スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供がひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしている

投稿日:

自分自身は親との関係に葛藤し、ひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしているのに、親のほうはそれにまったく気がついていないということも実際にたくさんあります。大きくなった娘さんから「お母さんには一度も言わなかったけれど、お母さんはいつもお兄ちゃんや弟の世話ばっかりしていて私はすごく寂しかったんだ。おばあちゃんからすごくいじわるをされてつらい思いもしていたのよ」と言われたそうです。

思い切って親に気持ちを伝えることでいろいろな問題が解決していった方は大勢いらっしゃいます。ある三人きょうだいの中の女の子ひとりだった娘さんは、その友人がいないときに、お始さんからひとりだけいじわるをされていたのです。それを言いたくても、友人の気持ちは他のきょうだいのほうに向いていると感じ、ひとりでつらさを抱えていたという。

親に思いを伝えた方は、どの方も「ラクになった」とおっしゃいます。お母さんとの関係にひと区切りつけられると、子どもを抱え込むエネルギーも出てくるでしょう。それによってお子さんとの関係もいいほうに変わっていきます。

それで私も気がラクになると思うからお願い

「お母さん、今日はちょっと聞きにくい話かもしれないけれど、私、話したことがある。聞いてくれる?」と舞台づくりをして、「小さいときにこういうことがあって、とても悲しかった。それがいまだに尾を引いていて思い出すと苦しくなるの。だから一回でいいからお母さんに謝ってほしいの。それで私も気がラクになると思うからお願い」とメッセージで伝えていけばうまくいきます。

「ああいうことをされてつらかった」と感じた場面で、「でも、なぜお母さんはそういうことをしたのか」と、お母さんの立場や気持ちに立ち返って想像をしてみることで見えてくるものもあります。

親の気持ちを考えることで見えてくるもの親への気持ちを手放していくうえで、「なぜお母さんがそういうことをやったか」ということをわかってあげるのもひとつの方法です。子どもである自分がいろいろ抱えてしまっているように、親であるお母さんも何かを抱えていたのかもしれません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの色々な動き

・赤ちゃんの動き あなたの手指につかまって、寝ている姿勢から座ろうとする。胸に抱いていると、立ち上がろうとしてあなたの手(指)を握ってくる。幼児用のイスやベビーサークルで座らせると、多前に歩こう、とし …

no image

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。 …

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …

no image

ママが嫌いだという2歳児

強情を張るFくんにお父さんとお母さんは「ここでもらしたら置いていくぞー」「どうしてお手洗いに行かないの!もらしたら置いていくからね」と強権的に言い続け、とうとうFくんは「ママ嫌いー」と心の叫びを発した …

no image

今よりもちょっと悪い状況を考えてそれと現在を引き比べていく

今よりもちょっと悪い状況を考えて、それと現在を引き比べていくようにすると、今が有難く感じられ、喜びも出てくるようになるもの。子どもが何かやらかしても、「問題が起こせるということは子どもが元気に外に出て …