スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が自分でやると言い出したら

投稿日:

両親の中には、子どもが「自分でやる」といい出すと、それをわがままであるとか、強情であると思ってしまう人々もいます。大きな誤解をしている。そして、「悪い子」とか「親のいうことをきかない子」として怒るようになってしまいます。

しかし、子どもは成功感を十分に味わうことができ、自信が強くなり、さらにむずかしい挑戦しようという意欲が高まります。しかし、とうとううまくいかなかったということも少なくないでしょう。そのときには、「この次にはがんばろうね」と励ましを与えます。こうした励ましの言葉によって、子どもは挑戦への意欲を持ち続けることができるのです。

「自分でやる」といい出しても、親に怒られると、すぐに自分の主張を引っ込めて、親のいうことをきくようになってしまいます。自発性の発達過程について勉強していない両親から見ると「よい子」のように見えますが、危険な子どもといわなければなりません。そのような子どもは、四歳以後において、すでに危険な徴候を現わします。それは、お友だちとよく遊ぶことができないことです。

それは、着物を着たり、ボタンをはめたりすることに現われますし、靴をはくことなど、日常生活の随所に現われてきます。心にゆとりを持ち、時間をかけて見守っているうちに、意外にも成功することがあります。

けんかは見ていればよい

幼稚園に通い始めた子どもは、だんだん園生活に慣れて、張り切って通園するようになります。しかも、自発性の発達にもとづく自己主張をしますから、同じように自発性の発達している子どもとは、よく衝突するでしょう。けんかが始まるわけです。

四~六歳は、お友だちと遊ぶことを楽しむ年齢で、友人形成期と呼んでいます。近所に同じ年ごろの子どもがいれば、朝食をすませるとすぐに「〇〇ちゃーん」と呼びにいくでしょう。けんかをしても、すぐに仲直りをして遊ぶでしょう。これが、子どものけんかの特徴です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

これが一番大事と思ったことをやり続けた結果

あるお母さんは、すっかり意気消沈しているお母さんに、私は「子育てに失敗なんてものはないのですよ。そのときそのとき精一杯やってこられたんでしょ?それはそれでいいです。失敗したなんて思わないで少し悲しい体 …

no image

子供が注意を聞かない場合に聞かせる方法

「何が悪い小学生以上の子であれば、いけないことをしたときに、「そんなことをしたらもったいないんじゃない?」「あなたとしたことがもったいないわよ」「それじゃあ、あなたの値打ちを落とすことになるわよ」とい …

no image

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類できない

赤ちゃんはあらゆる感覚をありのままに受け取りますが、それを分類することができません。つまり、赤ちゃんはこの世界が異なる感覚神経から送られてくる信号から成り立っていることや、それぞれの感覚が独自のメッセ …

no image

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こ …

no image

赤ちゃんはさまざまな感覚を使って新しい能力を身に付ける

赤ちゃんは、さまざまな感覚を使って、一連の新しい能力を身に付けようとする赤ちゃんもいれば、もっぱら日に見える世界で何か新しい物を探し出そうとする赤ちゃんや、コミュニケーションの能力を試そうとする赤ちゃ …