スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供への習い事の強制は果たして正解なのか?

投稿日:

お母さんやお父さんの中に、幼いころにバイオリンやピアノの教室に通った方もあるでしょう。あるいは、絵の塾に通った方があると思います。それを思い出しながら、本当に情操が高まったかどうかについて、検討してみましょう。

子どもの情操を高めるために、と願って、音楽や絵を習わせることを考える両親が多いと思います。子どもに、音楽や絵を楽しむ心が育てば、それだけ心豊かな生活を送ることができるでしよう。しかし、音楽や絵などを習わせれば、必ず情操が高まるものでしょうか。その点をよくよく考えてみなければなりません。

人をうらむような気持を起こさせるようなレッスンは、かえって情操の発達にゆがみを与えることになってしまいます。また、お母さんの強制に負けて、それに従ったという人もいるでしょう。これでは、自発性の発達がおさえられてしまうことになります。

お母さんからレッスンを強制されて

バイオリン教室に通い、帰ってからもお母さんからレッスンを強制されて、泣き泣き練習したという思い出をもっている両親が少なくないと思います。その結果、お母さんをうらむ気持になった人もいるでしょう。

そのような観点から、レッスンを受けたことのある両親は、自分の子どもに音楽教室へ通わせることがよいかどうかを考えてみてほしいのです。ピアノなどは部屋のスペースをとるので、邪魔もの扱いにされているようなことはないでしょうか。さらに、その家庭の子どもの情操が豊かかどうかについても検討してみる必要があります。それらについて検討した上で、自分の子どもに音楽を習わせるかどうかを決めることにしましょう。

幼いころに音楽教室などへいかなかった両親は、中学生や高校生のいる知り合いの家庭で、幼いころにピアノやオルガンを習わせていたようなことがあれば、今、それらの楽器がどのょうに使われているか、確かめてみましょう。多くの家庭では、それらの楽器が挨にまみれているのではないでしょうか。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんはさまざまな感覚を使って新しい能力を身に付ける

赤ちゃんは、さまざまな感覚を使って、一連の新しい能力を身に付けようとする赤ちゃんもいれば、もっぱら日に見える世界で何か新しい物を探し出そうとする赤ちゃんや、コミュニケーションの能力を試そうとする赤ちゃ …

no image

成果主義を子育てに持ち込むなかれ

許し合い、助け合い、励まし合い、協力し合い、支え合って甘え合える場所。誰でも何の遠慮もなくそこにいていい場所。命のェネルギーを補充する場所。暮らすための事業。命のエネルギーを使う場所。そこは物質的な見 …

no image

あるがまま自分の子育てをさらけ出してしまいましょう

失敗していると思われたくないからがんばって見栄を張り続けていたら、お母さんの気持ちも休まらなくなっていきます。そんなふうにして自分を苦しくしてしまっている方がいたら、もっと正直に、あるがまま自分の子育 …

no image

泣き叫ぶ赤ちゃんの対処法を知っておこう

自分の夫や親類の人、友人、近所の人など、誰もがママの大切な宝物をはた迷惑なうるさいチビ、だと思っていると心配する母親も多いようです。そんな人たちが赤ちゃんをもっと厳しく育てた方がいいと口を差しはさんで …

no image

子どもの力を信じることが必要

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日 …