スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋の激情を味わいたいと思ってはいませんか?

投稿日:

兄と妹のようなふたり。結婚生活は、むしろそのくらいの淡々とした関係のほうが向いていると思います。激情は結婚生活を破滅に導きかねない要因であるということを経験。また、周囲のカップルを見回して気づくに至った。

心情的に夫婦関係を送っている男とあらためて夫婦になったところで、おそらく目新しいことなどなにもないでしょう。ますます淡々と日々が過ぎてゆくだけだと思います。ひょっとしたら、女としてもう一花咲かせて恋の激情を味わいたいと思ってはいませんか。あなたたちは安定してしまっているのです。

じつは、ふたりとも、意識はすでに結婚関係に入ってしまっているのではないでしょうか。かつて激情を体験したふたりが、穏やかな安定した状態にあるとしたら、それこそ、世の中の夫婦のほとんどが体験している感情段階に、あなたたちはもはや至っているのです。としたら、何をいまさら結婚を、とあなたは思うかもしれません。

女が結婚を決意する決め手

理不尽な感情のうねりに身を委ねているだけ。そういうのってステキだと思いません。本当に結婚したい男しか誘惑してはいけません。好きで好きで誘いをかけた相手に断わられた場合、この男とは、結婚の可能性がないという事実を思い知ることができます。期待はずれであっても、彼女に不満を感じさせることはない。

そうこうしているうちに、彼がほかの女と見合いするなんて耐えられないわという感情があなたに芽生えれば、すぐ結婚すべきですね。そのままなしくずし的に気持ちが離れてしまえば、もう別れるしかないでしょう。個人的には、この男を逃したらあとがないというのが、女が結婚を決意する一番大きな決め手と思います。

その安心感から、お見合いしたら?などという言葉が出てしまっている。どこか、彼のほうからあなたをふるはずないとタカをくくってはいませんか。そこで提案。一度、距離を置いて離れてみてはいかがでしょう。一定期間会わないことに決めるのです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋に必要なのは感受性だけ

恋に必要なのは、感受性だけ。知性も富も地位も、恋とは無関係です。もし、これら肩書きによって今の恋人を選んだとしていたら、アナタのしているものは恋でも何でもないのです。相手はただの見栄で選んだお気に入り …

no image

極度のあがり症で結婚式が怖い

私は極度のあがり症なんです、と語るある女性。結婚することはとても幸せなことですが、結婚式がイヤなのです。そのことを思うと夜も眠れません。相手のお客さまもあきれるほどあがりまくって、真っ赤になった顔のみ …

no image

メールで女性を口説くのは高い技術がいる

彼女のいない悲しい男たちは、その誘いに飛びついているわけだが、「一万円以内」というふうに売春行為を明示している場合はべつとして、メールで女を口説くのもそれなりの技術を要する。だいたいの男は、「仕事」「 …

no image

別れてひとりぼっちの時間をどうしていいかわからない

突然訪れた別れのために、ひとりぼっちの時間をどうしていいかわかりません、とある人は語る。5年もつきあっていたのに、この1カ月ほど、そわそわしだして婚約の話も口にしなくなり、先日、突然、私と一緒に暮らし …

no image

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか …