スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

投稿日:

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医は、衣類は子どもにとって圧迫であるといい続けてきました。できれば、裸で育てる気持になってほしいのです。

幼児期に入れば、そして活動をじゅうぶんにさせることを考えて、もっと薄着にしてよいでしょう。靴下もできるだけはかせないように努力することが大切です。からだの鍛練には、運動をじゅうぶんにすることのできる機会を多く与えることが大切ですが、そのほかに、薄着と摩擦をおすすめしましょう。薄着は、皮ふの鍛練に役立ちます。ですから、生後二、三カ月になったら、できるだけ皮ふの露出部を多くします。大人よりも新陳代謝がはげしいので、下着を一枚少なくすることが大切です。

ぜん息の発作を起こしやすい子ども

ぜん息の発作を起こしやすい子どもや、かぜをひきやすい子どもには、乾布摩擦をおすすします。朝の目がさめた直後と、夜の寝床に入る直前に、用意しておいた布で、子どものからだを摩擦してあげるのです。原則は、皮ふがピンクになるくらい、そして、末棺から心臓の方向にていますが、こうしたことにこだわらず、毎日続けることが大切です。このような努力によって、小学校に入るまでに、すべての子どもがぜん息発作が起きないようになるようです。

中には、発作がなくなったので、乾布摩擦も忘れてしまっているというお母さんもいますが、乾布摩擦がこのようによい効果を持っているとなると、決してないがしろにしてはなりません。時間のあるときは四、五分続けますが、時間もないし布も用意していなかったというときには、お母さん自身の手でこすってあげればよく、それも、十秒から二十秒ぐらいでよいです。乾布摩擦を一、二年続けているうちに、いつの間にか症状が起きなくなっています。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

事柄・事項にだけ答えてもダメ

「こうしたらいいんじゃない?」と子どもなりに考えて提案してきたことに、「そんなの無理に決まっているじゃないの」「何をバカなこと言っているの」「できっこないのに、そんなこと言わないの!」と言い放てば、子 …

no image

三歳までの子供にはしつけよりもただ愛情をたっぷり注げばいい

ただただ愛情をたっぷり注いで、かわいがってあげさえすればほぼ大丈夫なのですから。ほんの数年間全力を注いでおくだけで、間違いなく後の子育てがラクになります。そのように思って、わが子に向き合ってあげてくだ …

no image

今よりもちょっと悪い状況を考えてそれと現在を引き比べていく

今よりもちょっと悪い状況を考えて、それと現在を引き比べていくようにすると、今が有難く感じられ、喜びも出てくるようになるもの。子どもが何かやらかしても、「問題が起こせるということは子どもが元気に外に出て …

no image

子供の要求が多いのに全て叶えてあげてしまうと

四歳になるTくん。ガムやお菓子、おもちゃなど、「ママこれ買って」というモノは、「また買うの?しょうがないなあ」と思いながらも、「はいはい、わかった」と買ってあげ続けたそうです。ところが年齢が大きくなる …

no image

子供の怪我をいつまでも怖いとばかり言っていてはダメ

活動的な子どもは、それだけけがを多くします。いろいろなけがの体験は、それに対しての注意力を養うのには大切なことで、それによって、大きなけがを防ぐことができるのです。小さなけがをしたことから、だんだんに …