スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の自立心を育てること

投稿日:

合宿の中で生活の条件が変ったので、すっかり条件づけがくずれてしまった。一方、合宿中、顔を洗ったり、歯を磨いたり、着替えをすることにはきちっとしている子どもであるのに、遊びとなると全く傍観している子どもがいます。

ある合宿では、本当の意味での自発性があるかどうかを点検することが一つの大切な目的となっていました。生活習慣について、いっさい口を出したり、手を貸さないことにしていました。そうなると、顔も洗わないし、歯ブラシも使わないという子どもが現われてきます。中には、一週間の合宿中に、一回も下着も上着も着替えないような子どももいたのです。

自発性は、遊びを自分で考え、次々と遊びを作り出すことができなくては、順調に発達しているとはいえません。そのような子どもは、生活習慣の型だけが身についているわけで、自発性の発達はおくれているのです。

中には、条件づけによって、朝起きてからの行動の型が決まっていて、それに従って生活習慣を実現していたに過ぎない子どももいます。こうした子どもは、毎日の生活の中で、お母さんやお父さんから声をかけられていたからやっていたまでであって、自発的にしていたのではなかったことがわかります。

生活習慣の自立は大切なことですが

なぜわがままな子になるのだろう欲望というのは、主として、物質的・金銭的な欲望です。自分がほしいと思う物を、何とかして手に入れたいという望みです。こうした欲望は、われわれ大人にもたくさんありますが、いろいろなことを考えて、それを統制しているから、生計が保たれているといえましょう。

生活習慣の自立は大切なことですが、それが本当に自発性にもとづいているのか、「にせもの」であるかを見分けることが必要となります。その見分け方は、子どもに対して口を出すことをやめて、子どもに生活習慣を「まかせて」みることです。それと同時に、「遊び」を子どもに「まかせて」みることです。

その結果、生活習慣を子どもなりに守り、しかも、「遊び」を自分から見つけていきいきと遊ぶことができれば、自発性も順調に発達しているということになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供がひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしている

自分自身は親との関係に葛藤し、ひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしているのに、親のほうはそれにまったく気がついていないということも実際にたくさんあります。大きくなった娘さんから「お母さんには一度も言わ …

no image

家事の時でも子供と遊ぶことはできる

お母さんが、ちょっとでも子どもと遊ぶ心を持っていれば、仕事をしていても、それが短い間であっても、子どもと遊ぶことができます。それが、子どもには、お母さんから暖かく受け入れられたという気持を起こさせ、お …

no image

赤ちゃんの要求が多くよく泣く場合

いっしょに遊んでやると、赤ちゃんはぎこちない動きでついてきます。ある姿勢をとると、赤ちゃんは少しの間、その姿勢を維持しようとするでしょう。たとえ、その動きがゼンマイ仕掛けの人形のようでも、赤ちゃんは同 …

no image

赤ちゃんが手に負えないとき

赤ちゃんが泣いて手に負えない時期には、多くの母親は肉体疲労、頭痛、吐き気、背中の痛み、および心気症などに苦しめられます。障害の理由は、そんな赤ちゃんの世話を休みなく続けなければならないことにある。かか …

no image

子どもへの思いやりによって育てることができているか

一~三歳の子どものように、ひざにのせることが簡単にできる年齢のうちに、身体接触を実現する必要があることを、強調しなければなりません。ところが、その年齢の子どもに対しても、身体接触を子どもから要求される …