スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供と休日にお出かけする際に車を使わない

投稿日:

サービスという形をとる場合には、運転者としてのお父さんは疲れるばかりで、そうしたサービスは永続きはしません。ついには、お父さんだけがレジャーを楽しみ、お母さんや子どもたちは家にごろごろしているという休日になってしまいます。マイカーを使わずに、電車やバスに乗ってハイキングをすること、しかも、なるべく混み合わないようなところを選ぶのが、お父さんの英知でしょう。

休日は、お母さんと相談して、家庭外で団らんを楽しんだり、子どものからだを鍛練することに使うよう、工夫をして下さい。からだを鍛えるという意味からすると、マイカーを運転して、遊園地や名所に連れていくなどは、まことに知恵が少ないといえましょう。

子どものときにいろいろな苦労を体験させておくことは、社会的適応の能力を養うために、非常に大切なことで、子どもには楽をさせないように心がけたいものです。行った先で飯ごう炊さんなどをするのも、生活の原点を子どもに教える意味で、非常によいことです。電車やバスに乗り換えたり、あるいは立っていかなければならなかったという体験は、両親にとってはいささか大へんな面もありますが、子どもたちには、非常によい社会経験になっているのです。

お母さんが家事を忙しがっているとき

また、お父さんの中には、お母さんや子どもをあごで使う人がいます。タテのものをヨコにもしないという怠け者もいます。これは、まさにタテ社会の男性の姿であって、民主的な教育を受けている子どもにはなじめないでしょう。これでは子どもは、お父さんに親しみを持てなくなってしまいます。

お母さんが家事を忙しがっているときに、何らかの手伝をしてあげることは、お母さんにとっては感謝となりますし、子どもたちにもよいお手本とります。その意味で、食べっ放しであったり、ごろ寝テレビといったざまは、極めて悪いお手本になります。怠情な生活を子どもに見せているからです。

子どもも、ごろ寝テレビをするようになり、お母さんへの協力をしようとはしないでしょう。お母さんだけが家事に忙しく立ち回っている姿は、一家の召使いといった状態となり、母親としての権威は、地におちてしまうでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。 …

no image

赤ちゃんの周りの世界が変化していることを認識する能力

赤ちゃんがさまざまな感覚を使って、周りの世界が変化していることを認識する能力。例えば、人の話し声のトーンが変化することや、猫が音も立てずに廊下を通り過ぎること、雲間を動く太陽によって部屋の明るさが変わ …

no image

新生児が微笑みを見せてくれたら

世界のどの国でも、新生児は生後六週日までに、初めて微笑みを見せてくれます。子宮内にいる胎児のにっこり微笑んでいる写真さえ残されているほどですが、まだ小さな赤ちゃんの微笑みを見ることは母親にとって貴重な …

no image

子供が四歳を過ぎた頃の遊び方

多くのお母さんには、子どもといっしょになって遊ぶ時間の「ゆとり」はな知れません。ただし、本当に忙しい場合と、子どもと遊ぶための時間の工夫をしていなどがあります。例えば、夕飯の仕度をしているときに、「マ …

no image

思春期の子供に対する接し方

思春期特有の反抗期と違う点は、親に対する態度や表情に明らかな怒りや憎しみを見せるという点です。親にやたらと反抗的になる。汚い言葉や乱暴な言葉を口にするようになる、食事をとらない、勉強もしない、ドアを乱 …