子育て

子供が注意を聞かない場合に聞かせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何が悪い小学生以上の子であれば、いけないことをしたときに、「そんなことをしたらもったいないんじゃない?」「あなたとしたことがもったいないわよ」「それじゃあ、あなたの値打ちを落とすことになるわよ」という言葉を言ってあげるのがよいと思います。

お母さんの多くは「大体あなたは」「前もこういうことがあったけれど」と、どんどん注意の範囲を広げてクドクド言ってしまいがちです。これでは子どもは何を叱られているのかわからなくなり、本当に注意したいことが染み込んでいきません。

「工事現場で遊ぶのはいけない」「お友達をぶってはいけない」「ライターで遊ぶのは火事をおこすからいけない」このように簡潔に、毅然と言ってあげます。普段からいけないことだけをピシッと注意され、親から信頼されている、認めれている、味方されているという気持ちがもてている子は、「それはいけないことこといよ。どんな事故につながるかわからないでしょ」のよ。「ぶたれたらお友達も痛いでしょ?」と、注意するればよいだけです。

がんしゃくを起こしたりキレたりする

また、がんしゃくを起こしたりキレたりするのは、心の中の寂しさ、悔しさが凝縮され、それが怒りの形となって起こるからです。それまで抑えてきたのが切れなくなって小さな引き金で爆発するのが、かんしゃくなのです。我慢していたけれど、限界が来て耐えられなくなったということですから、何を我慢してきたのかを見極めてあげることが大切です。

子どもに何を我慢させてきてしまったか、背後にあるものを考えてあげることも大切です。子どもが何を我慢しているかは、それぞれ違いますが、怒る原因があっての行動、行為ですから、そうさせる原因を見つけて子どもの心を満たしていかないと根本的に解決していきません。

見極めるには、かんしゃくを起こしているときに子どもが発している言葉、子どもの気持ちに身を浸して観察してみましょう。子どもが何に怒っているのか、何を欲求しているのかも見えてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加