スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供と過ごす充実した時間を大切にしたいと思ったとしても

投稿日:

驚いたような眼差しであなたをじっと見つめながら、赤ちゃんもこんなことを考えているのかもしれせん。「ここは見たこともない何て不思議な世界なんだろう!」確かに、新生児にとって、この世界は見たこともない不悪議な感覚に満ちた驚くべき所かもしれません。

あなたが「子供と過ごす充実した時間」を大切にしたいと思ったとしても、赤ちゃんが機嫌よく遊んでくれる時や、気難しく扱いにくい時は前触れなくやってくる。生まれたばかりの赤ちゃんの顔を初めてのぞき込んで、あなたはそのちっぽけな脳の中でどんなことが起きているのか、考えたことがありますか?

光、音、物の動き、匂い、柔らかい皮膚に当たる感触など、まだ何一つ区別がつかないほど、鎌ちゃんには何もかもが目新しい世界です。お乳をいっぱいもらって、心地よい温もりの中、やさしい声であやされながら母親の胸で小さく身をすぼめ、まどろんでいる赤ちゃんは至福の喜びを感じているのでしょう。

赤ちゃんは身の周りの世界にゆっくり慣れる

生後五週日(約一カ月)までに、赤ちゃんは身の周りの世界にゆっくり慣れ親しんでいきます。この時期に、赤ちゃんはあなたとともに多くのことを学習し、身の周りの物や人について知識を増やしていくでしょう。その後、まもなく赤ちゃんは最初の成長のステップを迎えることになります。

ある時には、この世界がただ驚きに満ちあふれ、なぜこんなにも不幸に満ちた所なんだろうと思うこともあるかもしれません。湿気、寒さ、飢え、騒音、まぶしい光など、耐え難い感覚に対して、赤ちゃんは大声で泣いて反応することしかできません。

生後五週目の赤ちゃんがどんな感覚をもっているのかを知るためには、その時期の赤ちゃんの世界がどんなものであるのかを理解しなければなりません。それに、赤ちゃんが新たな世界に挑戦することを手助けするために、スキンシップがどれほど大切で役に立つものかを知っておく必要もあるでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が好きでない親によって心は冷たく閉ざされていく

肌のふれ合いは、実は、子ども好きかどうか、子どものためにその気持をよく汲んで可愛がるかどうかにかかっているといえましょう。それは、子どものためには、自分のしたいこともがまんするという「思いやり」の心と …

no image

良い子で素直で申し分のないお子さん

子どもの心には、いたずらをしたい、自分の思ったことはいいたいという欲求がある。その欲求に従って行動することが、本当の意味での(内面的な)すなおです。このことをよく知っていないと、カッコばかりの「よい子 …

no image

上の子と下の子の間に差別がないようにする

上の子と下の子を育てるときのお母さんの意識のちがいが、それぞれの子どもの人格形成に影響を及ぼしている。ですから、「同じように育てているのに」という言葉は全く当らない。上の子のときには、甘やかしてはなら …

no image

他人の赤ちゃんを抱っこしてみて下さい

どの赤ちゃんもその姿形が違うように、性質や特徴もそれぞれ異なっています。もし母親が許してくれるなら、他人の赤ちゃんを腕に抱き上げてみて下さい。どこか違う感覚を味わうはずです。そして、赤ちゃんがあなたの …

no image

対話力の重要性を実感したある人のエピソード

改めて対話力の重要性を実感したある人のエピソードがあります。夕方になってキャンプファイヤーが始まった頃、ひとりの女の子が輪を抜け出して、若い男の先生のところにトコトコと近づいていくと、「先生、東京はど …