子育て

子どもの食欲やからだの発育発達の「個性」を大切にすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの食欲やからだの発育の「個性」を大切にすることが必要です。子どものからだの発育の「個性」は、大きい子もあり小さい子もあり、太っている子もありやせている子もあり、さまざまな発育となって現われます。また、食事の量の「個性」にしても、たくさん食べたがる子どももあり、比較的少量でも元気のよい子がいることに現われます。

残さないように教えるとなると、お母さんが作って盛りつけたものは、全部食べるように強制するものと考える方があるかも知れませんが、そのようなことをすれば、食欲不振になり、さらには拒食が生ずる恐れがあります。そのような強制をするお母さんは、何とかして太った子どもにしたい、早く大きくなってほしいと、焦っているのです。そのような焦りからの強制は、子どもの食欲や発育の「個性」を無視することになります。

ヨーロッパでは、肉にかけたたれなどの残りも、パンで拭き取るように教えます。ですから、食べたあとのお皿は真白です。洗う人もどんなにか助かるでしょう。ところが、わが国の食事のあとはどうでしょうか。食べ残しがたくさんにあるのではないでしょうか。それをお母さんが食べることもあるでしょうが、捨ててしまわなければならないことも起きてくるでしょう。

子どもが一、二歳のころは

子どもが一、二歳のころは、お母さんがよそってあげますが、だんだんに自分でよそうように指導しましょう。初めのうちは、多く取り過ぎることもありましょう。残すことは悪いことと教えられていくうちに、適量をよそうことができるようになります。たくさんほしいときは「もっと」とお母さんにうながすでしょうし、自分でよそうときにはその加減をすることができるようになります。そうなれば、お皿には一つも残らないでしょう。

日本のごみ捨ての容器の中は、栄養が豊富だーと欧米人にいわれることの一つは、ここにあるのです。なお、ドイツ人などは、果物を皮ごと食べることが多いのです。りんごの皮をむいて食べるは少ないと思います。それは、皮のすぐ下にはビタミン類が豊富にあることを知っているからです。しんのところまで噛ってしまうほどなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加