スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供を叱る親がその前にしなくてはいけないこと

投稿日:

子どもは大好きな人の言うことなら何でも聞き入れます。「〇〇しなさい!」「そんなことしちゃダメでしょー」と叱らなくても、ちゃんと言うことを聞こうと思うものです。ただしそうなるには「いつも自分は親から好かれている」という喜びの気持ち、心からの安心感が子どもの中にあることが大前提です。

罪悪感と不安しかなければ何かを考える力も生まれてこなくなります。自分を律する力、判断する力、行動力、思いやりといったものももてなくなります。明るさも失われていきます。わが子をいい子に育てたい、立派になってほしいと願う親の気持ちとは、どんどん逆の方向に向かっていってしまう。

叱る前にまず親が与えてあげなくてはいけないのが、ほかならぬこの「喜び」と「安心感」なのです。では喜びと安心感を子どもの中に根付かせていくために必要なもの、とても大切になるものとは何でしょう?それは「子どもが親に何の気兼ねもせず、自然に、存分に甘えられる」状況が満たされていることです。

十分に子どもを甘えさせてあげれば

十分に子どもを甘えさせてあげれば、ガミガミ叱らなくても「これはこうしょうね」と言うだけで子どもはちゃんと理解し、聞き分けてくれるようになります。小さいうちから、気絶するほどたっぶりとほめられ、甘えられて育ってきた子は、思考力も発達していきます。親の言うことがよくわかりますから、ガミガミ言わなくても聞き分けのいい子になっていきます。

お母さんたちはよく「聞き分けがないから子どもを叱るのです」とおっしゃるのですが、聞き分けがないのは間違いなく十分に甘えさせてあげていないからなのです。甘えさせてからしつけをしていくという順番を間違えて、いきなり最初から「ダメでしょー」「何やっているのー」と叱ってきてしまったために、子どもの間き分けがなくなっていってしまうのです。

その子の今の姿、思いをそのまま受け入れず、無事に生きていることへの感謝を忘れ、存在を賛美もせず、ただ何をさせょう、知らせよう、〇〇をできるようにさせようとしてばかりいるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

最初の子どもの育児はお母さんにとっては最初の経験

最初の子どもの育児は、お母さんにとっては最初の経験ですから、どうしても不安がつきまといます。お母さんの口から、「同じように育てているのに、どうしてきようだい間で性質がちがうのでしょうか」といった質問が …

no image

幸せに生きるための宇宙からいただいた法則

あなた自身は満ち足りていますか?自分の子育てに自信がもてない、子どもとうまく関わっていくことができないというお母さんの中には、育ってくる過程の中で、ご自身も愛された実感がもてていないという方がいらっし …

no image

子供の存在を否定しないでほめ讃えてあげること

何かができたときだけ「よくできました」「これができたなんていい子だね」。評価の世界の話です。今は何かができたりできなかったり、何かの条件を満たしたときにだけほめる方が多いように感じます。でもこれは間違 …

no image

自発性のないお母さんは

働いている夫に対して、「思いやり」を持つ必要はありますが、一日も早く、家庭を大切にする社会の風潮を作ることが大切です。それには、どうしても夫婦の間の話し合いの時間をどこかに作り上げる努力から始めなけれ …

no image

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。 …