スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供を叱る親がその前にしなくてはいけないこと

投稿日:

子どもは大好きな人の言うことなら何でも聞き入れます。「〇〇しなさい!」「そんなことしちゃダメでしょー」と叱らなくても、ちゃんと言うことを聞こうと思うものです。ただしそうなるには「いつも自分は親から好かれている」という喜びの気持ち、心からの安心感が子どもの中にあることが大前提です。

罪悪感と不安しかなければ何かを考える力も生まれてこなくなります。自分を律する力、判断する力、行動力、思いやりといったものももてなくなります。明るさも失われていきます。わが子をいい子に育てたい、立派になってほしいと願う親の気持ちとは、どんどん逆の方向に向かっていってしまう。

叱る前にまず親が与えてあげなくてはいけないのが、ほかならぬこの「喜び」と「安心感」なのです。では喜びと安心感を子どもの中に根付かせていくために必要なもの、とても大切になるものとは何でしょう?それは「子どもが親に何の気兼ねもせず、自然に、存分に甘えられる」状況が満たされていることです。

十分に子どもを甘えさせてあげれば

十分に子どもを甘えさせてあげれば、ガミガミ叱らなくても「これはこうしょうね」と言うだけで子どもはちゃんと理解し、聞き分けてくれるようになります。小さいうちから、気絶するほどたっぶりとほめられ、甘えられて育ってきた子は、思考力も発達していきます。親の言うことがよくわかりますから、ガミガミ言わなくても聞き分けのいい子になっていきます。

お母さんたちはよく「聞き分けがないから子どもを叱るのです」とおっしゃるのですが、聞き分けがないのは間違いなく十分に甘えさせてあげていないからなのです。甘えさせてからしつけをしていくという順番を間違えて、いきなり最初から「ダメでしょー」「何やっているのー」と叱ってきてしまったために、子どもの間き分けがなくなっていってしまうのです。

その子の今の姿、思いをそのまま受け入れず、無事に生きていることへの感謝を忘れ、存在を賛美もせず、ただ何をさせょう、知らせよう、〇〇をできるようにさせようとしてばかりいるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自己主張ができない子供

自発性の発達については、一~三歳のいたずら時代が、二~四歳の第一反抗期が必要ですし、四~六歳の友人形成期に次いで、七〜九歳のギャングエイジおよび中間反抗期を経過することが必要です。そして、思春期に入っ …

no image

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいという言葉

長男の場合、一家の期待や親の願望を背負わされて、小さい頃から。勉強のできる優等生のいい子、でいることを強いられていることも少なくありません。長女なら弟妹たちのお世話やお母さんの手伝いなどを進んでしてく …

no image

親ってなんだろう

親になろうとしている者にはその前に、必ず国家試験をすべきだーと主張している人がいた。国家試験をして、合格したものに、親になる資格を与える。その例として、「一歳から三歳の間の子どもの行動の特徴をあげなさ …

no image

子どもの食欲やからだの発育発達の「個性」を大切にすること

子どもの食欲やからだの発育の「個性」を大切にすることが必要です。子どものからだの発育の「個性」は、大きい子もあり小さい子もあり、太っている子もありやせている子もあり、さまざまな発育となって現われます。 …

no image

赤ちゃんが物をつかむ最初の試みは失敗する

赤ちゃんが物をつかもうとする最初の試みは失敗します。でも、赤ちゃんのそんな努力をほめてあげ、できるだけ手を貸してあげて下さい。飽きずに動かしている手で簡単につかめるようなオモチャを置いてあげましょう。 …