スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供に体験合宿をさせる

投稿日:

われわれの合宿は、小学生を対象としていましたが、合宿に持ってくる物については、できるだけお母さんが手を貸さないようにしてもらっていました、というある人。中には、あれもこれもとたくさん持ってくる子どももいましたが、重い思いをしただけ損をしたという体験をさせていました。衣類やそのほかの持ち物には名前を書いてもらいましたが、それも子どもに書かせるようにお母さんを指導していました。

できれば、一週間分の衣類などは、自分で見つくろうように、黙って見ていてほしいと、お母さんに頼みました。もし、合宿にきたときに足りないものがあれば、不自由をさせた上で、どうしても必要な物となれば、われわれが補ってあげることにしていました。不自由な体験は身にしみますから、次に準備をするときにはそれが大いに役立つわけです。

合宿中、飯ごう炊さんをしてもらい、ライスカレーを作るのですが、始めて何年かは、包丁を使わせませんでした。人参やじゃがいもの皮などは、全部大人がむいていたのです。しかし、それも練習が必要だと考えて、初めから終わりまで、子どもたちにやってもらうことにしました。

火をおこすために

一年生などは、下着に、背番号のように大きな字で自分の名前を書いている者がいましたが、自分で名前を書いた持ち物は、絶対に忘れものをしないのです。お母さんがせっせと仕度をしていたころは、実に忘れものが多く、散らかしてある衣類を拾って、「これはだれのかな?」ときいても、「ぼくんじゃない」などと知らぬ顔をしている子どもが多くあったのですが、それが数年後には実に少なくなりました。

お母さんには、合宿へくるまでに、包丁を使う練習をさせておいてほしいと頼んだのですが、第一回目のときは、一割五分の子どもがけがをしました。練習不足であったわけです。ところが、二回目と三回目になると、指にけがをした子どもがわずかに一、二名で、それも血がにじむ程度のけがでした。

火をおこすために、マッチをすることも、子どもたちにしてもらっていました。マッチのすり方を練習していない子どもは、軸木に火をもやすことを知りませんから、一箱使っても火がつきません。それも教えておかなければならないのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

生きる力、暮らす力などを身につける

「生きる力」に加えて、そこから派生するプラスの力が強く、大きくなっていけば、その次には社会の中で生きていく力、すなわち「暮らす力」というものも身についていきます。 「暮らす力」とは、 ・生活力(達成感 …

no image

子供の喧嘩を裁判のように裁いてはいけない

引っ込み思案の大きな原因は、親から過保護を受けたことにあるのです。子どものけんかには親が出るなーということは、くり返しくり返し叫ばなければなりません。 子どものけんかの原因は、ちょっと手がさわっただの …

no image

新生児は目が見えないと考えられていたが

少し前まで、科学者や医師たちは新生児の目が見えないと考えていましたし、今でもそう信じている人もいます。これはとんでもない間違いです。多くの母親はこの考え方に、ずっと反対してきましたが、後にそれが正しい …

no image

あなたの赤ちゃんが声を出すのが楽しいなら

ふつう、赤ちゃんは機嫌がよければ、ママとおしゃべりすることが何より大好きです。とりわけ、赤ちゃんが声を出してあなたの注意を引こうとする時にはそうです。たぶん、あなたはいつもより少し甲高い声で赤ちゃんに …

no image

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。 …