スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供と過ごす充実した時間を大切にしたいと思ったとしても

投稿日:

驚いたような眼差しであなたをじっと見つめながら、赤ちゃんもこんなことを考えているのかもしれせん。「ここは見たこともない何て不思議な世界なんだろう!」確かに、新生児にとって、この世界は見たこともない不悪議な感覚に満ちた驚くべき所かもしれません。

あなたが「子供と過ごす充実した時間」を大切にしたいと思ったとしても、赤ちゃんが機嫌よく遊んでくれる時や、気難しく扱いにくい時は前触れなくやってくる。生まれたばかりの赤ちゃんの顔を初めてのぞき込んで、あなたはそのちっぽけな脳の中でどんなことが起きているのか、考えたことがありますか?

光、音、物の動き、匂い、柔らかい皮膚に当たる感触など、まだ何一つ区別がつかないほど、鎌ちゃんには何もかもが目新しい世界です。お乳をいっぱいもらって、心地よい温もりの中、やさしい声であやされながら母親の胸で小さく身をすぼめ、まどろんでいる赤ちゃんは至福の喜びを感じているのでしょう。

赤ちゃんは身の周りの世界にゆっくり慣れる

生後五週日(約一カ月)までに、赤ちゃんは身の周りの世界にゆっくり慣れ親しんでいきます。この時期に、赤ちゃんはあなたとともに多くのことを学習し、身の周りの物や人について知識を増やしていくでしょう。その後、まもなく赤ちゃんは最初の成長のステップを迎えることになります。

ある時には、この世界がただ驚きに満ちあふれ、なぜこんなにも不幸に満ちた所なんだろうと思うこともあるかもしれません。湿気、寒さ、飢え、騒音、まぶしい光など、耐え難い感覚に対して、赤ちゃんは大声で泣いて反応することしかできません。

生後五週目の赤ちゃんがどんな感覚をもっているのかを知るためには、その時期の赤ちゃんの世界がどんなものであるのかを理解しなければなりません。それに、赤ちゃんが新たな世界に挑戦することを手助けするために、スキンシップがどれほど大切で役に立つものかを知っておく必要もあるでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供に体力をつけさせるには体を張った遊びをさせること

子どもの体力をつけることを考えるならば、崖に挑戦するといった工夫をしてほしいのですが、お父さんにもそのような工夫をするだけの気力がないのかも知れません。何かにつけて楽をしようという考えのお父さんではな …

no image

母親が子供の栄養について配慮する場合

栄養について配慮しているお母さんであれば、身長や体重は気にする必要がない。それは、個々の子どもによってちがった発育をするからです。たくさん食べて、よく太る子どももあれば、余り太らない子どももいますし、 …

no image

家庭外でつらい思いをすることがあっても

子どもたちは、家庭外でつらい思いをすることがあっても、家庭の中に一歩足をふみ込むと、心が暖まります。そして、外でのつらい体験も、いつの間にか解消してしまうでしょうし、外でのつらい体験に挑戦しようという …

no image

三歳から四歳にかけてのしつけのポイント

三歳から四歳にかけて年齢は、自分の欲望ばかりいい張らずに、大人の要求をきき入れる部分が多くなってきます。その点で、このころにお友だちと接触する機会を与えることが必要になります。お友だちを与えてみますと …

no image

両親で話し合いをしているか?

話し合いの伝統がなかったわが国の過去の歴史から考えますと、さて話し合いをーとなると、水くさかったり、どのようなことから話し合いを行ったらよいかわかを感ずる方も少なくないと思います。その点で欧米の家庭の …