スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋は麻疹に似ているともいわれるが

投稿日:

ひょっとして、恋人になれるのかなという可能性を秘めた男友達と会う時が、一番、ドキドキして楽しい時間ではないか、と思ってしまう。恋人になってしまえば、こんどはその関係を維持することに神経を使わねばならないわけで、結構それは面倒臭かったりする。

ハタチもすぎて、仕事も持って、忙しい毎日。寝る気もない男とお茶を飲んいる余裕なんてないと思う。人生は短い。若さはもっと短い。けれど若い時はそれに気づない。若ければ若いほど時間は無限に存在するように感じてしまう。だから中学生は、友達の男の子とずうっと話しこんだりする。男としては何の魅力も感じない人間と、いくら彼が金持ちで便利な人でも、長時間一緒にお茶を飲む気にはなれない。しかし、今の若い人は違うのかもしれない。

恋になるか、ならないか。その瀬戸際が、最もスリリングであり、ドラマになり、おもしろいのである。だから、じつは、好きだったんだという男の告白は、まさに、その友人関係(と思っていた)を壊す最初の効果的第一打となるわけである。

恋ははしかのようなものと言われるが

恋もはしかもワクチンを打つより本物にかかることをおすすめします。よく恋は、はしかのようなものと言われる。誰でも一度はかかり、そして年とってかかればかかるほど重症になる。高い熱が出るが、それが引くと、ケロリとしたもの。などなどの症状が共通点としてあげられる。

女は、好意を寄せている男友達から、いつかこう言われることを、望んでいるケースが多い。その後の展開は、女の腹積もりひとつ。イニシアチブは女が握っていることになる。じつは、好きだったんだ男友達が、突然、告白を始めた。さあ、貴女はどうしましょう。

最近では、はしかのワクチンが発明され、乳児のうちにこれを接種すれば、生涯はしかにかからずにすむのだそうだ。じつは、最近の若い女の子たちを見ると、一生恋にかからずにすむワクチンを打ってもらっているんじゃないかと私は感じてしまうのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

趣味と結婚の問題

彼に女装趣味があります。結婚を考えていますが大丈夫でしょうか?彼のマンションで結ばれました。それからは週末はいつも彼のところで過ごすようになりました。1年ほど前から同じ部署のエンジニアと交際しています …

no image

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません。この仕事将来性ないんでしょうか?、とある人は語る。夢をなくし、愛を見失っているこの世の中に、本当に大切なものは、人と人との愛なのだ、お金じゃ買えない真心なのだ …

no image

最初嫌いなのに好きになる

そして、時こそ今は——–と、口に出してつぶやくたびに、感動で涙に襲われてしまう。のちに、恋人、長谷川泰子は中也を捨て、近代日本の知性、小林秀雄の元へ去ってしまう。中也は自らを、 …

no image

初対面の人への質問の仕方

初対面の彼女を質問攻めにするなかれ初対面のとき、話題のない男は、たいがい四つの質問で間をもたせようとする。「年はいくつ?」「どこに住んでるの?」「仕事は何をしてるの?」「兄弟はいるの?」この四つの質問 …

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …