スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの思いを無視され十分に甘えられることなく育った場合

投稿日:

子どもの思いを無視し、十分に甘えられることなく育ち、心が満ち足りている状態を経験してこなかった子は、言葉には出さなくても「愛してもらってこなかった」という愛情飢餓感や親への恨みつらみを抱えていきやすくなります。

長い年月をかけて心の中にたまっていつたものを、見知らぬ人たちに向けてまで吐き出していかなければ自分を保てないところまで追い詰められていた。聞いた話ですが、その方がある公共施設の前を通りかかったとき、三十代ぐらいの男性が、年配の男性と女性を脇に立たせて、道行く人に向かって大声で何かを訴えていたそうです。その訴える内容を聞いて思わずギョッとしてしまったと話してくれました。

「オレをここまで追い詰めたのはこいつらです。だから自分は殺す資格があると思っています。皆さんはどう思いますか?」と叫んでいたのです。その三人は親子で、三十代の男性は息子でした。大勢の道行く人の前に両親を立たせ、「自分はこの人たちを殺したいと思っているんです!」。

憎しみを抱いて過ごしてきたことは

ここまでの憎しみを抱いて過ごしてきたことは、ご本人にとってさそっらいことだったと思います。子どもにこのような形で憎しみをぶつけられる親もつらいでしょうが、抱えているつらさ、苦しさということでいえば、子どもである男性のほうが何倍、何十倍も大きいはずです。

そもそも、そんなふうにいつもガミガミ叱ってばかりの親を好きになれる子はいるでしょうか。「これをやろう」と考える力ももてません。常にガミガミ言われ続けている子は常にこうした心の状態であり続けることになります。

たとえ親が、子どもを愛していると思っていても、ガミガミ言われている間、子どもの心の中には「嫌だな、嫌だな、嫌だな」という思い、「怒られて悔しい」という気持ちしかありません。ささくれ立った気持ちが収まるまでは他のことをやる気力も意欲ももてなくなります。心の中のコップが黒いドロドロとしたもので満たされてしまいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …

no image

成功するために失敗を体験させることも大事

もし、子どもがそば屋さんのまねをしていて食器を落としてこわしてしまったとしたら、どのように扱ったらよいでしょうか。そのような冒険心の現われに喜びを感じている両親であれば、そば屋さんの持ち方ができるよう …

no image

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか、それらの能力をどのようにして身に付けたのか、これまで考えたことがあるでしょうか?私たちは子供の認識能力がその成長とともに改善され、変化していくことを知ってい …

no image

子供に愛情が伝わらない

大きな愛情があるのに、それをしっかり子どもに伝えてあげられないのは何が原因なのでしょうか。やはり、最近のお母さんたちのゆとりのなさに一因があると考えます。社会の価値観が変わり、より成果主義、結果主義に …

no image

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘 …