スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が注意を聞かない場合に聞かせる方法

投稿日:

「何が悪い小学生以上の子であれば、いけないことをしたときに、「そんなことをしたらもったいないんじゃない?」「あなたとしたことがもったいないわよ」「それじゃあ、あなたの値打ちを落とすことになるわよ」という言葉を言ってあげるのがよいと思います。

お母さんの多くは「大体あなたは」「前もこういうことがあったけれど」と、どんどん注意の範囲を広げてクドクド言ってしまいがちです。これでは子どもは何を叱られているのかわからなくなり、本当に注意したいことが染み込んでいきません。

「工事現場で遊ぶのはいけない」「お友達をぶってはいけない」「ライターで遊ぶのは火事をおこすからいけない」このように簡潔に、毅然と言ってあげます。普段からいけないことだけをピシッと注意され、親から信頼されている、認めれている、味方されているという気持ちがもてている子は、「それはいけないことこといよ。どんな事故につながるかわからないでしょ」のよ。「ぶたれたらお友達も痛いでしょ?」と、注意するればよいだけです。

がんしゃくを起こしたりキレたりする

また、がんしゃくを起こしたりキレたりするのは、心の中の寂しさ、悔しさが凝縮され、それが怒りの形となって起こるからです。それまで抑えてきたのが切れなくなって小さな引き金で爆発するのが、かんしゃくなのです。我慢していたけれど、限界が来て耐えられなくなったということですから、何を我慢してきたのかを見極めてあげることが大切です。

子どもに何を我慢させてきてしまったか、背後にあるものを考えてあげることも大切です。子どもが何を我慢しているかは、それぞれ違いますが、怒る原因があっての行動、行為ですから、そうさせる原因を見つけて子どもの心を満たしていかないと根本的に解決していきません。

見極めるには、かんしゃくを起こしているときに子どもが発している言葉、子どもの気持ちに身を浸して観察してみましょう。子どもが何に怒っているのか、何を欲求しているのかも見えてきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

三歳以降のしつけで叩くよりも生きてくるのが言葉の力

三歳を過ぎると、歯磨きができる、ひとりでお着替えができる、挨拶や「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるなど、生活習慣や礼儀についても身につけさせていきたい時期です。これは裏返すと、お母さんの「ダメ」「 …

no image

あるがまま自分の子育てをさらけ出してしまいましょう

失敗していると思われたくないからがんばって見栄を張り続けていたら、お母さんの気持ちも休まらなくなっていきます。そんなふうにして自分を苦しくしてしまっている方がいたら、もっと正直に、あるがまま自分の子育 …

no image

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘 …

no image

三歳から四歳にかけてのしつけのポイント

三歳から四歳にかけて年齢は、自分の欲望ばかりいい張らずに、大人の要求をきき入れる部分が多くなってきます。その点で、このころにお友だちと接触する機会を与えることが必要になります。お友だちを与えてみますと …

no image

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか、それらの能力をどのようにして身に付けたのか、これまで考えたことがあるでしょうか?私たちは子供の認識能力がその成長とともに改善され、変化していくことを知ってい …