スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供に車の危険性をしっかりと教えておこう

投稿日:

「バックミラーは何のためについているのだろうか?」と子どもたちにきいたところ、「お巡
りさんが来ないかを見る」と答えた子どもがいました。明らかに、お父さんの運転するときの態度が子どもに反映しています。お父さんがスピード違反を気にしてバックミラーを見ているのを、子どもが見てしまったわけです。お巡りさんにつかまりさえしなければ、違反してもいいのだーということを子どもに教えてしまったわけです。

運転者がいらいらしていれば、それに従って、スタートで飛び出したり、ガクンととまったりするでしょう。早く目的地にいこうとすれば、さかんに追い抜きをするでしょう。こんなときに事故が起きやすいのです。ですから、子どもを乗せているときには、とくに、安全運転に心がけ、ルールを守ることに心がける必要があります。それが、子どもにルールを守らなければいけないことを教えるのに役立ちます。

自動車は生き物のように走っていますが、そうではありません。運転をする者の意思によって動く機械に過ぎません。運転者がスピードを出そうとアクセルを強く踏めばそれに従い、ゆっくり走ろうと思えば、そのとおりに動きます。ですから、運転者がどのような気持で運転するかによって、自動車の動き方が決まってきます。

窓から手を出したり顔を出すような子どもは

また、運転中には、窓から手を出したり顔を出すような子どもは、車に乗る資格ないことをはっきりと教えましょう。いうことをきかないようなことがあれば、これからは車に乗せないことを宣言しましょう。それだけの厳しさがなければ、子どもは車の危険性を認識しないでしょう。

自動車は、運転者の心に従って忠実に動く機械です。それだけに、運転する者の心がけが切になります。そのことを子どもにも、事あるたびに教えましょう。また、もし、急停車しなければならない事態が生じたときには、それがとてもむずかしいことを子どもに教えましょう。とくに、子どもの飛び出しなどで急停車しなければならない経験をしたときには、乗っている子どもたちに、飛び出しがどんなに危険であるかを教える大切な機会です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの興味に沿って冒険の旅に手を貸してあげて下さい

あなたに音楽のセンスがないのに、赤ちゃんが音に対してひどく敏感でも心配はいりません。赤ちゃんは何もシンフォニーが聴きたいわけではなく、話しかけてもらったり、鼻歌を口ずさんでもらったりしたいだけです。 …

no image

愛情不足の子の飢餓の連鎖から解き放ってあげよう

嫉妬とは自分にないものをもっている相手へのねたみの感情です。親子関係が寂しいまま育ってきた人は、子どもをかわいがりたくても、心のどこかに「私はしてもらえてこなかったのに」という思いをもってしまい、心の …

no image

子供が自分でやると言い出したら

両親の中には、子どもが「自分でやる」といい出すと、それをわがままであるとか、強情であると思ってしまう人々もいます。大きな誤解をしている。そして、「悪い子」とか「親のいうことをきかない子」として怒るよう …

no image

ありがたいと思う気持ちほどポジティブな考え方の芽をたくさんくれる

あなた次第でどんな人生にもしていけるのに、自らマイナスばかり拾って不幸せな気分で生きていくなんて、なんと損なのだろうと思いませんか?子育ても人間関係も、あなた自身の生き方も、気持ちのもち方ひとつでいか …

no image

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘 …