スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供のいたずらについて

投稿日:

子供のいたずらは、お母さんやお父さんがうける被害も少なくないのです。それだからこそ「いたずら(悪戯)」といってとめたくもなるのですが、子どもの立場にたっていうならば、児童心理学ですでにいわれているように、探索欲求にもとづく行動です。探索欲求というのは、大人でいえば研究心ということになります。

(一〜三歳のいたすら時代)など、からだの移動の始まるころから、いたずらが始まります。行った先々で、いたずらを始めるでしょう。かごをひっくり返して、その中のものをいじりまわしたり、鏡にクリームをぬりつけたり、頼を口紅でそめたり、障子に穴をあけたり、裸にマジックでいたずら描きをしたり、目を離していると、何をしているかわかりません。

子どものいたずらをどこまで許容するかについて、お母さんとお父さんとで十分に話し合うことが必要です。もちろん、危険なものは、子どもの手の届かないところに管理することは絶対に必要です。

見るものがすべて目新しいので

子どもにとっては、見るものがすべて目新しいので、好奇心を燃やします。それがどのようなものか、どうなっているか、手にふれてみるでしょう。それが食べられるかどうか、口にいれてためしてみるでしょう。こうした好奇心や探索欲求を、まず十分に、伸ばすことを考える必要があります。

危険を伴うようないたずらでも、目を離さずにそれを見ていることができれば、範囲をひろげることができます。いざというときに、けがを防止するために手を差し伸べることができるからです。さらに、小さなけがは、むしろ、することの方が当然だーという腹を決めることも必要でしょう。

何が危険かについて話し合ってみますと、お母さんとお父さんとで意見がちがってくるでしょう。そのときには、許容の範囲の広い方を選ぶべきですし、目がどのくらい届くかも関係してきます。このようにして両親が話し合うことが、子どもの教育にとって極めて大切です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの興味に沿って冒険の旅に手を貸してあげて下さい

あなたに音楽のセンスがないのに、赤ちゃんが音に対してひどく敏感でも心配はいりません。赤ちゃんは何もシンフォニーが聴きたいわけではなく、話しかけてもらったり、鼻歌を口ずさんでもらったりしたいだけです。 …

no image

子供の気力や意欲を失わせないために

子供に「塾をさほるなんてどういうこと?勉強が遅れて成績が下がってもいいの?」「髪を金髪に染めるなんて許しません。学校でも禁止されているし、ご近所にもみっともないでしょ!」このように言われ続ければ、子ど …

no image

七歳から九歳にかけての子供

子どもの欲求をきちっと断ることにしましょう。これには、根くらべしかないのです。根くらべに負けると、子どもの欲望はますますエスカレートするでしょう。そして、自己中心的、つまり、わがままいっばいの子どもに …

no image

生後一年の間に赤ちゃんが越えなければならない試練

新しい感覚を受け入れるために、赤ちゃんには時間が必要ですし、不安を取り除き自分を守ってくれる場所もほしくなります。そこで、赤ちゃんは自分のリズムに従ってこの世界で成長していくために、再びママといっしょ …

no image

新生児が微笑みを見せてくれたら

世界のどの国でも、新生児は生後六週日までに、初めて微笑みを見せてくれます。子宮内にいる胎児のにっこり微笑んでいる写真さえ残されているほどですが、まだ小さな赤ちゃんの微笑みを見ることは母親にとって貴重な …