スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の様子がおかしいことで悩んでいたある母親

投稿日:

お子さんの様子がおかしくなったことで相談に来られたお母さんで、その原因に親との関係が深く関わっていた方がいました。息子さんが幼稚園に入ってすぐに登園拒否を起こし、食べることも眠ることもできなくなってしまって、どうしたらよいかというものでした。その原因を突き詰めていくと、息子さんがおかしくなってしまった原因はご自分の母親との関係にあったことがわかったのです。

そのお母さんに、相談を受けた専門家が「お母様はまだご存命なのだから、母の日に花束を持ってご自分の気持ちをはっきり伝えてらっしゃい。ここで私が念じててあげるから、大丈夫ですから」、メッセージでこのような言い方をして気持ちを伝えていらっしゃい」と言って、言うべき言葉を書いてお渡ししました。

母の日にその方は花束を持ってご実家に行かれ、「これを言わないと子どもがおかしくなる」とご自分に言い聞かせて、勇気を出してお母様に気持ちを伝えたそうです。思いは憎しみといえるほど強いもので、愛されてこなかったことへの恨みつらみが、息子さんへの厳しい態度となって表れ、お子さんを傷つけてしまっていた。そのお母さんの中には、「親は姉ばかりかわいがって私のことはまったくかわいがってくれなかった」という思いがありました。

私の気持ちをちゃんとお話ししたいのだけれど

「お母さんはいつもお姉さんばっかりかわいがって、私はそのたびに本当に寂しくて悔しい思いを我慢していた。それでずっとお母さんのことを憎んでいたんです。だから一回お母さんに謝ってほしいの」「お母さん、いつもありがとう。でも本当はこれまで本心からお母さんにありがとうって言っていなかったの。

今日は私の気持ちをちゃんとお話ししたいのだけれどいい?」お母様は心底驚き、「あなたがそんなふうに思っていたなんて気づかなかった。私のことを憎んでいたなんて・・・。そんなふうに思わせてしまって本当にごめんなさい」と泣き崩れながら手をついて謝ってくれたそう。

それ以来、親子関係もよくなり、この方の心のわだかまりは消え、息子さんにも優しい気持ちで接することができるようになっていったそうです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら

あなたの赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら、あなたの前に議な姿勢で座らせてあげましょう。背中をしっかり支えてやり、両足を曲げ、あなたの隠の上に顔を上に向け、やさし<寝かせて下さい。この姿勢をと …

no image

イタズラできない子どもになるのはよくない

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で …

no image

赤ちゃんは運動させると発達していく

赤ちゃんの時期に、運動がじゅうぶんにできる環境が子どもに与えられたかどうかが、その後の子どもの運動機能の発達に、大きな影響を持ってきます。その点で、狭い住宅の中では、なかなか思うにまかせません。そのよ …

no image

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか、それらの能力をどのようにして身に付けたのか、これまで考えたことがあるでしょうか?私たちは子供の認識能力がその成長とともに改善され、変化していくことを知ってい …

no image

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。 …