スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの死因でかなり多いのは「不慮の事故」

投稿日:

山をのぼり始めて間もなく、「何でこんなことをさせるのかよう」とくってかかる子どももいる。このような子どもは、ちょっとした困難に出あっても、すぐに挫折してしまうでしょう。どうか、休日などには自然の中に連れ出して、山のぼりや崖のぼり、あるいは木のぼりなどの機会を十分に与え、体力がつくように、気力がつくように、指導してあげるようなお父さんになって下さい。

マイカーに子どもたちを乗せて、遊園地や名所を連れ歩いているお父さん。合宿で山のぼりをするのですが、すぐに「疲れた(こといい始めるような子どもたちは、ほとんどがマイカー族の一員です。

そのほか、何かにつけてがんばる力をつける機会をねらっていることが大切です。機会をねらっていますと、必ずといってもよいくらい、その機会に恵まれるものです。そのようにしてがんばる力がついてきますと、子どもはたくましくなります。とくに思春期以後になって、がっちりとした若者になります。それが、適応の能力をひろげ、ちょっとやそっとの困難に出あっても挫折しない子どもにする重要な方法です。

不慮の事故で子どもを死亡させないですむなら

不慮の事故で子どもを死亡させないですむならば、幼児の死亡率は半分近くも減る。不慮の事故ほど痛ましいものはありません。今まで元気いっばいに遊んでいた子どもが、あっという間に生命を失っているのですから。四歳以下の子どもが、一番多く死んでいく原因(死亡原因)は何でしょうか。おそらく、どのお母さんも「不慮の事故」であると答えるでしょう。幼児期の全死亡の四割を、この不慮の事故が占めているのです。最も多いのが、自動車などの交通機関による死亡で、次が溺死(水死)です。

子どもを見たら赤信号といわれるように、子どもは飛び出しの名人ともいえましょう。遊びに夢中になると、周囲の状況に対する判断をしません。それが子どもの特徴です。そして、子どもの年齢が低くなればなるほど、その特徴が顕著になります。

不慮というのは、思いがけないということです。しかし、思いがけないということの背後には、大人の不注意ということが隠されているのです。その不注意は、交通事故を例にとってみると、運転者の側にあることが少なくありません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の意欲-危険に挑戦しようとする気持ち

お母さんやお父さんは、けがをされては困るという気持から、子どもの冒険をとめるでしょうが、冒険によって生ずる小さなけがは、大きなけがを防ぐのに役立ちます。このことは二十年余りにわたって実施してきたわれわ …

no image

子供がひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしている

自分自身は親との関係に葛藤し、ひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしているのに、親のほうはそれにまったく気がついていないということも実際にたくさんあります。大きくなった娘さんから「お母さんには一度も言わ …

no image

対話力の重要性を実感したある人のエピソード

改めて対話力の重要性を実感したある人のエピソードがあります。夕方になってキャンプファイヤーが始まった頃、ひとりの女の子が輪を抜け出して、若い男の先生のところにトコトコと近づいていくと、「先生、東京はど …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …

no image

過去形でほめてみましょう

センスを伸ばしてあげたいなら「リズム感や音感がとてもよくなった」「創意工夫ができた」、生活力を伸ばしてあげたいなら「あなたはお片づけがしっかりできるようになった」、引っ込み思案な子に社会性や自主性をつ …