して乗客の安全に気を使った。

ボディサイズは従来モデルよりも若干小さくなった室内空間を左右するホイールベース(ホイールベース)は、 270cmでまったく同じだ。新型サンタフェは、最高出力184馬力の2L級ディーゼルエンジンと200馬力の2.2Lディーゼルエンジンの2種類が最初に発売された。公認燃料消費効率(燃費)は2L級Lあたり13.8km、2.2L級はLあたり14.4km(以上2輪駆動自動変速機モデルの基準)を走行する。

フォードの新型エスケープ

既存のモデルとの価格差を最大限に減らすという目標だ。輸入SUVのフォードの新型「エスケープ」が目立つ。性能を維持しながら燃費を高めるフォードのエコ技術エコブーストを適用して、燃費を従来モデルより約10%高めた。豊かな収納スペースをそろえトランクの下に向かって足を置くと、トランクが自動的に開かれる「ハンズフリーテールゲートリフト」を適用した。

ボルボは代表SUVモデルのXC60に2L級ディーゼルエンジンを搭載した「XC60 2.0ディーゼル」を発表しました。2L級5気筒ディーゼルエンジンで163馬力を発揮し、燃費はL当たり11.7kmを走行する。この車は低速追突防止システム「シティセーフティ」を装着して、時速30km以下の走行時に前車との追突の危険が発生した場合、これを感知して、自らブレーキを作動させる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

スマートパスパルトゥーの発売

スマートは、よりダイナミックなデザインに変更され、2013年型「スマートパスパルトゥー」を発売。スタイリッシュシティカー目指すスマートパスパルトゥーは2.6mの小さな車体にもかかわらず、「ツリー·ディ …

no image

インフィニティ-Gセダンレーシングリミテッドエディション

フォーミュラワン(F1)ワールドチャンピオンシップ2011-2012シーズンでレッドブルレーシングを公式後援している日産の高級ブランドインフィニティ(代表健二内藤)が「Gセダンレーシングリミテッドエデ …

no image

多目的軽自動車TAM(開発コード名)を発売

起亜自動車が当初発売した多目的軽自動車TAM(開発コード名)を2011年に中旬に発売した。起亜自動車は2011年11月中旬からTAMの事前契約を実施する続き、11月29日頃、済州で新車発表会を行い、本 …

no image

起亜自動車の代表的な小型セダンプライドが再誕生

起亜自動車の代表的な小型セダン「プライド」が6年ぶりに新しい姿で再誕生した。起亜自動車は、ソウル広津区「Wホテル」で新型「プライド」(プロジェクト名UB)新車発表会を開き、本格的販売を開始しました。こ …

no image

燃費と乗り心地が改善されたホンダ車の9世代シビックが発売

燃費と乗り心地が改善されたホンダ車の9世代シビック(CIVIC)が発売された。ホンダは、2012年型「オールニューシビック(All New CIVIC)」の発売発表会を行い、本格的販売に入る明らかにし …