スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの食欲やからだの発育発達の「個性」を大切にすること

投稿日:

子どもの食欲やからだの発育の「個性」を大切にすることが必要です。子どものからだの発育の「個性」は、大きい子もあり小さい子もあり、太っている子もありやせている子もあり、さまざまな発育となって現われます。また、食事の量の「個性」にしても、たくさん食べたがる子どももあり、比較的少量でも元気のよい子がいることに現われます。

残さないように教えるとなると、お母さんが作って盛りつけたものは、全部食べるように強制するものと考える方があるかも知れませんが、そのようなことをすれば、食欲不振になり、さらには拒食が生ずる恐れがあります。そのような強制をするお母さんは、何とかして太った子どもにしたい、早く大きくなってほしいと、焦っているのです。そのような焦りからの強制は、子どもの食欲や発育の「個性」を無視することになります。

ヨーロッパでは、肉にかけたたれなどの残りも、パンで拭き取るように教えます。ですから、食べたあとのお皿は真白です。洗う人もどんなにか助かるでしょう。ところが、わが国の食事のあとはどうでしょうか。食べ残しがたくさんにあるのではないでしょうか。それをお母さんが食べることもあるでしょうが、捨ててしまわなければならないことも起きてくるでしょう。

子どもが一、二歳のころは

子どもが一、二歳のころは、お母さんがよそってあげますが、だんだんに自分でよそうように指導しましょう。初めのうちは、多く取り過ぎることもありましょう。残すことは悪いことと教えられていくうちに、適量をよそうことができるようになります。たくさんほしいときは「もっと」とお母さんにうながすでしょうし、自分でよそうときにはその加減をすることができるようになります。そうなれば、お皿には一つも残らないでしょう。

日本のごみ捨ての容器の中は、栄養が豊富だーと欧米人にいわれることの一つは、ここにあるのです。なお、ドイツ人などは、果物を皮ごと食べることが多いのです。りんごの皮をむいて食べるは少ないと思います。それは、皮のすぐ下にはビタミン類が豊富にあることを知っているからです。しんのところまで噛ってしまうほどなのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

父と息子の確執から人生の挫折

ある青年はどうも途中で仕事をやめてしまう自分を何とかしたくて、ある相談所にみえました。教育パパということもあり、出世街道まつしぐらの優秀な企業戦士。青年が大学受験のとき、剣道の副主将を務め、卒業のとき …

no image

自分は幸せだと思う世界に入ったほうが絶対に幸せになる

外から見たら幸せな世界に生きているように見えるのに、自分ほど不幸な人はいないと思って生きる生き方と、不幸の中でも自分は幸せだと思って生きる生き方、どのように生きるかは一つにひとつです。どちらが本当に幸 …

no image

子どもを「よい人間」に育てるために

子どもを「よい人間」に育てるために、お母さんやお父さんが、もう一度、自分の情操について見つめてみてください。そして、少しでもそれを高めるための努力を始めましょう。それが、子どもに対する情操教育の前提で …

no image

説得されて教育されしぶしぶ覚えても生きがいを覚えない

説得されて教え込まれてしぶしぶ覚え、そのたびにつらい思いをしていたら、やがて生きていくこともつまらなくなっていきます。「なぜ生きていなきゃいけないの?」「なぜ大人になんなきゃいけないの?」としか思えな …

no image

子供の気力や意欲を失わせないために

子供に「塾をさほるなんてどういうこと?勉強が遅れて成績が下がってもいいの?」「髪を金髪に染めるなんて許しません。学校でも禁止されているし、ご近所にもみっともないでしょ!」このように言われ続ければ、子ど …