スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもとゆっくりつき合うよいチャンス

投稿日:

下の子が寝ているときに、十分に相手をしてあげることが必要です。また、就寝の時間になっているのに、なかなか寝床に入ろうとしないときには、「早く寝なさい」などといって叱らずに、子どもとゆっくりつき合うよいチャンスにしてほしいのです。

上の子が下の子をいじめても、それを「悪い子」のすることだといって責めないことがいかに大切か。下の子は、上の子からいじめられはするけれども、いろいろなことを教えられて、得もしているのです。しかし、そのいじめ方がひどいときには、お母さんが下の子の方に手を奪われて、上の子をおろそかに扱っていることを反省してみなければならないのです。

お母さんにしてみれば、二人の子どもから解放されて、自分のことをしたい欲望に駆られるでしょうが、上の子の情緒の安定をはかることが大切で、自分もお母さんから可愛がられているのだという確証が得られれば、ひどいいじめ方はしませんし、年齢が高くなるにつれて、下の子の面倒をよくみるようになるものです。しかし、それは小学校に入学してからのことです。

同じ顔をしている親が育てていても

同じ顔をしている親が育てていても、育てるときの心理はまさに対照的であることが少なくありません。初めての子どものときには、育児のすべてがお母さんにとって初めての経験になりますから、不安の連続といってもよいでしょうし、よい育て方をしたいと思って、育児書と首っ引きになるでしょう。

お母さんが「同じように育てていますのに、上の子は引っ込み思案であり、下の子は積極的なのはどうしてでしょうか?」と考えることがしばしばです。そのちがいが、あたかも生まれつきででもあるかのように思っているお母さんがいます。多少は生まれつきの面があるかも知れませんが、大部分は育て方によるものです。

どうしても神経質になったり、手をかけすぎたりします。ちょっとからだの調子がおかしいと、医者のところへすっ飛んでいくのも、最初の子どものときです。二番目の子どもとなると、最初の子どもの育児経験が非常に役に立ち、不安が少なくてすみますし、むしろ、放り出してしまうことさえあるものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの心に信頼感を育てる

赤ちゃんを手助けするための最善の策は、愛情を込めたお世話と思いやりの心なのです。この月齢の赤ちゃんは甘やかしてだめにするということがありませんから、泣いている時、あやしてやることに、何ら罪の意識を感じ …

no image

親ってなんだろう

親になろうとしている者にはその前に、必ず国家試験をすべきだーと主張している人がいた。国家試験をして、合格したものに、親になる資格を与える。その例として、「一歳から三歳の間の子どもの行動の特徴をあげなさ …

no image

子供への習い事の強制は果たして正解なのか?

お母さんやお父さんの中に、幼いころにバイオリンやピアノの教室に通った方もあるでしょう。あるいは、絵の塾に通った方があると思います。それを思い出しながら、本当に情操が高まったかどうかについて、検討してみ …

no image

子供に愛情が伝わらない

大きな愛情があるのに、それをしっかり子どもに伝えてあげられないのは何が原因なのでしょうか。やはり、最近のお母さんたちのゆとりのなさに一因があると考えます。社会の価値観が変わり、より成果主義、結果主義に …

no image

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。 …