スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋は麻疹に似ているともいわれるが

投稿日:

ひょっとして、恋人になれるのかなという可能性を秘めた男友達と会う時が、一番、ドキドキして楽しい時間ではないか、と思ってしまう。恋人になってしまえば、こんどはその関係を維持することに神経を使わねばならないわけで、結構それは面倒臭かったりする。

ハタチもすぎて、仕事も持って、忙しい毎日。寝る気もない男とお茶を飲んいる余裕なんてないと思う。人生は短い。若さはもっと短い。けれど若い時はそれに気づない。若ければ若いほど時間は無限に存在するように感じてしまう。だから中学生は、友達の男の子とずうっと話しこんだりする。男としては何の魅力も感じない人間と、いくら彼が金持ちで便利な人でも、長時間一緒にお茶を飲む気にはなれない。しかし、今の若い人は違うのかもしれない。

恋になるか、ならないか。その瀬戸際が、最もスリリングであり、ドラマになり、おもしろいのである。だから、じつは、好きだったんだという男の告白は、まさに、その友人関係(と思っていた)を壊す最初の効果的第一打となるわけである。

恋ははしかのようなものと言われるが

恋もはしかもワクチンを打つより本物にかかることをおすすめします。よく恋は、はしかのようなものと言われる。誰でも一度はかかり、そして年とってかかればかかるほど重症になる。高い熱が出るが、それが引くと、ケロリとしたもの。などなどの症状が共通点としてあげられる。

女は、好意を寄せている男友達から、いつかこう言われることを、望んでいるケースが多い。その後の展開は、女の腹積もりひとつ。イニシアチブは女が握っていることになる。じつは、好きだったんだ男友達が、突然、告白を始めた。さあ、貴女はどうしましょう。

最近では、はしかのワクチンが発明され、乳児のうちにこれを接種すれば、生涯はしかにかからずにすむのだそうだ。じつは、最近の若い女の子たちを見ると、一生恋にかからずにすむワクチンを打ってもらっているんじゃないかと私は感じてしまうのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

彼女の持ち物をほめるのは簡単ではない

女性の気を引くためにブランドを研究していて、「そのジャケット、アナスイだね」とか「そのバッグ、本物のフェラガモだね」とかやっている男がいる。ご苦労なことだが、そんな男は、女性からすれば「それがどうした …

no image

女性の中身を褒める

豊満ボディを売りにして『キングコング』でデビューしたジェシカ・ラングは、長らく。キングコングの花嫁、と侮られながらも、様々な作品で果敢に汚れ役に挑戦するうちに、ハリウッド屈指の演技派、とたたえられるま …

no image

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます。どうしたらなおるでしょうか?、と語るある女性。私はどんなに酔ってても全部覚えているのです。思い出すだけで顔が赤くなることがあります。当然いまでは社内でもあまり …

no image

握手には印象に残る心理効果がある

会社の送別会で送られる人は、最後のお別れのあとに握手を求めてくる相手に特別の印象を抱く。「そうか、こいつとこいつは、本気でオレが去るのを惜しんでくれているのだな」というぐあいに。 日本の文化には、「握 …

no image

水商売のお姉さんたちを上品だと感心する男達

男たちは、ワンレン・ボディコン・ジャラジャラの水商売のお姉さんたちを、上品だと感心している。思うに、男にとっての女の上品と、女から見た女の上品は、質が違うらしい。男にとって、金のかかった身なり、金のか …