スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供から目を離す親

投稿日:

運転している者は、子どもに対して絶えず注意を払うことが必要で、そのためのドライバーの教育を徹底することを切に望みたいのです。不注意は、お母さんの側にあります。交通事故にあうことの最も多い子どもの年が、三、四、五歳であることは、どなたも知っていると思います。しかも、事故にあう場所が家庭の近所に多いことです。そうなると、お母さんがちょっと目を離したすきにというわけです。

子どもに、周囲の様子をよく見なさいよーといいきかせても、それを守ることのできないのが、子どもという存在です。もし、慎重に周囲に気を配って遊んでいる子どもがいれば、それは子どもらしくない子どもです。非常に臆病な子どもか、遊びに熱中していない子ども、つまり問題児ということになります。

お母さんが家事に忙しかったために、ちょっと子どもから目を離しているすきに、子どもが玄関から出ていってしまってーということもありましょう。それは、夕方に交通事故にあう子どもが多いことからもいえます。目を離さないために、子どもを家事に参加させることはできないかーということも考えてみなければなりません。

子どもを家事に参加させると

子どもを家事に参加させると、いろいろと面倒なことが起こります。しかし、そうした面倒に耐え、英知を働かせて、子どもに家事についてきめの細かい教育をすることが、適応の力をひろげる方法。どうして目を離すようなことになるのか、その点について、いろいろ考えてみることが、交通事故から子どもを守るための、大きな問題といえましょう。

お母さんが子どもを叱りつけたというようなことがありますと、子どもの頭はそのことでいっぱいになっていますから、とても周囲に気を配ることなどはできません。子どもを家事に参加させることを面倒に思い、「あっちへいっていなさい」などと追い払えば、家の中での遊びにあきた子どもは、玄関から飛び出していくでしょう。そのようなときに、事故が待ち構えているのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

母親は子育てのつらい現実を誰にも打ち明けることができない

お母さんが身も心も不安定な時期に、頼みもしないアドバイスを受けると、ますます心が焦り、攻撃的な気分になって、夫にそのはけ口を求めようとします。ときには、神経質になっている赤ちゃんが、そんな母親の精神的 …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …

no image

事柄・事項にだけ答えてもダメ

「こうしたらいいんじゃない?」と子どもなりに考えて提案してきたことに、「そんなの無理に決まっているじゃないの」「何をバカなこと言っているの」「できっこないのに、そんなこと言わないの!」と言い放てば、子 …

no image

経済的豊かさが幸福の基軸といった価値観ではつらい

この先は風の時代になっていくと思います。そうなると経済的にどう豊かになるか以上に、個人としてどう幸せに生きていくかに、価値観の基準は移っていくでしょう。この先、従来のような「経済的豊かさが幸せの基軸」 …

no image

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いて …