スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の様子がおかしいことで悩んでいたある母親

投稿日:

お子さんの様子がおかしくなったことで相談に来られたお母さんで、その原因に親との関係が深く関わっていた方がいました。息子さんが幼稚園に入ってすぐに登園拒否を起こし、食べることも眠ることもできなくなってしまって、どうしたらよいかというものでした。その原因を突き詰めていくと、息子さんがおかしくなってしまった原因はご自分の母親との関係にあったことがわかったのです。

そのお母さんに、相談を受けた専門家が「お母様はまだご存命なのだから、母の日に花束を持ってご自分の気持ちをはっきり伝えてらっしゃい。ここで私が念じててあげるから、大丈夫ですから」、メッセージでこのような言い方をして気持ちを伝えていらっしゃい」と言って、言うべき言葉を書いてお渡ししました。

母の日にその方は花束を持ってご実家に行かれ、「これを言わないと子どもがおかしくなる」とご自分に言い聞かせて、勇気を出してお母様に気持ちを伝えたそうです。思いは憎しみといえるほど強いもので、愛されてこなかったことへの恨みつらみが、息子さんへの厳しい態度となって表れ、お子さんを傷つけてしまっていた。そのお母さんの中には、「親は姉ばかりかわいがって私のことはまったくかわいがってくれなかった」という思いがありました。

私の気持ちをちゃんとお話ししたいのだけれど

「お母さんはいつもお姉さんばっかりかわいがって、私はそのたびに本当に寂しくて悔しい思いを我慢していた。それでずっとお母さんのことを憎んでいたんです。だから一回お母さんに謝ってほしいの」「お母さん、いつもありがとう。でも本当はこれまで本心からお母さんにありがとうって言っていなかったの。

今日は私の気持ちをちゃんとお話ししたいのだけれどいい?」お母様は心底驚き、「あなたがそんなふうに思っていたなんて気づかなかった。私のことを憎んでいたなんて・・・。そんなふうに思わせてしまって本当にごめんなさい」と泣き崩れながら手をついて謝ってくれたそう。

それ以来、親子関係もよくなり、この方の心のわだかまりは消え、息子さんにも優しい気持ちで接することができるようになっていったそうです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの興味に沿って冒険の旅に手を貸してあげて下さい

あなたに音楽のセンスがないのに、赤ちゃんが音に対してひどく敏感でも心配はいりません。赤ちゃんは何もシンフォニーが聴きたいわけではなく、話しかけてもらったり、鼻歌を口ずさんでもらったりしたいだけです。 …

no image

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場 …

no image

ママが嫌いだという2歳児

強情を張るFくんにお父さんとお母さんは「ここでもらしたら置いていくぞー」「どうしてお手洗いに行かないの!もらしたら置いていくからね」と強権的に言い続け、とうとうFくんは「ママ嫌いー」と心の叫びを発した …

no image

子どもの思いを無視され十分に甘えられることなく育った場合

子どもの思いを無視し、十分に甘えられることなく育ち、心が満ち足りている状態を経験してこなかった子は、言葉には出さなくても「愛してもらってこなかった」という愛情飢餓感や親への恨みつらみを抱えていきやすく …

no image

自分の存在意義が多くの人々に喜びを与える

やりたいこと、なりたい、を自らの力で達成していけることほど人生における大きな喜びはありません。それこそが本当の幸せな人生でしよう。人生を歩めるように手助けしてあげるのが親のひとつの務めです。したがって …