子育て

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか、それらの能力をどのようにして身に付けたのか、これまで考えたことがあるでしょうか?私たちは子供の認識能力がその成長とともに改善され、変化していくことを知っています。

どんな親でも我が子の成長する様子を見守っていくことは、何よりもすばらしく喜ばしい人生経験の一つです。子供が初めて座ったり、ハイハイしたり、言葉をしゃべったり、スプーンで食べたりすると、親としてはうれしいものですし、どんな事にせよ幼い子供の「初体験」は祝福してあげたい気になるものです。

例えば、いっしょにかくれんぼをしたり、電話でおばあちゃんの声を聞き分けたりして、ある日突然、子供がそんな能力を示したとき、あなたはそれに気が付きます。子供が初めてハイハイしてみせる時など、そのような瞬間は、とりわけ感動的なものです。それは私たちの日には見えない脳の変化と関連しているために、神秘的にさえ感じます。

徒労に終わることも多い

一定期間、新生児といっしょに暮らすことは、とても苦労の多い経験となります。赤ちゃんは理由もなく突然泣き出したり、一体いつ泣き止むのだろうと思うほど手に負えなくなったりします。そして、そんな手に負えない時期は父母たちに不安や焦りを誘います。赤ちゃんは何が気に入らないのだろうかと自問してみたり、赤ちゃんの機嫌をとったり、あやしたり、あの手この手を使って泣き止ませようと必死になるものの、徒労に終わることも多いのです。

よく言われているように、赤ちゃんの肉体的な成長は、まさに一足飛び、で進みます。少しの間、成長が止まっても、その後いきなり、たった一晩で何ミリも背が伸びることもある。子供の脳は、どんどん大きくなっていく身体と同じスピードで成長している。ところが、親なら誰しも人生の最初の一年間は障害の多いいばらの道であることに気が付きます。ときには、幼い子供が、まるでスコットランド高原の春の一日のように変わりやすいものだと思うこともあるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加