スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

心の土台を育てること

投稿日:

土台がぐちゃぐちゃだったら、立派な建物を建てようとして懸命にトンカントンカンやっても、骨組みさえしっかり建てられないでしょう。「きちんとご挨拶しなさい」「人には親切にしなさい」と言われても、自分が大好きでなければ人を大事にしようとは思いませんし、挨拶も親切にすることもしようとは思えない。

心の土台がすべての土台「生きる力」を育てるというのは心の土台を育てることです。甘えられて心の土台が育っていないと、しつけや教育で身につけさせてあげなくてはいけないことも入っていきません。

責任感や社会性や感謝し尊敬する心というのは、人から言われてもてるようになるものではありません。「こうしなさい」「ああしなさい」と言われてできる類のものではないのです。できるために必要となるのは、自らそうしようと思う気持ちです。言うなれば自主性です。自ら進んで「こうしよう」と思う、「このように動こう」と思う、そんな自主性は心が満たされているからこそ生まれてきます。

いくら「やりなさい」と言われても

いくら「やりなさい」と言われても、自分を嫌いな子は絶対に人を大事にはできません。けれども自分に満足して、「自分はなんていい子なんだろう」と思っていれば、人にも心を向けられるようになります。人に対しての振舞いも、自分を大事にするのと同じように大事にできるようになっていくのです。

お腹を空かせていたら、人に自分のご飯を分けてあげようなんて気持ちにはなりません。十分お腹いっぱいご飯を食べられているからこそ、人にも分けてあげようと思うようになるのですし、人の食べているものを見て「おいしそうだね」とほめる気持ちも生まれてくるのです。甘えられることで心の土台が育った子は、そのような気持ちがもてるようになっていきます。自分に対するいいプライドも育ち、自分の人生を大切にしていけるようになります。親に言われて説得されてやらされる人生ではなく、自ら納得して生きる人生にしていくことができます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分を受け入れることができるようになると

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にするこ …

no image

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こ …

no image

自分から進んで勉強するようにする

自発性の発達しているお父さんは、子どもに問題が起きるまでは妻まかせにしていても、いざとなると妻といっしょに相談を受けにやってきます。そして、積極的に問題の解決に当ろうとします。 子供の自発性が発達して …

no image

母の愛情が不足していると子供はわがままになってしまう

ただ単に事柄だけをやってもらっても、お母さんから愛されている実感をもつことはできません。「自分のことが大好きだからやってくれている」という思いがもてなければ心は満たされることなく、お母さんの愛情を確認 …

no image

親は偉いと思い込むことは危険

多くの両親は微慢です。「お母さんだってやってるくせに」などといわれると、頭にきてしまいます。そして、「人のことをっベこベいうな?」と大声をあげるばかりでなく、手を振り上げるかも知れません。真実に対して …