スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の自立心を育てること

投稿日:

合宿の中で生活の条件が変ったので、すっかり条件づけがくずれてしまった。一方、合宿中、顔を洗ったり、歯を磨いたり、着替えをすることにはきちっとしている子どもであるのに、遊びとなると全く傍観している子どもがいます。

ある合宿では、本当の意味での自発性があるかどうかを点検することが一つの大切な目的となっていました。生活習慣について、いっさい口を出したり、手を貸さないことにしていました。そうなると、顔も洗わないし、歯ブラシも使わないという子どもが現われてきます。中には、一週間の合宿中に、一回も下着も上着も着替えないような子どももいたのです。

自発性は、遊びを自分で考え、次々と遊びを作り出すことができなくては、順調に発達しているとはいえません。そのような子どもは、生活習慣の型だけが身についているわけで、自発性の発達はおくれているのです。

中には、条件づけによって、朝起きてからの行動の型が決まっていて、それに従って生活習慣を実現していたに過ぎない子どももいます。こうした子どもは、毎日の生活の中で、お母さんやお父さんから声をかけられていたからやっていたまでであって、自発的にしていたのではなかったことがわかります。

生活習慣の自立は大切なことですが

なぜわがままな子になるのだろう欲望というのは、主として、物質的・金銭的な欲望です。自分がほしいと思う物を、何とかして手に入れたいという望みです。こうした欲望は、われわれ大人にもたくさんありますが、いろいろなことを考えて、それを統制しているから、生計が保たれているといえましょう。

生活習慣の自立は大切なことですが、それが本当に自発性にもとづいているのか、「にせもの」であるかを見分けることが必要となります。その見分け方は、子どもに対して口を出すことをやめて、子どもに生活習慣を「まかせて」みることです。それと同時に、「遊び」を子どもに「まかせて」みることです。

その結果、生活習慣を子どもなりに守り、しかも、「遊び」を自分から見つけていきいきと遊ぶことができれば、自発性も順調に発達しているということになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分は幸せだと思う人は幸せになれる

自分を幸せだと思っている人は、さまざまなことに「有難い」と思うことができます。例えば家計の収入が減ってしまって暮らしが苦しくなったとき、「難有り」と思う人は、「子どもを私立の学校に行かせようと思ってい …

no image

両親で話し合いをしているか?

話し合いの伝統がなかったわが国の過去の歴史から考えますと、さて話し合いをーとなると、水くさかったり、どのようなことから話し合いを行ったらよいかわかを感ずる方も少なくないと思います。その点で欧米の家庭の …

no image

赤ちゃんと起き上がり遊びをする

起き上がりの遊び。この遊びはあなたの赤ちゃんの首がすわるようになって初めてできるものです。あなたは背中をどこかにもたせかけ、両足を曲げ膝を立てて、楽な姿勢で座ります。そして、赤ちゃんがちょうど座ってい …

no image

家庭の中の暖かい雰囲気を味わうことの重要性

「思いやり」のないお母さんは、子どもが学校から帰ってくると、待ち構えていたように、「どんな勉強をしたの?」「宿題は?」などと、勉強の話を持ち出します。そのようなお母さんは、学習にばかりこだわって、子ど …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …