スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の適応能力を育てる

投稿日:

木のぼりを始めたり、ジャングルジムの上に登って両手を離したりしたら、どのような親の態度が必要でしょうか。お母さんやお父さんは、すぐに「危ないからよしなさい」と大きな声を立てるのではないでしょうか。そうした声を出す前に、どのように冒険心を伸ばしたらよいかについて考えましょう。

そのことを考えたならば、子どもにとってよいチャンスが訪れたと思うべきです。そして、「がんばれ」と励ましを与えます。しかし、目を離してはなりません。危険が感ぜられれば、落ちてきたときのことを考えて、下で待ち受ける体勢をとることが必要です。

「だめ、だめ」と大きな声をあげても、つみ取ってしまった子どもに対しては、どうしたらよ
いでしょうか。それは、きちっと手をもって、もと咲いていたところへお返ししましょう。その花はすでにだめにはなっていますが、「もとに返す」ということを教えることになります。

適応の能力を育てることに役立つ

戸外での生活が多くなり、道端や公園に咲いている花をむしろうとしたときには、す早くその手をおさえることが必要です。そして、「よそのおじさんやおばさんもこれを見たいから、とってはいけないのノ」と教えましょう。

これは、「適応の能力」を育てることに役立つわけで、自発性を伸ばしながら、「適応の能力」をも育てることをいつも考えていてほしいのです。小さなけがは大きなけがを防ぐ子どもが危険だと思う遊びをしているときに、それを口先だけでとめようとしているお母さんやお父さんが余りにも多いのには驚きます。

子どもも、お母さんやお父さんが見てくれているということで、慎重に行動する。冒険が成功して降りてきたときには、「がんばったね」といってほめてあげましょう。それが、体力への自信になりますし、その成功感は次の冒険に挑戦する心を養い、その心は生活全体にゆきわたって、困難があってもそれを乗り越えようとする意欲をさかんにするものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

説得されて教育されしぶしぶ覚えても生きがいを覚えない

説得されて教え込まれてしぶしぶ覚え、そのたびにつらい思いをしていたら、やがて生きていくこともつまらなくなっていきます。「なぜ生きていなきゃいけないの?」「なぜ大人になんなきゃいけないの?」としか思えな …

no image

親の子供に対する異常なまでの過保護

ある校長先生は、新任の先生に向かって、「校内ではけがをさせないようにしてほしい」といったそうです。自分の身にふりかかる面倒を避けようとしていったのでしょう。そこで、子どもたちが全力をあげて活動しようと …

no image

対話力の重要性を実感したある人のエピソード

改めて対話力の重要性を実感したある人のエピソードがあります。夕方になってキャンプファイヤーが始まった頃、ひとりの女の子が輪を抜け出して、若い男の先生のところにトコトコと近づいていくと、「先生、東京はど …

no image

子供を叱る親がその前にしなくてはいけないこと

子どもは大好きな人の言うことなら何でも聞き入れます。「〇〇しなさい!」「そんなことしちゃダメでしょー」と叱らなくても、ちゃんと言うことを聞こうと思うものです。ただしそうなるには「いつも自分は親から好か …

no image

子供が親の真似をするようになると

両親との関係が最も緊密なのは一歳半ころ一歳半を過ぎると、さらにお母さんの生活のまねをすることが多くなります。雑中をかけていると、どこからか布きれを見つけてきて、同じように拭くまねをしたりします。せきあ …