スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の嘘に対する対処方法

投稿日:

ウソをつくのはよくないことですが、子どもがウソをついたときは「なんでウソなんかつくの!」「どうしていつもウソばかり言うの!」と責めないで、いったんだまされてあげましょう。明らかにウソをついているとわかっても、いったんは「ああ、そうなの」「ふうん、そうなの」と聞き流し、「でも、お母さんはちゃんとお見通しよ」と態度で匂わせておけばいいのです。

「お片づけできた?」「宿題やった?」と聞いたとき「うん」と答えるのに実際はやっていない、塾に行ってくると出かけているのに塾から「最近来ていない」と連絡がくるなど、子どものつくウソはすぐにばれるようなウソばかりです。ではなぜ、そんなすぐにばれるようなウソをつくのかと言えば、そう言わなければ親からますます叱られる、責められるからです。いつも自分の気持ちを言うことが許されない雰囲気を感じているなど自己防衛のためにウソをつき、自分の身を守っているわけです。

大人も「ウソも方便」とウソをつくことがあるのですから、子どものウソにも目くじらを立てて怒り過ぎないようにしてください。そもそもウソをついたことを子ども自身もよくないこととわかっていて、良心の呼責を感じているものです。

子どもがウソをつかなくてはいけないほど

子どもがウソをつかなくてはいけないほど叱り過ぎていなかったか、口やかましく「あれをしなさい」「これをしなきゃダメ」と言い過ぎていなかったか、ちょっと振り返って反省してみていただきたいのです。ウソをきちんと叱らなければ、平気でウソをつく子になってしまうのではないかと心配する必要はありません。むしろウソをつくたびに厳しく叱責され続けるほうが、もっと巧妙にウソをつくようになります。

「あなたがウソをついたりしたら、あなたの価値が下がってしまうような気がしてお母さんは悲しいわ」「ウソをつくなんて、あなたとしたことがなんてもったいない」このような言い方でお母さんの気持ちを伝えておけば、「ウソなんかっいて恥ずかしい」「お母さんを悲しませたくない」という気持ちももつようになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …

no image

生後一年の間に赤ちゃんが越えなければならない試練

新しい感覚を受け入れるために、赤ちゃんには時間が必要ですし、不安を取り除き自分を守ってくれる場所もほしくなります。そこで、赤ちゃんは自分のリズムに従ってこの世界で成長していくために、再びママといっしょ …

no image

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場 …

no image

強制は子どもを抑圧する

六歳になるまで、非常に少食で、体重も十四キロという子どもを治療したことがあります、というある人。お母さんが食べさせることが多かったので、著を使う技術も習得していなかったからです。そこで、一年かかって食 …

no image

赤ちゃんが興味を持つおもちゃや道具は?

生後一〇週目あたりで、赤ちゃんには比較的穏やかな時期が訪れます。母親は二、三週前に経験した不安な思いや恐怖から、すっかり解放されます。そして、赤ちゃんの聞き分けのよいおとなしい態度に感心して、まるでこ …