スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供から目を離す親

投稿日:

運転している者は、子どもに対して絶えず注意を払うことが必要で、そのためのドライバーの教育を徹底することを切に望みたいのです。不注意は、お母さんの側にあります。交通事故にあうことの最も多い子どもの年が、三、四、五歳であることは、どなたも知っていると思います。しかも、事故にあう場所が家庭の近所に多いことです。そうなると、お母さんがちょっと目を離したすきにというわけです。

子どもに、周囲の様子をよく見なさいよーといいきかせても、それを守ることのできないのが、子どもという存在です。もし、慎重に周囲に気を配って遊んでいる子どもがいれば、それは子どもらしくない子どもです。非常に臆病な子どもか、遊びに熱中していない子ども、つまり問題児ということになります。

お母さんが家事に忙しかったために、ちょっと子どもから目を離しているすきに、子どもが玄関から出ていってしまってーということもありましょう。それは、夕方に交通事故にあう子どもが多いことからもいえます。目を離さないために、子どもを家事に参加させることはできないかーということも考えてみなければなりません。

子どもを家事に参加させると

子どもを家事に参加させると、いろいろと面倒なことが起こります。しかし、そうした面倒に耐え、英知を働かせて、子どもに家事についてきめの細かい教育をすることが、適応の力をひろげる方法。どうして目を離すようなことになるのか、その点について、いろいろ考えてみることが、交通事故から子どもを守るための、大きな問題といえましょう。

お母さんが子どもを叱りつけたというようなことがありますと、子どもの頭はそのことでいっぱいになっていますから、とても周囲に気を配ることなどはできません。子どもを家事に参加させることを面倒に思い、「あっちへいっていなさい」などと追い払えば、家の中での遊びにあきた子どもは、玄関から飛び出していくでしょう。そのようなときに、事故が待ち構えているのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子どもの気持ちは不安定-あなたが分かってあげよう

世の中はお父さんを元気づけたいという思いのほか、「パパに嫌われたくない」「パパとママがケンカしているのはボクのせいじゃないか」が渦巻ていたのだと思います。そのお父さんには「パパはママのことが大好きだ」 …

no image

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりし …

no image

母子関係を育てるには

お母さんに内緒に物を与えることなどは、子どもを陰日向のある人格、つまり二重人格を作っているようなもの。とくに、孫を独占してしまうようなことがあると、母子関係が育ちません。お母さんは、お年寄りが甘やかし …

no image

ギャングエイジの体験の子供には必要

二人あるいはそれ以上の子どもたちが仲よくなり、秘密を作って守り合う状態が生じます。その秘密の内容は、いたずらであったり冒険であったりしますが、それを親や先生に内緒にすることを誓い合う。もちろん、それは …

no image

子供の反抗期やいたずらのすすめ

いたずらを大切にしているお母さんやお父さんは、子どもがいたずらをしている姿の中に意欲が現われ、創造性の芽ばえが現われていることに感動するでしょう。楽しむことができる両親は、子どものいたずらを認めること …