スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供と真剣に向き合うとともに一所懸命に考えれば直感力がつく

投稿日:

お母さんの直感こそが、愛情ある子育ての最高の教科書となります。子どもと真剣に向き合い、「今この子にとって何が一番必要なのだろう」と一所懸命に考えれば直感力も出てきます。そのためには子どもの姿をよく目を凝らして見てあげましょう。どんな時でも、笑顔で喜びの貯金を続けることです。後はすべてはお母さんであるあなたの判断でいいのです。

愛するわが子が瞬間瞬間喜びと幸せを胸いっぱい満喫して生きていけるように、私は何をしてあげたらよいのだろうと思い、子どもを見つめてください。そうすれば必ず「これだ!」と思うものが見えてきます。基本は子どもの顔が輝くことをやってあげればいいのです。

お母さんたちがもっと直感を信じ、自分を信じていけるようになるために、声を大にして申し上げたいのが「自分のことをもっと好きになりましょう」ということです。いつも「ご自分の子育てに点数をつけるとしたら何点だと思いますか」と聞くと本当に、どのお母さんも低評価です。よくて五十点ぐらい、なかには〇点やマイナス点をつける方もいます。

家庭の中で起こることはすべてが経験

家庭の中で起こることはすべてが経験です。そこには失敗はありません。やってみて「ちょっと違うな」と思ったらそこで手直しをしていけばよいのです。人の目や人の頭で考えることから脱し、「うちは絶対に大丈夫」「この子は絶対に大丈夫」と、自分の子育てとわが子の生きる力を信じて、自信をもって子どもを育ててください。

ただの一度でも子どもが不幸せになればいいと思ったお母さんはひとりとしていないでしょう。どのお母さんも、子どもが幸せになりますようにと、わが子の幸せをひたすら願って一所懸命子どもを育ててきたはずです。その思いに基づいて子どもを育ててきたプロセスは、どのお母さんも百点満点以外の何ものでもありません。

皆さんはいかがでしょうか?自分の子育てに何点をつけますか?どのお母さんもみんな百点満点以上だと思います。低い点数しかつけられないのは、人と比べて考えたり、人の目で自分の子育てを評価してしまうからです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供に愛情が伝わらない

大きな愛情があるのに、それをしっかり子どもに伝えてあげられないのは何が原因なのでしょうか。やはり、最近のお母さんたちのゆとりのなさに一因があると考えます。社会の価値観が変わり、より成果主義、結果主義に …

no image

赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら

あなたの赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら、あなたの前に議な姿勢で座らせてあげましょう。背中をしっかり支えてやり、両足を曲げ、あなたの隠の上に顔を上に向け、やさし<寝かせて下さい。この姿勢をと …

no image

赤ちゃんは出来事の世界で新しい能力を幅広く身に付けていく

あなたの赤ちゃんは、出来事の世界、で、新しい能力を幅広く身に付けていきます。どんな能力を身に付けるのかは、赤ちゃんの好みや興味の対象、あるいは目立った肉体的な特徴などに基づいています。 一語が二語の短 …

no image

義理の母親が過干渉で孫を奪い取る

孫ができると、孫を母親から奪い取ってしまうお年寄りがいます。それは、自分なりの老後設計がないからです。お母さんは「子どもをおばあちゃんに取られてしまった」という表現をします。 似て非なるとは、「意気地 …

no image

叱られるのがうれしい子供はいない

悩みを口にするお母さんたちには共通している部分があります。ずっと「これをしなさい」「あれをしちゃダメ」と、子どもを管理する。それも早くから「叱るしつけ」をされてきた方が多いのです。聞き分けのない子にな …