スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供と休日にお出かけする際に車を使わない

投稿日:

サービスという形をとる場合には、運転者としてのお父さんは疲れるばかりで、そうしたサービスは永続きはしません。ついには、お父さんだけがレジャーを楽しみ、お母さんや子どもたちは家にごろごろしているという休日になってしまいます。マイカーを使わずに、電車やバスに乗ってハイキングをすること、しかも、なるべく混み合わないようなところを選ぶのが、お父さんの英知でしょう。

休日は、お母さんと相談して、家庭外で団らんを楽しんだり、子どものからだを鍛練することに使うよう、工夫をして下さい。からだを鍛えるという意味からすると、マイカーを運転して、遊園地や名所に連れていくなどは、まことに知恵が少ないといえましょう。

子どものときにいろいろな苦労を体験させておくことは、社会的適応の能力を養うために、非常に大切なことで、子どもには楽をさせないように心がけたいものです。行った先で飯ごう炊さんなどをするのも、生活の原点を子どもに教える意味で、非常によいことです。電車やバスに乗り換えたり、あるいは立っていかなければならなかったという体験は、両親にとってはいささか大へんな面もありますが、子どもたちには、非常によい社会経験になっているのです。

お母さんが家事を忙しがっているとき

また、お父さんの中には、お母さんや子どもをあごで使う人がいます。タテのものをヨコにもしないという怠け者もいます。これは、まさにタテ社会の男性の姿であって、民主的な教育を受けている子どもにはなじめないでしょう。これでは子どもは、お父さんに親しみを持てなくなってしまいます。

お母さんが家事を忙しがっているときに、何らかの手伝をしてあげることは、お母さんにとっては感謝となりますし、子どもたちにもよいお手本とります。その意味で、食べっ放しであったり、ごろ寝テレビといったざまは、極めて悪いお手本になります。怠情な生活を子どもに見せているからです。

子どもも、ごろ寝テレビをするようになり、お母さんへの協力をしようとはしないでしょう。お母さんだけが家事に忙しく立ち回っている姿は、一家の召使いといった状態となり、母親としての権威は、地におちてしまうでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの強い欲求

赤ちゃんは一体何が起きているのか、あなたに尋ねることさえできない。しかし、赤ちゃんにはそのような能力が何一つないわけではありません。ママの胸に抱かれていれば、ときには乳首をまさぐることもできるでしょう …

no image

子供にキャンプの体験をさせる

ある子供たちの体験合宿での話。われわれは、行く行くは火うち石で火をおこすこと、つまり、文明の原点を教えなければならないとさえ考えました。また、かまども子どもたちに作ってもらったのですが、すぐに「疲れた …

no image

子供の探検心が強くなったら

探検心が強くなりますと、友だちといっしょに、遠出をしたくなるものです。かなりの道のりを歩いて、探検してくることがあります。その際、時計を持っていないものですから、時間の配慮ができず、夜おそくなってから …

no image

学校から帰ってきた子どもに「何をしてきたの?」と聞きすぎない

幼稚園や小学校から帰ってきた子どもを、お母さんは、どのように迎えているでしょうか。お腹もすいているでしょうから、子どもの好きなお菓子を与え、楽しいお話を聞かせたり、それが終わったならば、ひざの上にのせ …

no image

赤ちゃんの色々な動き

・赤ちゃんの動き あなたの手指につかまって、寝ている姿勢から座ろうとする。胸に抱いていると、立ち上がろうとしてあなたの手(指)を握ってくる。幼児用のイスやベビーサークルで座らせると、多前に歩こう、とし …