スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供を叱ってもきかない・直らない場合

投稿日:

叱っても直らず、ほとほと困り果てている親御さんたちのご様子が伝わってきて、改めて子どもを育てることの大変さを思います。でも親にとっての子どもの困った行動には、すべて理由があるものです。その理由を考えていかなければ、問題の解決には至りません。お友達に乱暴する、すぐにかんしゃくを起こす、ダダをこねてわがままばかり言う、わざと親が困るようなことをして見せる、下の子をいじめる、たくさんウソをつく・・このような子どもの行動に対して、親としてどうしたらよいかと考えている親の方が多くいます。

なぜそうするのかを考えるということをしてあげないため、いつまで経っても状況は変わらず、最後には叱りつけることで押さえ込んでしまうという悪循環を繰り返す方がほとんど。子どもが見せる問題行動には、すべて何かしらの原因と理由があります。

子どもが何かをやらかしたとき、大半の親は起こっている事柄、子どもがしてしまった事柄だけを見て「どうしたらいいか」と思い悩んでしまいます。皆さん、目の前に見えることにだけ注目してしまい、その背景にあるものを見ない。なんでそうなのか、どうしてこの子がそういうことを起こすのかを考えようとなさらないのです。

理由がわからなければ

理由がわからなければ子どもに聞いて教えてもらえばいいのです。「何か気に入らないことがあるのかな?」「どうしてほしい?」「ママは何をしてあげればいいのかな、教えて?」と問いかければ、子どもは「これが嫌だった」「こうしたい」「こうしてほしい」とちゃんと教えてくれます。

上の子が下の子をいじめるのは「弟や妹ばかりかわいがられている」という思いを抱えているからだったり、すぐにかんしゃくを起こしてキレるのは子どもなりに何かを我慢しているからだったりと、必ず何かしらの理由があるのです。ですから、なぜそうするのかを考えていけば、「下の子ができて寂しかったんだな」、「母親である私のいろいろな心配事を子どもなりに察知して心配をかけないように我慢してくれていたんだな」と、理由になるものが見えてくるはずです。

それをそのとおりにしてあげればよいのです。子どもの行動や態度の背景にあるものにしっかりと目を向け、子どもの心を慮ることを一番にしてあげれば、多くの問題は片づいてしまいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよ …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …

no image

赤ちゃんが母親の声などに興味を示すようになると

一般に、新生児はエンジンがブルブル鳴る音やドアがギシギシきしむ音、鳥のさえずり、木の葉がサラサラ鳴ったり、笛がピューと鳴る音など、さまざまな種類の音にとても興味をもっています。また、人間の声にも大きな …

no image

幼児を対象とした音楽教室で子どもの心理について理解していない

子どもに共感できなくては、本当の教育はできませんし、レッスンを強制することになってしまいます。そのような先生が少なくないのです。これでは、情操を高めることはできなし、かえって情緒の不安をおこさせてしま …

no image

一年生ママにとってつらい時期

「ミルクが足りないのかしら?どこか体の具合が悪いの?私が何かまちがったことをしたのかしら?おむつが濡れているのかな?抱いてあげると泣き止むところをみると、抱き癖がついたのかしら?」誰しもこのような疑問 …