スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

国民年金の多段階免除制度を導入しても

投稿日:2015年8月3日 更新日:

「方向性と論点」では、基礎年金への国庫負担が現在の1/3から1/2に引き上げられることが前提とされている。というよりも、国庫負担引き上げの必要性を説得するために「方向性と論点」がまとめられているようなものである。

多段階免除制度を導入しても、現役被保険者の保険料が高まらず、しかも財政調整額が増加しない、そういう方法があっても良いのではないかと考えたくなる。そしてそうした方法は、基礎年金に対する国庫負担の投入のあり方を工夫すれば可能となる。

そして、「方向性と論点」では、基礎年金国庫負担割合の1/2への引き上げの論拠として、「前回改正法で規定された、安定した財源を確保して、給付も適切な水準を保つため、不可欠である」とされている。

国庫負担が給付基準でなされているために、第1号の拠出金算定対象者割合が低下しても、国庫負担額は何の影も受けないことを示している。国民年金の拠出金算定対象者割合が100%である場合を基準としてみれば、割合が低くなるにつれて、第1号、第2号被保険者が基礎年金勘定のために支払う1人当たり保険料は高くなっている。

最終的な保険料水準を過大にせず

「最終的な保険料水準を過大にせず、給付も適切な水準を保つため」の国庫負担引き上げといっても、なにも基礎年金の給付に国庫負担をリンクさせる必要はないのではないかと思える。

ところで、なにゆえに国民年金の拠出金算定対象者割合が100%よりも大幅に少ない値になっているかといえば、少なくとも免除者に対しては、彼ら被保険者の所得が低いからである。学生納付特例者については所得を得ていないからである。

未納者に対しては、所得が低いからか。もしくは、保険料の収納責任を負う社会保険庁が、しっかりと業務を遂行していないからである。これらのことを原因とした国民年金の財源調達力の弱体化を、なにゆえに、国民年金、厚生・共済年金の現役被保険者がカバーしなければならないのであろうか。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには、事務所や企業年金基金の組織などを新たに用意することになる。一方、厚生年金基金が規約型企業年金に移行するには、福祉事業などを整理しなければなら …

no image

確定給付企業年金の運営は規約に基づいて行われる

確定給付企業年金の管理や運営は、法令の規定および法令の規定に基づき定めた規約に基づいて行われる。各確定給付企業年金の内容は、骨格はおおむね同じであるにしても、給付設計などの詳細は様々である。各確定給付 …

no image

相続税とかかわりのあった死亡者

相続税とかかわりのあった死亡者(被相続人)は48,463人であり、この人数は2000年度における全死亡者961,637人のわずか5%にすぎない。すなわち、当該年度における全死亡者の95%、およびその家 …

no image

確定給付企業年金の計算について

確定給付企業年金法では、給付の額の算定方法として、給付建ての企業年金にふさわしいと考えられるものを規定するという対応がなされている。具体的には、給付の額は、加入者期間または当該加入者期間における給与の …

no image

年金財政計画の弱点-試算が外れるおそれを生む原因

「方向性と論点」のなかで提示されていた年金財政計画の最大の弱点ー試算が外れるおそれを生む原因ーは、「方向性と論点」における財政計画が、永続的に強く市場に依存しつづけていることにあるように、思える。 「 …