スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の適応能力を育てる

投稿日:

木のぼりを始めたり、ジャングルジムの上に登って両手を離したりしたら、どのような親の態度が必要でしょうか。お母さんやお父さんは、すぐに「危ないからよしなさい」と大きな声を立てるのではないでしょうか。そうした声を出す前に、どのように冒険心を伸ばしたらよいかについて考えましょう。

そのことを考えたならば、子どもにとってよいチャンスが訪れたと思うべきです。そして、「がんばれ」と励ましを与えます。しかし、目を離してはなりません。危険が感ぜられれば、落ちてきたときのことを考えて、下で待ち受ける体勢をとることが必要です。

「だめ、だめ」と大きな声をあげても、つみ取ってしまった子どもに対しては、どうしたらよ
いでしょうか。それは、きちっと手をもって、もと咲いていたところへお返ししましょう。その花はすでにだめにはなっていますが、「もとに返す」ということを教えることになります。

適応の能力を育てることに役立つ

戸外での生活が多くなり、道端や公園に咲いている花をむしろうとしたときには、す早くその手をおさえることが必要です。そして、「よそのおじさんやおばさんもこれを見たいから、とってはいけないのノ」と教えましょう。

これは、「適応の能力」を育てることに役立つわけで、自発性を伸ばしながら、「適応の能力」をも育てることをいつも考えていてほしいのです。小さなけがは大きなけがを防ぐ子どもが危険だと思う遊びをしているときに、それを口先だけでとめようとしているお母さんやお父さんが余りにも多いのには驚きます。

子どもも、お母さんやお父さんが見てくれているということで、慎重に行動する。冒険が成功して降りてきたときには、「がんばったね」といってほめてあげましょう。それが、体力への自信になりますし、その成功感は次の冒険に挑戦する心を養い、その心は生活全体にゆきわたって、困難があってもそれを乗り越えようとする意欲をさかんにするものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

愛情のこもったスキンシップを与えるようにしよう

赤ちゃんがこの新しい世界で変化に適応し成長するためには時間が必要です。赤ちゃんは次第にあなたの体臭や体温に慣れ、あなたの声や抱き方にも親しんでくれます。あなたの胸の中で緊張が解きほぐれ、赤ちゃんは新た …

no image

赤ちゃんの寝付きが悪いことはありませんか?

赤ちゃんの寝付きが悪くはありませんか?赤ちゃんがひどく神経質になっている時は、以前ほど眠らないこともよくあります。寝室に連れて行ったとたんに、赤ちゃんが大声で泣き出すこともあるでしょう。そのため、とき …

no image

強制は子どもを抑圧する

六歳になるまで、非常に少食で、体重も十四キロという子どもを治療したことがあります、というある人。お母さんが食べさせることが多かったので、著を使う技術も習得していなかったからです。そこで、一年かかって食 …

no image

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいという言葉

長男の場合、一家の期待や親の願望を背負わされて、小さい頃から。勉強のできる優等生のいい子、でいることを強いられていることも少なくありません。長女なら弟妹たちのお世話やお母さんの手伝いなどを進んでしてく …