スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

コンバーチブルやスポーツ多目的カーなど

投稿日:

「新車需要が増える春を迎え、国内外の自動車メーカーが相次いで様々な新しいモデルをリリースしている。価格帯はもちろん、コンバーチブル(屋根開閉)からスポーツ用多目的車(SUV)、スポーツカーなどの種類も多様である。発売された新車の特徴を調べた。

現代自動車は、代表中型SUVである「新型サンタフェ」を発売した。2005年旧型の発売以来、の新型である。テレマティクス(自動車インターネットサービス)である「ブルーリンク(Blue Link)」を搭載し、スマートフォンで遠距離操作が可能である。7つのエアバッグを基本適用し、車の衝突時にシートベルトを締めてくれる下半身傷害低減装置を適用して乗客の安全に気を使った。

ボディサイズは従来モデルよりも若干小さくなった室内空間を左右するホイールベース(ホイールベース)は、 270cmでまったく同じだ。新型サンタフェは、最高出力184馬力の2L級ディーゼルエンジンと200馬力の2.2Lディーゼルエンジンの2種類が最初に発売された。公認燃料消費効率(燃費)は2L級Lあたり13.8km、2.2L級はLあたり14.4km(以上2輪駆動自動変速機モデルの基準)を走行する。

フォードの新型エスケープ

既存のモデルとの価格差を最大限に減らすという目標だ。輸入SUVのフォードの新型「エスケープ」が目立つ。性能を維持しながら燃費を高めるフォードのエコ技術エコブーストを適用して、燃費を従来モデルより約10%高めた。豊かな収納スペースをそろえトランクの下に向かって足を置くと、トランクが自動的に開かれる「ハンズフリーテールゲートリフト」を適用した。

ボルボは代表SUVモデルのXC60に2L級ディーゼルエンジンを搭載した「XC60 2.0ディーゼル」を発表しました。2L級5気筒ディーゼルエンジンで163馬力を発揮し、燃費はL当たり11.7kmを走行する。この車は低速追突防止システム「シティセーフティ」を装着して、時速30km以下の走行時に前車との追突の危険が発生した場合、これを感知して、自らブレーキを作動させる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

フランクフルトモーターショーで初めて公開した新型i30

現代車は今年のフランクフルトモーターショーで初めて公開した新型「i30」を韓国国内にもかけてくる予定であった。現代車のヨーロッパデザインセンターでデザインしたi30は、六角形のグリルで現代車のファミリ …

no image

i40-一般的な走行モードの3つの走行モードを選択できるようにした

「i40」は全長4815mm、全幅1815mm、全高1470mmで2770mmのホイールベースを持っていた。すべてのモデルに6速自動変速機を適用した「i40」は、ガソリン2.0 GDiモデルの場合、最 …

no image

フェラーリが新しいV12モデルをアジア初公開

フェラーリが、中国北京で開かれた「2012北京モーターショー」で新しいV12モデルをアジア初公開した。新車は自然吸気 ​​直噴方式の新しい6262cc V12エンジンが搭載されて8250rpmで最大出 …

no image

起亜自動車の新概念ミニCUV・レイ(RAY)を発表

公式発表された起亜自動車の新概念ミニCUV「レイ(RAY)」は、軽自動車にふさわしくない広い室内空間に注目を浴びた。Bピラーを果敢に取り除く側面の前後のドアをすべて開放するには、アクセススペース幅は最 …

no image

マセラティクベン-スポーツラグジュアリーSUVモデル

マセラティは、フランクフルトモーターショーで期待を集めた新しいスポーツラグジュアリーSUVモデル「マセラティクベン(Maserati Kubang)」を公開した。イタリアの風をモチーフに披露したコンセ …