スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋の激情を味わいたいと思ってはいませんか?

投稿日:

兄と妹のようなふたり。結婚生活は、むしろそのくらいの淡々とした関係のほうが向いていると思います。激情は結婚生活を破滅に導きかねない要因であるということを経験。また、周囲のカップルを見回して気づくに至った。

心情的に夫婦関係を送っている男とあらためて夫婦になったところで、おそらく目新しいことなどなにもないでしょう。ますます淡々と日々が過ぎてゆくだけだと思います。ひょっとしたら、女としてもう一花咲かせて恋の激情を味わいたいと思ってはいませんか。あなたたちは安定してしまっているのです。

じつは、ふたりとも、意識はすでに結婚関係に入ってしまっているのではないでしょうか。かつて激情を体験したふたりが、穏やかな安定した状態にあるとしたら、それこそ、世の中の夫婦のほとんどが体験している感情段階に、あなたたちはもはや至っているのです。としたら、何をいまさら結婚を、とあなたは思うかもしれません。

女が結婚を決意する決め手

理不尽な感情のうねりに身を委ねているだけ。そういうのってステキだと思いません。本当に結婚したい男しか誘惑してはいけません。好きで好きで誘いをかけた相手に断わられた場合、この男とは、結婚の可能性がないという事実を思い知ることができます。期待はずれであっても、彼女に不満を感じさせることはない。

そうこうしているうちに、彼がほかの女と見合いするなんて耐えられないわという感情があなたに芽生えれば、すぐ結婚すべきですね。そのままなしくずし的に気持ちが離れてしまえば、もう別れるしかないでしょう。個人的には、この男を逃したらあとがないというのが、女が結婚を決意する一番大きな決め手と思います。

その安心感から、お見合いしたら?などという言葉が出てしまっている。どこか、彼のほうからあなたをふるはずないとタカをくくってはいませんか。そこで提案。一度、距離を置いて離れてみてはいかがでしょう。一定期間会わないことに決めるのです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋愛では意外な一面を褒めると効果が出ることもある

男たちには、ぜひとも、ストーリーの共演者になってほしい。女性のつくるストーリーに入っていってこそ、「二人の世界」が築けるというものだ。それには、最もシンプルで効果的な方法がある。その方法とは、「君って …

no image

恋愛している一見ちぐはぐの二人組が実は真のカップル

世間のカップルを見回すと、なんで、あの二人が・・と驚かされる、一見チグハグの二人組というものが結構多いものである。しかし、じっは、こういうカップルこそが、真のカップルといえるのである。ハタから見て、ま …

no image

社内のイベントでは世話をする役目に徹してみる

社内のイベントでは世話役に徹するカルト漫画の永遠の古典というべき『かっこいいスキヤキ』(泉昌之著)には、こんなセリフが登場する。「スキヤキの肉を横目に、しらたきを食うオレって、シブいなあ」ここで光を当 …

no image

最初嫌いなのに好きになる

そして、時こそ今は——–と、口に出してつぶやくたびに、感動で涙に襲われてしまう。のちに、恋人、長谷川泰子は中也を捨て、近代日本の知性、小林秀雄の元へ去ってしまう。中也は自らを、 …

no image

化粧の濃いのが嫌いな彼氏

きちんとお化粧することを、彼は化粧が濃いと受け取るのですが、と語るある女性。私は自分ではそんなに濃いメイクをしているとは思っていません。でも、男の人の目は違うのでしょうか?女性のメイクってなんのためな …