スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が二歳半を過ぎると

投稿日:

二歳半を過ぎますと、両親に対する態度に変化が現われます。両親の関心を集めようとして、さかんにしゃべりかけてきたり、両親に対して大げさに甘えたりしますが、お母さんがなにか世話をしようとすると、「ひとりでする」といって拒否したり、お父さんとお母さんが話をしていると、お父さんに遠慮する様子が見られるようになります。

二歳半を過ぎると友だちを求める二歳から二歳半にかけては、お母さんのひざにのって、絵本を読んでもらったりお話を聞いたりすることを楽しみます。父さんといっしょに乱暴な遊びをすることも好きで、それを何度でも要求するので、ついに音をあげてしまうお父さんもいるでしょう。また、後片づけは、子どもにとっては遊びそのものです。それにあきると、途中であっても、さっさとやめてしまい、お母さんが注意をしてもききません。お父さんとの遊びも大好きです。

寝床に入るときには、お母さんかお父さんに、そばにいてほしいと注文しますし、絵本などを読んでもらいたがります。うこのころから、友だちを求め始めます。しかし、子どもが大勢いると、それを眺めていることの方が好きです。しかし、慣れてくると、ほかの子どもの後を追いかけたり、ほかの子どものまねをして遊ぶことを楽しみます。

さかんに「見て、見て」といって注文

積木を積んだり、クレヨンでぬたくりを描いたときに、さかんに「見て、見て」といって注文し、うるさいくらいです。また、お父さんのまねをして、お金をポケットに入れたり、タバコにも興味を示し、ライターなどを持ち歩いたりしますので、注意が必要です。

三歳過ぎはごっこ遊び三歳を過ぎると、全体的に行動が落ちつき、日常の生活習慣が身についてきますので、扱いやすくなります。好きな友だちができ始め、ごっこ遊びがさかんになります。友だち関係が急速に進んでいることがわかります。ですから、この年齢で幼稚園に入れることは、非常に意義が大きいのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんはさまざまな感覚を使って新しい能力を身に付ける

赤ちゃんは、さまざまな感覚を使って、一連の新しい能力を身に付けようとする赤ちゃんもいれば、もっぱら日に見える世界で何か新しい物を探し出そうとする赤ちゃんや、コミュニケーションの能力を試そうとする赤ちゃ …

no image

子供と休日にお出かけする際に車を使わない

サービスという形をとる場合には、運転者としてのお父さんは疲れるばかりで、そうしたサービスは永続きはしません。ついには、お父さんだけがレジャーを楽しみ、お母さんや子どもたちは家にごろごろしているという休 …

no image

親として伝えるべきこと

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。 子どもの …

no image

子供を甘えさせてあげる

子どもを甘えさせましょう。そう言われても、甘えさせるとはどういうことか、イメージのつかない方も多いかもしれません。「甘えさせる」ことと「甘やかす」ことを勘違いしている方が多いのです。「子どもを甘えさせ …

no image

赤ちゃんが母親の声などに興味を示すようになると

一般に、新生児はエンジンがブルブル鳴る音やドアがギシギシきしむ音、鳥のさえずり、木の葉がサラサラ鳴ったり、笛がピューと鳴る音など、さまざまな種類の音にとても興味をもっています。また、人間の声にも大きな …