スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供は何もできないのが当たり前

投稿日:

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっなげていくことが、甘えさせてあげながらしつけていく一番効果的なやり方です。

そもそも子どもがやっていることは、すべて自分が伸びようとしていくためにやっていることです。ですからやっていることすべてが大事なことなのです。親の目から見たらできないこと、やれないことが多過ぎて「どうしてできないの」という気持ちにかられることも多いでしょう。でも、その気持ちはグッと我慢して、「この子は今、体験しながら自分を育てている最中なのだ」と思うようにしてあげてください。

それまで歩けなかった子が立って自分の足で歩けた瞬間を思い出してください。「すごいすごい!できたできた!」と心から喜び、心からのほめ言葉をかけてあげませんでしたか?あの気持ちです。いつかきっと歩ける、必ず歩ける1と信じきってその日を待って一歩歩いたときの感激。あの喜びは忘れません。

条件付きのほめるのでは効果はありません

ただ、同じほめるにしても、条件付きのほめる、では効果はありません。ほめ方の基本は「あんよは上手」です。できなかったことができたときに手放しでほめてあげる、そのときと同じ気持ちでほめていくことがコッです。

できたことを心から喜んでほめてあげることで、子どもも「もっとやってみょう!」と思うようになるのです。もうひとつのコツは、結果ではなくプロセスをほめてあげるということです。できなかったことができたとき、「あんよは上手」の気持ちで「すごい「できたねー」と心から喜んであげることはもちろんですが、いつも結果が成功に終わるわけではありません。むしろうまくいかないときのほうが多いでしょう。そういうときこそ、プロセスをほめてあげてほしいのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類できない

赤ちゃんはあらゆる感覚をありのままに受け取りますが、それを分類することができません。つまり、赤ちゃんはこの世界が異なる感覚神経から送られてくる信号から成り立っていることや、それぞれの感覚が独自のメッセ …

no image

赤ちゃんの反応がないかちゃんと観察しましょう

新生児はキューピー人形のようにかわいい姿をしています。自慢するかのように、目立って大きな頭は背丈の三分の一もあります。それに、丸い大きな目とふっくらした真ん丸いほっぺは何とも言えません。 あなたの赤ち …

no image

赤ちゃんの歩き始めの時期

どんな子供でも、ほぼ同じ月齢になると、この扱いにくい時期、が訪れます。その時期の始まりについては、一、二週間の誤差はありますが、それが必ず訪れることだけは確かです。一年後、赤ちゃんが自分で歩き始めた頃 …

no image

エリートコースで外面的には順風に見えても

現在の世の中は、物質的な豊かさを求める人間を増加させていますし、それがエリートコース(学歴偏重)と結びつき、それなるが故に、よいといわれている学校に入れたい親の気持に拍車をかけ、知的能力ばかりにこだわ …

no image

幼少期から音楽をさせることについて

音楽に伝統を持つオーストリアや西ドイツの幼稚園で、ピアノを全廃したのをご存じでしょうか?幼児たちにピアノをきかせて教育することはほとんどないのです。それはなぜでしょうか。幼児教育の専門家たちが、いろい …