スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

哲学入門

虚空などの物は正しい認識方法とは無関係に成立している

投稿日:

実に虚空などの物は、正しい認識方法(によって知られること)とは無関係に、それ自身によってすでに成立しているものであるとは、何人も考えない。しかるに、アートマンは正しい認識などの活動の基体たるものであるから、正しい認識作用などの活動よりも以前に成立している。そうして、このようなものを否認することは可能ではない。

アートマンは、何人にとっても外来的(agantuka)なものではない。何となれば、それはそれ自身によってすでに成立しているものなのであるから。実にアートマンはアートマン(自己)の正しい認識に依存して成立しているのではない。何となれば、未だ成立していない認識の対象(praneya)を成立せしめんがために、直接知覚(pratyaksa)などの正しい認識方法がアートマンによって用いられるのである。

何となれば、外来的な物(agantukanvastu)を否認することはできるが、(否認する者)自身を否認することはできないから。すなわち、それは否認をなす人その人の自体なのであるから。実に火の熱さは火によっては排除されない。

身体が灰に帰したときにも

身体が灰に帰したときにも、アートマンは断絶しない。何となれば、アートマンの本質は「現在」なのであるから。またアートマンが他の本質を有するということは、想像もできたまた、内我(pratyagatnan)は『自我観念の対象』(asnatpratyayavisaya)であり、『直接知で知られるもの』(きであるといシャンカラの主張が、あまりにもデカルトのそれと一致していることに驚きを禁じ得ない。

さらに「わたくしみずからいま、現在の事物を知る。」「わたくしみずから、いま、過去の、およびより一層過去の、事物を(かつて)知った。」「わたくしみずから、未来の、および、さらに未来の事物を(のちに)知るであろう。」というとき、知の対象は過去・現在・未来の状態によって変化するけれども、知の主体(知者imatr)の変化は存在しない。何となれば、知者は常に現在すること(永遠の現在sarvadavartanana)をその本質としているのであるから。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

シャンカラやウパヴァルシャの議論は

デカルトにおいては自我は神とは異なった存在であるが、シャンカラにおいては自己はそのまま絶対者ブラフマンなのであって、両者が別異であると考えるのは迷妄にすぎない。自我(アートマン)と絶対者が同一であると …

no image

唯物論者によると

唯物論者によると、身体を構成している物質的なものが基本的な原理であるが、たしかわれは身体を失えば、一切の精神機能は消滅してしまうから、その意味では唯物論は絶対的義をもっているように思われる。しかしわれ …

no image

ゴータマ・ブッダはべチレスにとどまっていたのちに

ゴータマ・ブッダはべチレスにとどまっていたのち、かつてさとりを開いた場所であるウルヴェーラーに向って旅に出た。あるとき、かれは道を離れて一つの密林のところに到り、その中に入って一樹のもとに巫した。 そ …

no image

イスラームの学者はデカルトを批判

或るイスラームの学者はデカルトを次のように批判した。デカルトによると、知識が自我の存在にのみ限られているかぎりは、知識の範囲と価値は極度に制限されたままである。なぜなら、あらゆる感官的知覚と数学的論証 …

no image

意識している意識を否認することはできない

デカルトは、われわれは何ものをも否認することはできるが、意識している意識を否認することはできない。それは精神の存在を証するものである。ところで精神の存在を証する〈意識していること〉という事実は、精神に …