スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

投稿日:

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。

異常な行動に走る子どもは、親から可愛がられていないと思っていることが多いのです。その点について、お母さんがじゅうぶんに反省してみる必要があります。つまり、子どもの側に立って、その点を検討してみる必要があるわけです。その検討に当っては、三歳までに、身体接触をしたかどうか、抱っこをしたり、添い寝をしたりして、子どもが気がねなくお母さんに甘えることができたかどうかが第一の問題です。

情緒が安定してきますと、表情が明るくなりますし、子どもから妙に甘えてくることは少なくなります。お友だちともよく遊ぶことができるようになりますし、学童期の子どもですと、勉強に身が入り、学業成績も向上し始めます。

私は、子どもに寄りつかれるのが嫌いだ

お母さんの中には、「私は、子どもに寄りつかれるのが嫌いだ」という人がいます。子どもの可愛さを感じ取ることのできないお母さんです。そのようなお母さんが、なぜ子どもを産んだのか不思議に思えますが、子どもは生まれながらにして大きな不幸を背負っているようなもので、情緒が著しく不安定になり、さまざまな異常行動を現わすようになるのも、むしろ当然のことといえましょう。それを子どもは敏感に感じ取ります。子どもにはその力が鋭いものです。

小学校高学年の子どもでも、機会をねらっていますと、何らかの形で身体接触の機会が訪れます。また、親子の二人だけで旅行することも、お母さんが子どもを可愛がっているという具体的な証しを示すことになるものです。ただし、それがいやいやしているとか、しなければならないからしているというのでは、かえって逆効果を招くことがあります。そこには、楽しい雰囲気が作られないからです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分の存在意義が多くの人々に喜びを与える

やりたいこと、なりたい、を自らの力で達成していけることほど人生における大きな喜びはありません。それこそが本当の幸せな人生でしよう。人生を歩めるように手助けしてあげるのが親のひとつの務めです。したがって …

no image

お母さん自身が愛情という心のご馳走をもらっていなければ

あるお母さんは、小学校三年生になるお嬢さんが人間関係がうまくつくれず、そんな自分を責めて自虐的な行為を繰り返すようになってしまったという。お嬢さんには大きな期待をかけ、激しく叱りつけながら、ご自分の期 …

no image

子どもへの思いやりによって育てることができているか

一~三歳の子どものように、ひざにのせることが簡単にできる年齢のうちに、身体接触を実現する必要があることを、強調しなければなりません。ところが、その年齢の子どもに対しても、身体接触を子どもから要求される …

no image

成功するために失敗を体験させることも大事

もし、子どもがそば屋さんのまねをしていて食器を落としてこわしてしまったとしたら、どのように扱ったらよいでしょうか。そのような冒険心の現われに喜びを感じている両親であれば、そば屋さんの持ち方ができるよう …

no image

子供がひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしている

自分自身は親との関係に葛藤し、ひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしているのに、親のほうはそれにまったく気がついていないということも実際にたくさんあります。大きくなった娘さんから「お母さんには一度も言わ …