スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

投稿日:

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場合がある。しょっちゅうガミガミと叱られていたり、夫婦関係がうまくいっていなくて家庭の中に安心した空気がなかったり、いつも自分は粗末にされている、と耐え続けていた場合、子どもは必ずこうした行動を取るようになります。

まずはなぜそんなことをするのかを考えていくことを大切にしてみてください。わざと大人が困るようなことをしたら?わざと大人が困るようなことをするというのは、愛情を試す行為です。親は自分をどのくらい受け入れてくれているか、自分に対してどういう態度を取るかを試したくてわざとやるのです。

これは「自分を認めてほしい」「自分を大事にしてほしい」「自分を好いてほしい」「自分を信じてほしい」といった心が育つ要素を求めているのですから、とことん「あなたのことが大好き」「宝物よ」「いつでもあなたの味方だからね」と言い続けてあげればやらなくなっていきます。

芽が小さいうちに心の不満を取り除く

芽が小さいうちに心の不満を取り除き、「お母さんは心からあなたのことが大好きなのよ」「生まれてきてくれて本当にうれしいの」と言って、たくさん抱きしめてあげてください。「好き、味方、大事、宝物」という言葉でたっぷりと甘えさせてあげることで、悪さはしなくなっていきます。

困った行動をやめさせようとして叱れば叱るほど反抗し、行動もエスカレートしていきます。それを続けていけば、「これでもか」「これでもか」と悪さの程度が増して、周りからもっと攻撃されるようになり、復讐心で凝り固まって、最悪の場合は取り返しのつかないことになる可能性もあります。

また、ウソをついたときウソとは子どもの防衛策、知恵です。子どもがウソをつくのは、「ウソをついて親を困らせてやろう」と思ってするのではなく、仕方なくそうしている場合が多いのです。とくに就学前の幼児期の子どものつくウソは、ウソと呼ぶには大げさ過ぎます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんはさまざまな感覚を使って新しい能力を身に付ける

赤ちゃんは、さまざまな感覚を使って、一連の新しい能力を身に付けようとする赤ちゃんもいれば、もっぱら日に見える世界で何か新しい物を探し出そうとする赤ちゃんや、コミュニケーションの能力を試そうとする赤ちゃ …

no image

赤ちゃんの新しい仕草や行動に注意して下さい

生後八週目(約二カ月)ぐらいになると、脳レベルでの大きな変化、は赤ちゃんが初めて、何らかの単純な形を認識することを可能にする。例外なく大きな変化、が現われる最初の扱いにくい困難な時期が過ぎ去ったら、赤 …

no image

子供の冒険心の現われというべき行動

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上 …

no image

エリートコースで外面的には順風に見えても

現在の世の中は、物質的な豊かさを求める人間を増加させていますし、それがエリートコース(学歴偏重)と結びつき、それなるが故に、よいといわれている学校に入れたい親の気持に拍車をかけ、知的能力ばかりにこだわ …

no image

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。 …