スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの生活の問題

投稿日:

それは、私の方法を始めて三カ月ほどたったころでした、というある専門家。その間の辛抱は大へんなものでした。それと同時に、その子どもの生活全般にわたって、口を出さない、手を貸さないーつまり「まかせる」ことを始めました。

お母さんを励ましているうちに、少しずつ自分で食事をするようになり、「もう少し量をふやして」と自分からいい出すようになりました。食事に対する自発性が現われるとともに、食欲が回復し始めたのです。

体重も増加してきたことはいうまでもありません。そして、一年間の経過を経て、食事には問題のない子どもに変りましたし、お友だちと活発に遊ぶようになりました。体重も少なく身長も低い方でありましたが、これは発育の「個性」というべきものです。

同時に食欲もかなりよくなる

生活習慣は一時めちゃめちゃにくずれてしまいました。顔も洗わないし、歯も磨かないし、一日パジャマを着ているといったこともありましたが、六カ月を経たころから、自分から進んで生活を整え始め、同時に食欲もかなりよくなり、「お腹がすいた」などといって、催促をするようにさえなったのです。

この子どもは、未熟児として生まれましたし、生まれつき食欲のない子どものように思えましたが、人間には本来備わっている食欲は、はっきりと現われてきたのです。このことは、食欲に限りません。知的能力についてもいえますし、社会性についてもいえます、むりにお友だちと遊ばせようとしても、決してうまく遊べるものではなく、かえってお友だちと遊ぶことに対して興味を失ってしまうものです。この例を引き合いに出したのは、子どもの能力を引き出すには、決して強制してはならこと、強制はかえってその子どもの能力を抑圧してしまうことを知っていただきたかったのです。

そうなると、どのようにして子どもに「興味と関心」が起きるかについて、子どもの側に立っていろいろと工夫する必要があるわけです。この「興味と関心」という言葉は、幼稚園教育の中でも、非常に大切にされていることなのです。「興味と関心」が起きれば、子どもはその対象に心を入れて取り組むようになるからです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している

生後一年の間、適切な手助けと励ましを与えてやれば、何かと要求の多い赤ちゃんは将来、優等生になる可能性もあります。静かでおとなしい赤ちゃんは、あまり母親の注意を引きませんから、見過こされることも多くなり …

no image

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。 …

no image

言葉は道具である

プロセスをほめたりしたら、「がんばったし、お母さんもほめてくれたからいいや」と向上を目指さなくなるのでは?なんて心配する必要はありません。お母さんからのほめ言葉は、どんなときでも子どもにとって大きなエ …

no image

人生は喜びに満ちていると子どもに教えてあげましょう

親である自分も、そしてわが子もせっかくこの世に生まれたのです。一回限りの人生を生きているということを思えば、どうせなら楽しく喜びに満ちた人生を生きていきましょう。子どもにも楽しく喜びに満ちた人生を生き …

no image

子供の意欲-危険に挑戦しようとする気持ち

お母さんやお父さんは、けがをされては困るという気持から、子どもの冒険をとめるでしょうが、冒険によって生ずる小さなけがは、大きなけがを防ぐのに役立ちます。このことは二十年余りにわたって実施してきたわれわ …