スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

心の土台を育てること

投稿日:

土台がぐちゃぐちゃだったら、立派な建物を建てようとして懸命にトンカントンカンやっても、骨組みさえしっかり建てられないでしょう。「きちんとご挨拶しなさい」「人には親切にしなさい」と言われても、自分が大好きでなければ人を大事にしようとは思いませんし、挨拶も親切にすることもしようとは思えない。

心の土台がすべての土台「生きる力」を育てるというのは心の土台を育てることです。甘えられて心の土台が育っていないと、しつけや教育で身につけさせてあげなくてはいけないことも入っていきません。

責任感や社会性や感謝し尊敬する心というのは、人から言われてもてるようになるものではありません。「こうしなさい」「ああしなさい」と言われてできる類のものではないのです。できるために必要となるのは、自らそうしようと思う気持ちです。言うなれば自主性です。自ら進んで「こうしよう」と思う、「このように動こう」と思う、そんな自主性は心が満たされているからこそ生まれてきます。

いくら「やりなさい」と言われても

いくら「やりなさい」と言われても、自分を嫌いな子は絶対に人を大事にはできません。けれども自分に満足して、「自分はなんていい子なんだろう」と思っていれば、人にも心を向けられるようになります。人に対しての振舞いも、自分を大事にするのと同じように大事にできるようになっていくのです。

お腹を空かせていたら、人に自分のご飯を分けてあげようなんて気持ちにはなりません。十分お腹いっぱいご飯を食べられているからこそ、人にも分けてあげようと思うようになるのですし、人の食べているものを見て「おいしそうだね」とほめる気持ちも生まれてくるのです。甘えられることで心の土台が育った子は、そのような気持ちがもてるようになっていきます。自分に対するいいプライドも育ち、自分の人生を大切にしていけるようになります。親に言われて説得されてやらされる人生ではなく、自ら納得して生きる人生にしていくことができます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんを観察してみましょう

赤ちゃんの前にぶら下げたオモチャの方へ両手を伸ばし、オモチャの片側に左手を、もう片側に右手をもっていって両手を同時に閉じようとしました。ところが、オモチャは手からスルリと抜けてしまった。赤ちゃんがとて …

no image

子どもの力を信じることが必要

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日 …

no image

赤ちゃんは一人で立つのが好きですか?

赤ちゃんは一人で立っているのが好きですか?体のバランスはとれますか?もし、赤ちゃんが嫌がっているようなら、無理やり赤ちゃんを立たせようとはしないで下さい。赤ちゃんを驚かせることにもなって、正常な発達を …

no image

子供の気力や意欲を失わせないために

子供に「塾をさほるなんてどういうこと?勉強が遅れて成績が下がってもいいの?」「髪を金髪に染めるなんて許しません。学校でも禁止されているし、ご近所にもみっともないでしょ!」このように言われ続ければ、子ど …

no image

子供が必死に物をねだる場合

買ってと言われたモノを買ってあげられないとき、「そうだよね、ほしいよね。お母さんも大好きな〇〇くんのために買ってあげたいんだけれど、今日は買えないの」と言えば、子どもは「わかった」と納得してそれ以上の …