スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供は何もできないのが当たり前

投稿日:

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっなげていくことが、甘えさせてあげながらしつけていく一番効果的なやり方です。

そもそも子どもがやっていることは、すべて自分が伸びようとしていくためにやっていることです。ですからやっていることすべてが大事なことなのです。親の目から見たらできないこと、やれないことが多過ぎて「どうしてできないの」という気持ちにかられることも多いでしょう。でも、その気持ちはグッと我慢して、「この子は今、体験しながら自分を育てている最中なのだ」と思うようにしてあげてください。

それまで歩けなかった子が立って自分の足で歩けた瞬間を思い出してください。「すごいすごい!できたできた!」と心から喜び、心からのほめ言葉をかけてあげませんでしたか?あの気持ちです。いつかきっと歩ける、必ず歩ける1と信じきってその日を待って一歩歩いたときの感激。あの喜びは忘れません。

条件付きのほめるのでは効果はありません

ただ、同じほめるにしても、条件付きのほめる、では効果はありません。ほめ方の基本は「あんよは上手」です。できなかったことができたときに手放しでほめてあげる、そのときと同じ気持ちでほめていくことがコッです。

できたことを心から喜んでほめてあげることで、子どもも「もっとやってみょう!」と思うようになるのです。もうひとつのコツは、結果ではなくプロセスをほめてあげるということです。できなかったことができたとき、「あんよは上手」の気持ちで「すごい「できたねー」と心から喜んであげることはもちろんですが、いつも結果が成功に終わるわけではありません。むしろうまくいかないときのほうが多いでしょう。そういうときこそ、プロセスをほめてあげてほしいのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの強い欲求

赤ちゃんは一体何が起きているのか、あなたに尋ねることさえできない。しかし、赤ちゃんにはそのような能力が何一つないわけではありません。ママの胸に抱かれていれば、ときには乳首をまさぐることもできるでしょう …

no image

子供を無理やりに型にはめるやり方で育てるのはよくない

小さい頃から親があれこれと手出しをしたり、「このような人にしよう」と無理やり型にはめる必要は一切ない。親の思いが圧力となって、子どもが苦しむことになりかねません。常に子どもの気持ちを大切にしながら進ん …

no image

口達者で頭のよい子供に見えても

近ごろの子どもを見ていますと、三角形が逆になっています。逆三角形です。つまり、ものはよく知っていますし、口は達者なので、頭のよい子のように見えますが、自発性の発達がおくれており、情緒は不安定なのです。 …

no image

思いやりのない親の人たち

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追 …

no image

赤ちゃんが安心や心の安らぎや保護を求めるのは当然

スキンシップは、赤ちゃんが子宮の中にいるような安心できる世界を再現するのに最適な方法です。それは赤ちゃんの心の支えになるのです。赤ちゃんの頭には子宮が自分の体を包み込み、あなたが動くたびに体をマッサー …