スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの思いを無視され十分に甘えられることなく育った場合

投稿日:

子どもの思いを無視し、十分に甘えられることなく育ち、心が満ち足りている状態を経験してこなかった子は、言葉には出さなくても「愛してもらってこなかった」という愛情飢餓感や親への恨みつらみを抱えていきやすくなります。

長い年月をかけて心の中にたまっていつたものを、見知らぬ人たちに向けてまで吐き出していかなければ自分を保てないところまで追い詰められていた。聞いた話ですが、その方がある公共施設の前を通りかかったとき、三十代ぐらいの男性が、年配の男性と女性を脇に立たせて、道行く人に向かって大声で何かを訴えていたそうです。その訴える内容を聞いて思わずギョッとしてしまったと話してくれました。

「オレをここまで追い詰めたのはこいつらです。だから自分は殺す資格があると思っています。皆さんはどう思いますか?」と叫んでいたのです。その三人は親子で、三十代の男性は息子でした。大勢の道行く人の前に両親を立たせ、「自分はこの人たちを殺したいと思っているんです!」。

憎しみを抱いて過ごしてきたことは

ここまでの憎しみを抱いて過ごしてきたことは、ご本人にとってさそっらいことだったと思います。子どもにこのような形で憎しみをぶつけられる親もつらいでしょうが、抱えているつらさ、苦しさということでいえば、子どもである男性のほうが何倍、何十倍も大きいはずです。

そもそも、そんなふうにいつもガミガミ叱ってばかりの親を好きになれる子はいるでしょうか。「これをやろう」と考える力ももてません。常にガミガミ言われ続けている子は常にこうした心の状態であり続けることになります。

たとえ親が、子どもを愛していると思っていても、ガミガミ言われている間、子どもの心の中には「嫌だな、嫌だな、嫌だな」という思い、「怒られて悔しい」という気持ちしかありません。ささくれ立った気持ちが収まるまでは他のことをやる気力も意欲ももてなくなります。心の中のコップが黒いドロドロとしたもので満たされてしまいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子どもの生活の問題

それは、私の方法を始めて三カ月ほどたったころでした、というある専門家。その間の辛抱は大へんなものでした。それと同時に、その子どもの生活全般にわたって、口を出さない、手を貸さないーつまり「まかせる」こと …

no image

あなたなら大丈夫とやることを受け入れてもらっている子は

何をしても「あなたがしていることは正しいのよ」「あなたなら大丈夫よ」とやることを受け入れてもらっている子は、相手の気持ちも受け入れることができるようになります。ときに悪さをして叱られても、素直に受け止 …

no image

他人の赤ちゃんを抱っこしてみて下さい

どの赤ちゃんもその姿形が違うように、性質や特徴もそれぞれ異なっています。もし母親が許してくれるなら、他人の赤ちゃんを腕に抱き上げてみて下さい。どこか違う感覚を味わうはずです。そして、赤ちゃんがあなたの …

no image

口達者で頭のよい子供に見えても

近ごろの子どもを見ていますと、三角形が逆になっています。逆三角形です。つまり、ものはよく知っていますし、口は達者なので、頭のよい子のように見えますが、自発性の発達がおくれており、情緒は不安定なのです。 …

no image

赤ちゃんの歩き始めの時期

どんな子供でも、ほぼ同じ月齢になると、この扱いにくい時期、が訪れます。その時期の始まりについては、一、二週間の誤差はありますが、それが必ず訪れることだけは確かです。一年後、赤ちゃんが自分で歩き始めた頃 …