子育て

子供の嘘に対する対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウソをつくのはよくないことですが、子どもがウソをついたときは「なんでウソなんかつくの!」「どうしていつもウソばかり言うの!」と責めないで、いったんだまされてあげましょう。明らかにウソをついているとわかっても、いったんは「ああ、そうなの」「ふうん、そうなの」と聞き流し、「でも、お母さんはちゃんとお見通しよ」と態度で匂わせておけばいいのです。

「お片づけできた?」「宿題やった?」と聞いたとき「うん」と答えるのに実際はやっていない、塾に行ってくると出かけているのに塾から「最近来ていない」と連絡がくるなど、子どものつくウソはすぐにばれるようなウソばかりです。ではなぜ、そんなすぐにばれるようなウソをつくのかと言えば、そう言わなければ親からますます叱られる、責められるからです。いつも自分の気持ちを言うことが許されない雰囲気を感じているなど自己防衛のためにウソをつき、自分の身を守っているわけです。

大人も「ウソも方便」とウソをつくことがあるのですから、子どものウソにも目くじらを立てて怒り過ぎないようにしてください。そもそもウソをついたことを子ども自身もよくないこととわかっていて、良心の呼責を感じているものです。

子どもがウソをつかなくてはいけないほど

子どもがウソをつかなくてはいけないほど叱り過ぎていなかったか、口やかましく「あれをしなさい」「これをしなきゃダメ」と言い過ぎていなかったか、ちょっと振り返って反省してみていただきたいのです。ウソをきちんと叱らなければ、平気でウソをつく子になってしまうのではないかと心配する必要はありません。むしろウソをつくたびに厳しく叱責され続けるほうが、もっと巧妙にウソをつくようになります。

「あなたがウソをついたりしたら、あなたの価値が下がってしまうような気がしてお母さんは悲しいわ」「ウソをつくなんて、あなたとしたことがなんてもったいない」このような言い方でお母さんの気持ちを伝えておけば、「ウソなんかっいて恥ずかしい」「お母さんを悲しませたくない」という気持ちももつようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加