スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の嘘に対する対処方法

投稿日:

ウソをつくのはよくないことですが、子どもがウソをついたときは「なんでウソなんかつくの!」「どうしていつもウソばかり言うの!」と責めないで、いったんだまされてあげましょう。明らかにウソをついているとわかっても、いったんは「ああ、そうなの」「ふうん、そうなの」と聞き流し、「でも、お母さんはちゃんとお見通しよ」と態度で匂わせておけばいいのです。

「お片づけできた?」「宿題やった?」と聞いたとき「うん」と答えるのに実際はやっていない、塾に行ってくると出かけているのに塾から「最近来ていない」と連絡がくるなど、子どものつくウソはすぐにばれるようなウソばかりです。ではなぜ、そんなすぐにばれるようなウソをつくのかと言えば、そう言わなければ親からますます叱られる、責められるからです。いつも自分の気持ちを言うことが許されない雰囲気を感じているなど自己防衛のためにウソをつき、自分の身を守っているわけです。

大人も「ウソも方便」とウソをつくことがあるのですから、子どものウソにも目くじらを立てて怒り過ぎないようにしてください。そもそもウソをついたことを子ども自身もよくないこととわかっていて、良心の呼責を感じているものです。

子どもがウソをつかなくてはいけないほど

子どもがウソをつかなくてはいけないほど叱り過ぎていなかったか、口やかましく「あれをしなさい」「これをしなきゃダメ」と言い過ぎていなかったか、ちょっと振り返って反省してみていただきたいのです。ウソをきちんと叱らなければ、平気でウソをつく子になってしまうのではないかと心配する必要はありません。むしろウソをつくたびに厳しく叱責され続けるほうが、もっと巧妙にウソをつくようになります。

「あなたがウソをついたりしたら、あなたの価値が下がってしまうような気がしてお母さんは悲しいわ」「ウソをつくなんて、あなたとしたことがなんてもったいない」このような言い方でお母さんの気持ちを伝えておけば、「ウソなんかっいて恥ずかしい」「お母さんを悲しませたくない」という気持ちももつようになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の欲望を満たし続けてしまうと

母親が子供の欲望を満たし続けていますと、子どもの年齢が上昇するにつれて、欲望の対象が高価なものになりますから、大へんです。小学校の高学年や中学生になると、カメラを買ってほしい、自転車を買ってほしい、バ …

no image

黙っていてもわかり合うことができる関係に

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ …

no image

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類できない

赤ちゃんはあらゆる感覚をありのままに受け取りますが、それを分類することができません。つまり、赤ちゃんはこの世界が異なる感覚神経から送られてくる信号から成り立っていることや、それぞれの感覚が独自のメッセ …

no image

知識を詰め込むことだけを考えて育児をしてはいけない

いい生活をさせるためにはいい学校に入れなくてはいけない、それにはから何でも自分できちんとできて、考えて動けるような子にしなくては、というようなタイプの親御さんはとても多い。子育ては人の命令で動くロボッ …

no image

子供に体験合宿をさせる

われわれの合宿は、小学生を対象としていましたが、合宿に持ってくる物については、できるだけお母さんが手を貸さないようにしてもらっていました、というある人。中には、あれもこれもとたくさん持ってくる子どもも …