スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の欲望を満たし続けてしまうと

投稿日:

母親が子供の欲望を満たし続けていますと、子どもの年齢が上昇するにつれて、欲望の対象が高価なものになりますから、大へんです。小学校の高学年や中学生になると、カメラを買ってほしい、自転車を買ってほしい、バイクをーとどんどんエスカレートし、親に対して暴力をふるってでも、欲望をとげようとする子どもになってしまいます。

玩具などを買い与える日を決めておき、それまで「待つ」という練習をさせなければなりません。玩具屋の前を通ったときに、親の方のちょっとした出来心から子どもを喜ばせようとして、玩具を買って与えますと、その次に玩具屋の前を通ったときに、「買ってほしい」という注文を出すでしょう。

欲望を統制する力は全く育ちませんし、大人のいう言葉を信頼しない子どもになってしまいます。そこで、どんなに子どもが泣きわめいても、「時間まで待ちましょうね」といった最初の言葉を、大人自身が守らなければなりません。それによって、大人の言葉を信頼する子どもにな
るし、時間を守る気持も養われます。

子どもの欲望をきいてしまうと

「この次にね」といっても、きかないことがあります。泣いたり、ひっくり返ったりして、欲望をとげようとする子どももいます。そのときに、子どもの欲望をきいてしまいますと、あとが大へんになります。そのような子どもは、家の中で飲食物への欲望をとげる経験をしていることが多いので、「この次にね」という親の言葉を信用していませんし、ごねれば必ず手に入れることができるという確信がありますから、いっそう泣きわめいてがんばり続けるでしょう。

お母さんが、人前で子どもに泣かれるのはみっともないという気持を持っていることを子どもが知っている場合には、ごね方もひどくなります。家庭内暴力のひどい子どもの中には、幼いころから何でも自分の欲望をとげることができたという生活史を持っている者が少なくないのです。中学生になると、からだも大きいし、暴力もひどく、一家は暗闇のどん底に落とされてしまいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

最初の子どもの育児はお母さんにとっては最初の経験

最初の子どもの育児は、お母さんにとっては最初の経験ですから、どうしても不安がつきまといます。お母さんの口から、「同じように育てているのに、どうしてきようだい間で性質がちがうのでしょうか」といった質問が …

no image

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子ど …

no image

赤ちゃんの要求が多くよく泣く場合

いっしょに遊んでやると、赤ちゃんはぎこちない動きでついてきます。ある姿勢をとると、赤ちゃんは少しの間、その姿勢を維持しようとするでしょう。たとえ、その動きがゼンマイ仕掛けの人形のようでも、赤ちゃんは同 …

no image

我慢する力をしつけているか

子どもの持ち物はできるだけ質素なものを選び、険約を教えましょう。さらに、家事への参加も求めましょう。小学校低学年の子どもは、調理などには積極的な興味を示します。ていねいに教えれば、日曜日などは、子ども …

no image

親に甘えさせてもらうと天真欄漫な子に育つ

あるYくんという、6歳の子供がいます。このYくんは表情も常にキラキラしていて、言うこともひとつひとつがおもしろい。話をしていて大笑いしてしまうこともたびたびです。性格も屈託がなく、お客さんの前でもお母 …