スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

小綺麗な男が増えている

投稿日:

昔はまだ、オシャレをする男の子は、スカーフ野郎と、陰で笑われる存在だった。ところが、今や、もはや笑っている場合ではない。若い男の子は、みな、小ぎれいにアイロンのかかった衣服をまとい、髪をさわやかにブローしている。そして、衣服だけではない。男の子は、行動までも女の子化しつつある。

若い男の子の若い女の子化がどんどん進んでいる。友人が語学研修ツアーに参加した時、毎朝自分のTシャッにアイロンをかける大学生の男の子がいたと聞かされ、ずいぶん驚いたものだ。おまけに、その大学生、Tシャツの首にスカーフをまきつけるもんで、みんなでスカーフ野郎って呼んでたという。

ある女性編集者によると、彼女が南の島ツアーに参加した時のこと。その時、男性ばかり四人のグループがいた。彼らは、昼間はスキューバだのウインドサーフィンだの、一応若者らしく振舞っていたが、夕暮になると、四人連れ立って浜辺で貝殻拾いを始めたという。あっ、サクラ貝だなどとはしゃぎながら。今の20歳前後の男の子は、昔の女の子の感性なのかもしれない。

感性を駆使すれば

感性を駆使すれば、おとなどもを仰天させることも朝飯前となる。なんて斬新な感性なんだというのが、最大の賛辞であろう。だから、男の子がどんどん女の子化してる現代は、感覚派の時代につき進んでいってるといってよいだろう。しかし、感性は、あくまで、弱者の武器なのである。唯一の武器をみがくよりも、強者へと自分を変貌させることの方が前向きな人間と言えるのではないか。

感性とは、神様がこの世で一番無力な存在である少女に与えてくれた唯一の武器だと思う。つまり、スカンクの屈みたいなもので、外敵から身を守るための唯一の防御手段に過ぎない。粗雑で理屈っぽいおとなや乱暴な男の子たちより、唯一、少女がまさっているのは、その感覚だけだ。

また、嫉妬深い男性は多いものです。一般にマザコンは独占欲が強くて嫉妬深いようです。ママは、ぼくだけのものという幼児期の感情が大きく影響しているのでしょう。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

男らしさが死語になりつつある

今のところ日本は戦時下ではないし(ビジネスマンは24時間闘っているらしいけど)、出産を選択しない女性も増えている。男らしさ、女らしさは、ますますウヤムヤになりつつあるようだ。男らしさを口にする男は本当 …

no image

5年つきあってふられた彼氏は私の部下

5年つきあってふられた彼は私の部下、とある人は語る。1年で忘れられる男であっても、当座はやはりイラつくと思います。それはしかたのないことです。スポーツするなり、趣味を見つけるなり、何か気をまぎらわせる …

no image

恋愛において男は心の部屋に絵をかけ女は音楽をかけるという

恋の初期段階には、ひんぱんに喫茶店が使われる。お互い知らないことばかりなので、会話は、すべて、新鮮な驚きである。夢中になって、自分のことについてしゃべり続けるのだ。お茶を飲みながら。 お茶を飲みません …

no image

ドライブデートの行き先を決める

ドライブは、デートの究極である。クルマの助手席に乗る女性は、途中で彼がいやになってもクルマから飛び降りることはできない。完全な個室なので、彼の手が横から伸びてくることもある程度は覚悟しなくてはならない …

no image

イノセントが売りの芸能人たち

久し振りに電話をかけてきた学生時代の友人と、結局、男は、女のイノセントな部分に弱いのよねえという話になった、とある人は語る。 日本男性は、イノセントに弱い。それも、無知を無拓と勘違いして捉えているケー …