スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供から目を離す親

投稿日:

運転している者は、子どもに対して絶えず注意を払うことが必要で、そのためのドライバーの教育を徹底することを切に望みたいのです。不注意は、お母さんの側にあります。交通事故にあうことの最も多い子どもの年が、三、四、五歳であることは、どなたも知っていると思います。しかも、事故にあう場所が家庭の近所に多いことです。そうなると、お母さんがちょっと目を離したすきにというわけです。

子どもに、周囲の様子をよく見なさいよーといいきかせても、それを守ることのできないのが、子どもという存在です。もし、慎重に周囲に気を配って遊んでいる子どもがいれば、それは子どもらしくない子どもです。非常に臆病な子どもか、遊びに熱中していない子ども、つまり問題児ということになります。

お母さんが家事に忙しかったために、ちょっと子どもから目を離しているすきに、子どもが玄関から出ていってしまってーということもありましょう。それは、夕方に交通事故にあう子どもが多いことからもいえます。目を離さないために、子どもを家事に参加させることはできないかーということも考えてみなければなりません。

子どもを家事に参加させると

子どもを家事に参加させると、いろいろと面倒なことが起こります。しかし、そうした面倒に耐え、英知を働かせて、子どもに家事についてきめの細かい教育をすることが、適応の力をひろげる方法。どうして目を離すようなことになるのか、その点について、いろいろ考えてみることが、交通事故から子どもを守るための、大きな問題といえましょう。

お母さんが子どもを叱りつけたというようなことがありますと、子どもの頭はそのことでいっぱいになっていますから、とても周囲に気を配ることなどはできません。子どもを家事に参加させることを面倒に思い、「あっちへいっていなさい」などと追い払えば、家の中での遊びにあきた子どもは、玄関から飛び出していくでしょう。そのようなときに、事故が待ち構えているのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

三歳までの子供にはしつけよりもただ愛情をたっぷり注げばいい

ただただ愛情をたっぷり注いで、かわいがってあげさえすればほぼ大丈夫なのですから。ほんの数年間全力を注いでおくだけで、間違いなく後の子育てがラクになります。そのように思って、わが子に向き合ってあげてくだ …

no image

赤ちゃんのイタズラをどこまで許すか?

おばあちゃんに育児をお願いすることはあっても、あくまでもお母さんが育児の責任を持つという姿勢が大切です。そして、おばあさんも、母子の関係がしっかり結びつくように、お母さんを援助してほしいです。 おばあ …

no image

自分を受け入れることができるようになると

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にするこ …

no image

お母さん自身が愛情という心のご馳走をもらっていなければ

あるお母さんは、小学校三年生になるお嬢さんが人間関係がうまくつくれず、そんな自分を責めて自虐的な行為を繰り返すようになってしまったという。お嬢さんには大きな期待をかけ、激しく叱りつけながら、ご自分の期 …

no image

愛情のこもったスキンシップを与えるようにしよう

赤ちゃんがこの新しい世界で変化に適応し成長するためには時間が必要です。赤ちゃんは次第にあなたの体臭や体温に慣れ、あなたの声や抱き方にも親しんでくれます。あなたの胸の中で緊張が解きほぐれ、赤ちゃんは新た …