スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの情緒の安定をはかりながらしつけをすることが大切

投稿日:

子どもの情緒の安定をはかりながらしつけをすることが大切です。お母さんが自分の都合で、何とか早く寝かしつけようとして焦りますと、それが子どもにもそれとなくわかり、かえっていらいらして寝つきが悪くなるものです。

親の都合を押しつけてはいけない子どもが眠りにつくときには、心が安らかになるように、唄を歌ってあげたり、絵本を読んであげるなど、お母さんやお父さんがそばにいてあげることが必要です。世界中で、子守唄がたくさんに作られたのも、子どもの心が安らかに眠りにつくことができるように願ったからでしょう。

怒りっぽいお母さんやお父さんは、子どもの情緒を不安定にします。失敗したときに怒られると、子どもは自信喪失の状態になりますから、いっそう失敗が多くなるものです。衛生上の生活習慣についても、同じことがいえます。手を洗ったり、顔を洗ったり、歯ブラシを使ったり、ぶくぶくやガラガラをするなどの技術も、初めはうまくいきません。

しつけといえば

しつけといえば、それだけを熱心にしようとするお母さんがいますが、かえっておくれをとってしまいます。また、忙しいお母さんですと、子どもの気持を汲まずに、身勝手に食べさせようとしたり、おしっこをさせようとしたりしますので、子どもの生活のリズムと合わず、いつまでたってもなかなかしつけができないという状態を作り出してしまいます。

一歳半ごろから始めて、四歳から五歳の間に一人でできるようになればよいのですから、決して「早く、早く」とあせる必要はないのです。急ぐと、どうしてもお母さんが手伝う部分が多くなりますし、完全にきれいにしようと思うと、お母さんがやってしまうこと(過保護)が多くなります。

そのうちに、子どもはお母さんに依存する気持が強くなり、五歳をこえても顔をっき出してお母さんに拭いてもらうようになってしまいます。「待つ」という養育態度は、しつけの中でも非常に大切で、とくに自発的に生活習慣を身につけるように子どもを援助する方法です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

あなたの赤ちゃんが声を出すのが楽しいなら

ふつう、赤ちゃんは機嫌がよければ、ママとおしゃべりすることが何より大好きです。とりわけ、赤ちゃんが声を出してあなたの注意を引こうとする時にはそうです。たぶん、あなたはいつもより少し甲高い声で赤ちゃんに …

no image

完全を求めることは不可能

子どもに不自由をさせたくないーなどの考え方があれば、よい教育はできません。もう一度、日常生活の中にむだがないかを点検してみましょう。そして、むだをしていたことがあれば、それを一つずつ取り除いていきまし …

no image

赤ちゃんは会話できないと思っていませんか?

言葉によるキャッチボールができない赤ちゃんといえども、お母さんの気持ちは敏感に感じ取っています。赤ちゃんが一所懸命話しかけているのにお母さんは知らん顔、「どうせ話しかけても何を言っているかわからないか …

no image

対話力の重要性を実感したある人のエピソード

改めて対話力の重要性を実感したある人のエピソードがあります。夕方になってキャンプファイヤーが始まった頃、ひとりの女の子が輪を抜け出して、若い男の先生のところにトコトコと近づいていくと、「先生、東京はど …