スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供に失敗を体験させよう

投稿日:

子供に失敗の体験をさせよう。もし、破損しそうになったときには、「こうすればこわれないよ」といって、その扱い方を教えます。そのとき、いっしょに手を添えて教えることもよいでしょう。しかし、それにも耳を貸さず、その物をこわしそうになったときには、「ママの大事な物」といって、それを取り上げましょう。

子どもにとって強く興味をひく物を手にしたときには、「大事よ」といってきかせても、それを手から離そうとはしない。そのときには、大切に扱うことを教えましょう。「ママの大事な物よ」といい続けていると、子どもの行動は慎重になるものです。

「いたずら」による物の破壊は、とかく経済的な理由から禁止することが多いものです。ですから、経済的に許せる物であれば、乱暴な扱いをすればこわれる物があることを教えることも大切です。

子どもは泣くかも知れません。泣いても、かなりの程度まで探索欲求を満たしたのですから、お母さんの努力の甲斐があったとみてよいでしょう。また、「いたずら」にも限度があることを教えることにもなります。

障子などを破いたときには

障子などを破いたときには、それを貼ることを教えましょう。何回か同じことをくり返しているうちに、お母さんが大事にしている物は、大事にしようという気持が育ってきます。大きな声で叱っているお母さんの子どもには、そうした気持が育ちませんから、次から次へといたずらをされ、しょっちゅう大声を立てていることになるでしょう。

こわすという失敗の体験をさせることによって、その物に対する扱い方を教えていくーという方法がある。マジックなどで、裸や畳などにいたずら描きをすることがあります。あっーという間に描かれてしまうので、「大事、大事」などといっている暇がないでしょう。

そのときに、大きな声を出したり、お尻を叩いても、子どもは、恐怖からそれをしなくなるだけで、そこに描いてはいけないのだということの意味はわかりません。そこで、「ここに描いてはママが困るの。いっしょにきれいにしましょうね」といって、ベンジンなどで拭きとることをしましょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

家庭外でつらい思いをすることがあっても

子どもたちは、家庭外でつらい思いをすることがあっても、家庭の中に一歩足をふみ込むと、心が暖まります。そして、外でのつらい体験も、いつの間にか解消してしまうでしょうし、外でのつらい体験に挑戦しようという …

no image

お母さんは大切な時間を小言でつぶしてしまわないようにしましょう

一緒にいる時間が少ないと、一緒にいるときにあれもこれもとワアワア言いたくなるかもしれませんが、せっかくお母さんと過ごせる大切な時間をお小言でつぶしてしまっては残念です。子どもも悲しくなりますし、心に満 …

no image

失敗を恐れた母親がそれを克服

自分の子どもがちゃんとしている子に見えるように、がんばって見栄を張ってしまう。もちろんがんばって見栄を張ることも人生において必要なときはあります。でも子育てで見栄を張る必要はまったくありません。大人に …

no image

赤ちゃんのイタズラをどこまで許すか?

おばあちゃんに育児をお願いすることはあっても、あくまでもお母さんが育児の責任を持つという姿勢が大切です。そして、おばあさんも、母子の関係がしっかり結びつくように、お母さんを援助してほしいです。 おばあ …

no image

赤ちゃんはいつも同じ物を見て退屈しています

赤ちゃんは生まれて初めて、同じオモチャ、同じ景色、同じ音、布や物質の同じ感触、同じ味覚などにうんざりする。赤ちゃんはさまざまな変化が好きで、そこから多くのことを学び取るのです。もし、赤ちゃんが退屈して …