スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の意欲-危険に挑戦しようとする気持ち

投稿日:

お母さんやお父さんは、けがをされては困るという気持から、子どもの冒険をとめるでしょうが、冒険によって生ずる小さなけがは、大きなけがを防ぐのに役立ちます。このことは二十年余りにわたって実施してきたわれわれの合宿の体験からいえることです、とある専門家。

意欲のある子どもは、耳を貸さずに、危険に挑戦しようとするでしょう。そうなると、親のいうことをきかない「悪い子」というレッテルを貼ってしまうでしょう。一方、親のいうことをすぐにきいて、危険な遊びをやめてしまう子どもは「よい子」といってほめられるでしょうが、自発性の発達はとまってしまう。

友だちとの遠出は、とめるだけではマイナス。七〜九歳のころに、友だちと連れ立って、遠出をすることがあります。夜になっても帰ってこないので、お母さんの心配が極限に達することもあり、警察へ届けたお母さんもあるほどです。

合宿に参加した小学生たちは

合宿に参加した小学生たちは、小さなけがはたくさんしましたが、大きなけがは一つもしませんでした、とのこと。しかも、小さなけがをする子どもは、非常にいきいきと活動している子どもであることがわかりました。そこで、けがを恐れて、冒険をとめてはならないー冒険の体験を通じて、大きなけがをしないような子どもにしようーという考え方になったのです。さもないと、自発性の発達はとまってしまう危険性があるからです。

こうした探検も、自発性の順調に発達している子どもに現われる行動の一つであるからです。それをまず、認めてあげなければなりません。しかし、お母さんが非常に心配をしたことは、きちっと話します。そして、親を心配させないようにして探検するにはどうしたらよいかを考えさせましょう。

子どもはケロッとした顔で帰ってくるでしょう。そうなると、頭にきたお母さんは、子どもを叩きたくもなるでしょう。しかし、その前に気持を鎮める必要があります。それは、自発性の発達が順調に行われている子どもだという証拠を示してくれたのですから。つまり、探検をしてきたのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自己主張できないことは困難

二年ほど前のこと、私は西ドイツとオーストリアに四十日ほど滞在し、向こうの友だちの家に泊ったりしていました、というある人。欧米のレストランでは、必ずニューをお客さんの一人一人に渡します。それを受け取った …

no image

赤ちゃんのイタズラをどこまで許すか?

おばあちゃんに育児をお願いすることはあっても、あくまでもお母さんが育児の責任を持つという姿勢が大切です。そして、おばあさんも、母子の関係がしっかり結びつくように、お母さんを援助してほしいです。 おばあ …

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …

no image

子供の人見知りが激しい状態になる

六〜八カ月になりますと、はっきりと人の顔が見えるようになります。そうなると、見なれぬ人には恐れを感じ、お母さんにしがみつくでしょう。これが「人見知り」です。「人見知り」が現われて、お母さんにしがみつく …

no image

赤ちゃんの興味に沿って冒険の旅に手を貸してあげて下さい

あなたに音楽のセンスがないのに、赤ちゃんが音に対してひどく敏感でも心配はいりません。赤ちゃんは何もシンフォニーが聴きたいわけではなく、話しかけてもらったり、鼻歌を口ずさんでもらったりしたいだけです。 …