自動車

コンバーチブルモデルである458スパイダーを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリ公式輸入会社(株)FMKが「フェラーリ458スパイダー(Ferrari 458 Spider)」を発売した。フェラーリ史上29番目のコンバーチブルモデルである458スパイダーは、世界初のミッドリアエンジンにアルミで製作され折りたたみ式ハードトップを装着した。ハードトップの重量は、従来のソフトトップよりも25kg軽量、トップを開いて閉じるのに14秒かかる。トップを閉じた場合には、外部の気候変動やノイズを効果的に遮断する。

運転席の後ろのパワーウィンドウスクリーンは風を防いでくれる。トップを開いて走行する場合の試験を通じた最適化された高さを設定して、運転席の乱流を減少させた。458クーペに適用されたのと同じアルミのシャーシは、新しい素材と製作技法を使用して車体重量を削減し、強度は向上させ、最新の安全基準を満たしているさせた。

新車は「2011年のエンジン賞」に選定された570馬力、4499cc V8エンジンと7速F1デュアルクラッチトランスミッションがペアを組んで、最高速度320km / h、停止状態から100km / hに至るまで3.4秒かかる。「新車はフェラーリ独自のアイデンティティと革新的な最新技術が適用され、優れた性能と美しいデザインが引き立つ転換」と「昨年のフランクフルトモーターショーで公開された後、国内顧客の問い合わせが絶えないほどの人気が高い」と述べた。

スパイショット

韓国GMの新型SUVと推定される車両があちこちで捕捉され、注目を集めている。最近のオンライン中古車専門コミュニティ宝ドリームなど各種ポータルサイトには、このような車両「スパイショット」が多数公開されて新車発売への期待感を一層増大させた。現在、国内内需市場は1月、双龍車コランドスポーツのほか、CRする新型車が出てこない消費者は、これまで以上に新車への関心が高まっている状況。

「2012ジュネーブモーターショー」でオペル·ボックスホール2013年型モカが公開された。「2012年ジュネーブモーターショー」でオペル·ボックスホール小型SUVに登場した「モカ」と似ている。オペル·ボックスホールはジェネラル·モーターズ(GM)の子会社である。メーカー側によると、「モカ」は、GMの小型車「アベオ」をもとに製作されたSUVである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加