スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供に車の危険性をしっかりと教えておこう

投稿日:

「バックミラーは何のためについているのだろうか?」と子どもたちにきいたところ、「お巡
りさんが来ないかを見る」と答えた子どもがいました。明らかに、お父さんの運転するときの態度が子どもに反映しています。お父さんがスピード違反を気にしてバックミラーを見ているのを、子どもが見てしまったわけです。お巡りさんにつかまりさえしなければ、違反してもいいのだーということを子どもに教えてしまったわけです。

運転者がいらいらしていれば、それに従って、スタートで飛び出したり、ガクンととまったりするでしょう。早く目的地にいこうとすれば、さかんに追い抜きをするでしょう。こんなときに事故が起きやすいのです。ですから、子どもを乗せているときには、とくに、安全運転に心がけ、ルールを守ることに心がける必要があります。それが、子どもにルールを守らなければいけないことを教えるのに役立ちます。

自動車は生き物のように走っていますが、そうではありません。運転をする者の意思によって動く機械に過ぎません。運転者がスピードを出そうとアクセルを強く踏めばそれに従い、ゆっくり走ろうと思えば、そのとおりに動きます。ですから、運転者がどのような気持で運転するかによって、自動車の動き方が決まってきます。

窓から手を出したり顔を出すような子どもは

また、運転中には、窓から手を出したり顔を出すような子どもは、車に乗る資格ないことをはっきりと教えましょう。いうことをきかないようなことがあれば、これからは車に乗せないことを宣言しましょう。それだけの厳しさがなければ、子どもは車の危険性を認識しないでしょう。

自動車は、運転者の心に従って忠実に動く機械です。それだけに、運転する者の心がけが切になります。そのことを子どもにも、事あるたびに教えましょう。また、もし、急停車しなければならない事態が生じたときには、それがとてもむずかしいことを子どもに教えましょう。とくに、子どもの飛び出しなどで急停車しなければならない経験をしたときには、乗っている子どもたちに、飛び出しがどんなに危険であるかを教える大切な機会です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんが物をつかむ最初の試みは失敗する

赤ちゃんが物をつかもうとする最初の試みは失敗します。でも、赤ちゃんのそんな努力をほめてあげ、できるだけ手を貸してあげて下さい。飽きずに動かしている手で簡単につかめるようなオモチャを置いてあげましょう。 …

no image

夫婦話し合いをする方法やその時間

話し合う時間は、どのようなときがよいでしょうか。それは、子どもたちが寝しずまってからのひとときです。二人でお茶を飲みながら、家事や育児について話し合うことができれば、最もよい条件を作り出していることに …

no image

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医 …

no image

失敗を恐れた母親がそれを克服

自分の子どもがちゃんとしている子に見えるように、がんばって見栄を張ってしまう。もちろんがんばって見栄を張ることも人生において必要なときはあります。でも子育てで見栄を張る必要はまったくありません。大人に …

no image

赤ちゃんの新しい仕草や行動に注意して下さい

生後八週目(約二カ月)ぐらいになると、脳レベルでの大きな変化、は赤ちゃんが初めて、何らかの単純な形を認識することを可能にする。例外なく大きな変化、が現われる最初の扱いにくい困難な時期が過ぎ去ったら、赤 …