スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの遊び場が少なくなった今

投稿日:

何とかして、いきいきとした子どもの姿を取り戻したいものです。子どもの遊び場が非常に少なくなった今日、それだけにお母さんとお父さんの努力の必要があります。このような生活全般の改善によって、子どもの睡眠状態も軌道にのります。

お母さんは、子どもが騒ぐのを叱ったり、叱り疲れて居眠りをしたりで、団らんとは程遠いことになっています。せっかくのお父さんのサービスも、子どもにとって何の役にも立っていないばかりでなく、かえって運動不足にしています。ですから、夜おそくまで騒ぐ子どもになり、運転疲れのお父さんを怒らしてしまうことになるでしょう。

生活に張りがあるかどうかが現われています。貧しかった時代のわが国では、一刻一刻をけんめいに生きなければなりませんでしたから、お父さんもお母さんも朝早く起きて、仕事に精を出しました。それが、子どもたちに緊張感を与えましたし、お手伝いをよくするきびきびした子どもを作り出しました。それが現在ではどうでしょう。何となくだらけている家庭が多いのではないでしょうか。

子どもの睡眠のリズムが変ります

今の子どもたちは、夕飯を終えるとたっぶりとテレビを見て、「早く寝なさいよ」と何度もお母さんにいわれながら、しぶしぶ寝るといった状態ではないでしょうか。睡眠が運動と密接なかかわりのあることをよく考えて下さい。子どもの睡眠は、その家族の生活ともかかわっています。朝早く起きて、一家で散歩やマラソンをしたりして、スタートのよい一日を始める家族と、何となくおそくまでぐずぐずと寝ている家族とでは、子どもの睡眠のリズムが変ります。

また、夕食の後は、家族でどのように過ごしているでしょうか。テレビにどっぶりとっかっているようなことはないでしようか。自分で選んだ仕事や趣味に、せっせと努力しているお母さんやお父さんがどれくらいいるでしょうか。昔は、せっせと手を休めずに働いているお母さんが大部分でしたし、忙しいお母さんに世話をやかせないように、子ども自身でさっさと寝巻に着替え「おやすみなさい」をして寝たものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの感覚の急速な発達

赤ちゃんも生後2ヶ月くらいになると、赤ちゃんの感覚は急速に発達し、周りの世界に対して強い興味を示すようになります。多少とも好奇心が旺盛になりますが、当然赤ちゃんによってそれぞれ好みがあります。視覚の発 …

no image

言葉は道具である

プロセスをほめたりしたら、「がんばったし、お母さんもほめてくれたからいいや」と向上を目指さなくなるのでは?なんて心配する必要はありません。お母さんからのほめ言葉は、どんなときでも子どもにとって大きなエ …

no image

母親が子供の栄養について配慮する場合

栄養について配慮しているお母さんであれば、身長や体重は気にする必要がない。それは、個々の子どもによってちがった発育をするからです。たくさん食べて、よく太る子どももあれば、余り太らない子どももいますし、 …

no image

母親や父親が動物嫌い

動物には、小鳥にせよ、犬や猫にせよ、餌を与えなければなりません。お腹をすかせてはかわいそうです。また、寒い思いをさせてもかわいそうです。お腹がすいていないか、寒い思いをしていないか、さらには、洪しくな …

no image

無言の子育てという方法もある

親に「まかされる」ことによって自発性が発達すると、「口答え」がでてきますし、行儀が悪くなったりします。ところが、友だちとはよく遊ぶことができるようになります。友だちを呼んできたり、友だちの家に呼ばれた …