スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

投稿日:

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。

異常な行動に走る子どもは、親から可愛がられていないと思っていることが多いのです。その点について、お母さんがじゅうぶんに反省してみる必要があります。つまり、子どもの側に立って、その点を検討してみる必要があるわけです。その検討に当っては、三歳までに、身体接触をしたかどうか、抱っこをしたり、添い寝をしたりして、子どもが気がねなくお母さんに甘えることができたかどうかが第一の問題です。

情緒が安定してきますと、表情が明るくなりますし、子どもから妙に甘えてくることは少なくなります。お友だちともよく遊ぶことができるようになりますし、学童期の子どもですと、勉強に身が入り、学業成績も向上し始めます。

私は、子どもに寄りつかれるのが嫌いだ

お母さんの中には、「私は、子どもに寄りつかれるのが嫌いだ」という人がいます。子どもの可愛さを感じ取ることのできないお母さんです。そのようなお母さんが、なぜ子どもを産んだのか不思議に思えますが、子どもは生まれながらにして大きな不幸を背負っているようなもので、情緒が著しく不安定になり、さまざまな異常行動を現わすようになるのも、むしろ当然のことといえましょう。それを子どもは敏感に感じ取ります。子どもにはその力が鋭いものです。

小学校高学年の子どもでも、機会をねらっていますと、何らかの形で身体接触の機会が訪れます。また、親子の二人だけで旅行することも、お母さんが子どもを可愛がっているという具体的な証しを示すことになるものです。ただし、それがいやいやしているとか、しなければならないからしているというのでは、かえって逆効果を招くことがあります。そこには、楽しい雰囲気が作られないからです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの心を育てる

赤ちゃんが少し大きくなった時には、どんな物でもかそばにいて欲しいと思うようになります。ときどき、赤ちゃんは小頃のように、思い切りあなたにしがみついてきたりするでしょう。これは不安な気持ちをおさえ、赤ち …

no image

もし「私」がこの世に生まれていなければ

もし「私」がこの世に生まれていなければ、目の前のわが子も存在していなかったのです。もちろんこの世に生まれなければ、子育てで大変な思いをすることも、日々の中で苦労することも、いろいろ嫌な思いをすることも …

no image

テレビを見る時間を子供と約束する

その時間がきたらば、必ずスイッチを切るーといったけじめのある生活を教えることが大切です。その点で、お母さんもお父さんも、自分自身がテレビに対してけじめをつける努力をしなければならない。 小学生ともなれ …

no image

赤ちゃんはさまざまな感覚を使って新しい能力を身に付ける

赤ちゃんは、さまざまな感覚を使って、一連の新しい能力を身に付けようとする赤ちゃんもいれば、もっぱら日に見える世界で何か新しい物を探し出そうとする赤ちゃんや、コミュニケーションの能力を試そうとする赤ちゃ …

no image

子供の意欲-危険に挑戦しようとする気持ち

お母さんやお父さんは、けがをされては困るという気持から、子どもの冒険をとめるでしょうが、冒険によって生ずる小さなけがは、大きなけがを防ぐのに役立ちます。このことは二十年余りにわたって実施してきたわれわ …