スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供と過ごす充実した時間を大切にしたいと思ったとしても

投稿日:

驚いたような眼差しであなたをじっと見つめながら、赤ちゃんもこんなことを考えているのかもしれせん。「ここは見たこともない何て不思議な世界なんだろう!」確かに、新生児にとって、この世界は見たこともない不悪議な感覚に満ちた驚くべき所かもしれません。

あなたが「子供と過ごす充実した時間」を大切にしたいと思ったとしても、赤ちゃんが機嫌よく遊んでくれる時や、気難しく扱いにくい時は前触れなくやってくる。生まれたばかりの赤ちゃんの顔を初めてのぞき込んで、あなたはそのちっぽけな脳の中でどんなことが起きているのか、考えたことがありますか?

光、音、物の動き、匂い、柔らかい皮膚に当たる感触など、まだ何一つ区別がつかないほど、鎌ちゃんには何もかもが目新しい世界です。お乳をいっぱいもらって、心地よい温もりの中、やさしい声であやされながら母親の胸で小さく身をすぼめ、まどろんでいる赤ちゃんは至福の喜びを感じているのでしょう。

赤ちゃんは身の周りの世界にゆっくり慣れる

生後五週日(約一カ月)までに、赤ちゃんは身の周りの世界にゆっくり慣れ親しんでいきます。この時期に、赤ちゃんはあなたとともに多くのことを学習し、身の周りの物や人について知識を増やしていくでしょう。その後、まもなく赤ちゃんは最初の成長のステップを迎えることになります。

ある時には、この世界がただ驚きに満ちあふれ、なぜこんなにも不幸に満ちた所なんだろうと思うこともあるかもしれません。湿気、寒さ、飢え、騒音、まぶしい光など、耐え難い感覚に対して、赤ちゃんは大声で泣いて反応することしかできません。

生後五週目の赤ちゃんがどんな感覚をもっているのかを知るためには、その時期の赤ちゃんの世界がどんなものであるのかを理解しなければなりません。それに、赤ちゃんが新たな世界に挑戦することを手助けするために、スキンシップがどれほど大切で役に立つものかを知っておく必要もあるでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

喧嘩のできない子ども

自発性の発達していない子どもは、お友だちと遊ぶことを喜びませんし、お友だちもそのような子どもと遊んでも面白くないので、遊ばなくなってしまいます。それは、いたずらをしないからです。子どもが何人か集まると …

no image

自分は幸せだと思う人は幸せになれる

自分を幸せだと思っている人は、さまざまなことに「有難い」と思うことができます。例えば家計の収入が減ってしまって暮らしが苦しくなったとき、「難有り」と思う人は、「子どもを私立の学校に行かせようと思ってい …

no image

赤ちゃんは生まれつき人の声に興味をもっている

赤ちゃんは生まれつき人の声に興味をもっていて、それを聞くと心に安らぎを感じる。一般に、赤ちゃんは子宮内で慣れ親しんできたような環境に喜びを感じるといわれています。ですから、母親が妊娠中にいつも騒がしい …

no image

子どもの食欲やからだの発育発達の「個性」を大切にすること

子どもの食欲やからだの発育の「個性」を大切にすることが必要です。子どものからだの発育の「個性」は、大きい子もあり小さい子もあり、太っている子もありやせている子もあり、さまざまな発育となって現われます。 …

no image

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣 …