スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供に体験合宿をさせる

投稿日:

われわれの合宿は、小学生を対象としていましたが、合宿に持ってくる物については、できるだけお母さんが手を貸さないようにしてもらっていました、というある人。中には、あれもこれもとたくさん持ってくる子どももいましたが、重い思いをしただけ損をしたという体験をさせていました。衣類やそのほかの持ち物には名前を書いてもらいましたが、それも子どもに書かせるようにお母さんを指導していました。

できれば、一週間分の衣類などは、自分で見つくろうように、黙って見ていてほしいと、お母さんに頼みました。もし、合宿にきたときに足りないものがあれば、不自由をさせた上で、どうしても必要な物となれば、われわれが補ってあげることにしていました。不自由な体験は身にしみますから、次に準備をするときにはそれが大いに役立つわけです。

合宿中、飯ごう炊さんをしてもらい、ライスカレーを作るのですが、始めて何年かは、包丁を使わせませんでした。人参やじゃがいもの皮などは、全部大人がむいていたのです。しかし、それも練習が必要だと考えて、初めから終わりまで、子どもたちにやってもらうことにしました。

火をおこすために

一年生などは、下着に、背番号のように大きな字で自分の名前を書いている者がいましたが、自分で名前を書いた持ち物は、絶対に忘れものをしないのです。お母さんがせっせと仕度をしていたころは、実に忘れものが多く、散らかしてある衣類を拾って、「これはだれのかな?」ときいても、「ぼくんじゃない」などと知らぬ顔をしている子どもが多くあったのですが、それが数年後には実に少なくなりました。

お母さんには、合宿へくるまでに、包丁を使う練習をさせておいてほしいと頼んだのですが、第一回目のときは、一割五分の子どもがけがをしました。練習不足であったわけです。ところが、二回目と三回目になると、指にけがをした子どもがわずかに一、二名で、それも血がにじむ程度のけがでした。

火をおこすために、マッチをすることも、子どもたちにしてもらっていました。マッチのすり方を練習していない子どもは、軸木に火をもやすことを知りませんから、一箱使っても火がつきません。それも教えておかなければならないのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか、それらの能力をどのようにして身に付けたのか、これまで考えたことがあるでしょうか?私たちは子供の認識能力がその成長とともに改善され、変化していくことを知ってい …

no image

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいという言葉

長男の場合、一家の期待や親の願望を背負わされて、小さい頃から。勉強のできる優等生のいい子、でいることを強いられていることも少なくありません。長女なら弟妹たちのお世話やお母さんの手伝いなどを進んでしてく …

no image

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。 …

no image

子どもの気持ちは不安定-あなたが分かってあげよう

世の中はお父さんを元気づけたいという思いのほか、「パパに嫌われたくない」「パパとママがケンカしているのはボクのせいじゃないか」が渦巻ていたのだと思います。そのお父さんには「パパはママのことが大好きだ」 …

no image

赤ちゃんの休みない生命活動

誕生直後とはがらりと姿を変えた。この新たな世界は、赤ちゃんを悩ませます。その最初の反応は、離れたばかりの住み慣れた安全な場所、つまり母親の子宮の中に戻りたいという欲求なのです。 赤ちゃんは急にあなたに …