スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋のワクチンは世の中にあふれ出ている愛の歌

投稿日:

恋ワクチンとは、世の中にあふれ出ている恋愛ドラマ、愛の歌である。彼女らはこれらを通して擬似恋愛体験をする。つまり、それが恋ワクチンなのだ。ワクチンを体内に注入したために、自分はもう、恋を体験したかのような錯覚に陥っているのだ。ワクチンが良いのか悪いのか。もっとも、ワクチンも有効率は、九割程度だそうで、ワクチンを打っても、かかる人もいるのだそうだ。こういう人は、ワクチンの打ち損になる。

恥をかいたり、激情を注ぎこむ恋愛を避けている。ーというか、そのような、全身全霊を傾ける恋ができなくなってしまっているのではないか。彼女たちは、おとなしく、こちんまりとし、妙に大人びている。これが、恋ワクチンのせいのように思える。

小児科医の毛利先生は、幼児のうちに本物にかかることをすすめている。小さいうちに本物にかかっても死ぬことはない。もちろん恋も、本物をすませた方がいい。言葉にしなくても愛は伝わるはずは思い上がりというものです。

本当に好きなのかどうかわからなくなる

おまえたちが好きだと、家族にむかって言葉を投げかけるおとうさんが、言葉に出さなくてもわかるだろうというのが日本の昔からの慣習である。本当に好きなのかどうかわからなくなってしまうのが人間というものだという。

子供たちは何度も何度も母親に聞き返す。そして、もちろん、大好きよと言われると安心する。やっぱり、人間は、言葉で確認する部分が大きさ、そして、好きだのあとに、頬を染めた照れた表情。

20代までは、好意を持つ異性に対して、好きと告げることは、清水の舞台から飛び下りることである。それは真ッ裸で立ち尽くすのと同じくらい、無防備で不安で恥ずかしい瞬間であろう。ところが人間は、年をとるに従い、どんどん図々しくなり、図太くなり、ふてぶてしくなり、好きということに赤面することすらなくなってしまう。好きという、ストレートな感情すら失いがちになるものだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

女性の本性はきわめて保守的

今や、日本の市場でもマーガリンがバターをはるかにしのいでいるのは、知ってのとおりだが、こんな話がある。かつて、マーガリンは、バターのニセモノのような見方をされていた。アメリカのマーガリン会社は、そのこ …

no image

デートを徹底的にダンドリする男

スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジュラシック・パーク』の原作には、「フラクタル理論」という数学理論が登場する。ごく簡単に言うと、いかに高度な数学で原因と結果の相関関係を究明しても、現実に起こる出来事は …

no image

騒音を利用した彼女との距離を縮める方法

アメリカのマシューズという心理学者が、こんな実験をおこなっている。ひと組の男女に好きなように会話をさせておいて、そこに騒音のテープを流す。すると、その男女は、互いの話を聞き取るために、自然に寄り添うか …

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …

no image

恋愛を成功させる殺し文句

殺し文句は、ミステリアスの味があってこそ効果がある。『キーラーゴ』という映画でハンフリー・ボガートが演じたタフガイは、ローレン・バコール演ずる雌約のような女の顔をじっと見つめて言う。「君の鼻溝は、すご …