スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋人はやさしい人

投稿日:

やさしくしてもらいたいから、恋をするのか。そして、条件として、よくあげられるのが、おもしろい人である。おもしろいことをいって、笑わせてもらったり、楽しませてもらったりしたいのだろう。ここに、受け身の女性像が見えてくる。

恋人になればすべての男はやさしい人になってしまう。若い女性に、恋人の条件はと聞くと、やさしい人という答えが、まず返ってくる。私はそこに、若い女の子のやさしくしてもらいたい願望
の甘ったれと、図々しさとを感じてしまう。

やさしくしてもらいたい。楽しませてもらいたい。してもらいたい。してもらいたい。してもらいたい。自分勝手な要求を恋人に押しつけて、自分は楽なほうへ楽なほうへと逃げているように思える。

やさしくして、やさしくして

恋人はやさしい人という言葉から、やさしくして、やさしくして、という女の甘ったれたつくった声が聞こえてくる。しかし、若い男の子は、そこまで見抜けず、なにかやさしい人とは偉大な人格者であるかのように錯覚して、懸命にそういう人になろうとしているように見える。やさしくしてくれるから恋人にする、のではなく、恋人だから、やさしくしてくれるのだが。

恋人は金持ちというストレートな意見もある。金でモノを買ってもらいたいのだろう。これもなかなか楽な道である。それにひきかえ、恋人は正義感の強い人という意見は、あまり聞かれない。恋人が正義感が強くても、タシはちっとも楽にならからだ。むしろ、めんどうなコトに首をつっこみ、こちらまで、それに巻き込まれそういが、正義感の強い男から漂ってくる。

恋をすれば、男も女も相手にやさしくなれるものなのだ。だから、恋人さえ見つければ、やさしさはそれに付随してくる。だから、声高に、やさしい人と指名せずとも、やさしい恋人は手にいれられると思うのだが。それとも、若い女の子は、恋人よりも、自分に楽を与えてくれる便利な男を求めているのであろうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

小綺麗な男が増えている

昔はまだ、オシャレをする男の子は、スカーフ野郎と、陰で笑われる存在だった。ところが、今や、もはや笑っている場合ではない。若い男の子は、みな、小ぎれいにアイロンのかかった衣服をまとい、髪をさわやかにブロ …

no image

恋に必要なのは感受性だけ

恋に必要なのは、感受性だけ。知性も富も地位も、恋とは無関係です。もし、これら肩書きによって今の恋人を選んだとしていたら、アナタのしているものは恋でも何でもないのです。相手はただの見栄で選んだお気に入り …

no image

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれな …

no image

メールで女性を口説くのは高い技術がいる

彼女のいない悲しい男たちは、その誘いに飛びついているわけだが、「一万円以内」というふうに売春行為を明示している場合はべつとして、メールで女を口説くのもそれなりの技術を要する。だいたいの男は、「仕事」「 …

no image

男女の結婚の価値観や望む時期がいつまでたっても噛み合わない

男と女の結婚を望む時期がいつまでたっても噛み合わない。結婚したくてしようがない若い男性が増えていると聞く。若い男の子の、結婚に憧れる動機が、昔とは随分変わってきているように思える。かつては、押し入れの …