スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の嘘に対する対処方法

投稿日:

ウソをつくのはよくないことですが、子どもがウソをついたときは「なんでウソなんかつくの!」「どうしていつもウソばかり言うの!」と責めないで、いったんだまされてあげましょう。明らかにウソをついているとわかっても、いったんは「ああ、そうなの」「ふうん、そうなの」と聞き流し、「でも、お母さんはちゃんとお見通しよ」と態度で匂わせておけばいいのです。

「お片づけできた?」「宿題やった?」と聞いたとき「うん」と答えるのに実際はやっていない、塾に行ってくると出かけているのに塾から「最近来ていない」と連絡がくるなど、子どものつくウソはすぐにばれるようなウソばかりです。ではなぜ、そんなすぐにばれるようなウソをつくのかと言えば、そう言わなければ親からますます叱られる、責められるからです。いつも自分の気持ちを言うことが許されない雰囲気を感じているなど自己防衛のためにウソをつき、自分の身を守っているわけです。

大人も「ウソも方便」とウソをつくことがあるのですから、子どものウソにも目くじらを立てて怒り過ぎないようにしてください。そもそもウソをついたことを子ども自身もよくないこととわかっていて、良心の呼責を感じているものです。

子どもがウソをつかなくてはいけないほど

子どもがウソをつかなくてはいけないほど叱り過ぎていなかったか、口やかましく「あれをしなさい」「これをしなきゃダメ」と言い過ぎていなかったか、ちょっと振り返って反省してみていただきたいのです。ウソをきちんと叱らなければ、平気でウソをつく子になってしまうのではないかと心配する必要はありません。むしろウソをつくたびに厳しく叱責され続けるほうが、もっと巧妙にウソをつくようになります。

「あなたがウソをついたりしたら、あなたの価値が下がってしまうような気がしてお母さんは悲しいわ」「ウソをつくなんて、あなたとしたことがなんてもったいない」このような言い方でお母さんの気持ちを伝えておけば、「ウソなんかっいて恥ずかしい」「お母さんを悲しませたくない」という気持ちももつようになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いて …

no image

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。 …

no image

お父さんと子供の遊びの時間

初めは駄じゃれでもよく、皆が楽しい気分になればよいの。努力をしているうちに、ユーモアのセンスが育ってくるものです。話題が楽しいと、食卓も明るくなります。子どもたちもそれに応じて、学校や友だちの家で体験 …

no image

新生児を泣き止ませる方法

ときには、授乳している間に眠ってしまい、赤ちゃんをそっと揺りカゴに降ろそうとしたとたんに泣き出すことがあります。授乳や睡眠の時間を正確に守っている母親は、赤ちゃんがミルクを飲みながら眠っていることに気 …

no image

まじめで成績が良い子供の挫折

まじめで学業成績のよい子どもは、子どもらしい子どもから見ると近づきにくい存在ですから、友だちのできない子どもになってしまいます。その結果、中学や高校になると挫折してしまいます。挫折した状態になると、勉 …