スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供がひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしている

投稿日:

自分自身は親との関係に葛藤し、ひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしているのに、親のほうはそれにまったく気がついていないということも実際にたくさんあります。大きくなった娘さんから「お母さんには一度も言わなかったけれど、お母さんはいつもお兄ちゃんや弟の世話ばっかりしていて私はすごく寂しかったんだ。おばあちゃんからすごくいじわるをされてつらい思いもしていたのよ」と言われたそうです。

思い切って親に気持ちを伝えることでいろいろな問題が解決していった方は大勢いらっしゃいます。ある三人きょうだいの中の女の子ひとりだった娘さんは、その友人がいないときに、お始さんからひとりだけいじわるをされていたのです。それを言いたくても、友人の気持ちは他のきょうだいのほうに向いていると感じ、ひとりでつらさを抱えていたという。

親に思いを伝えた方は、どの方も「ラクになった」とおっしゃいます。お母さんとの関係にひと区切りつけられると、子どもを抱え込むエネルギーも出てくるでしょう。それによってお子さんとの関係もいいほうに変わっていきます。

それで私も気がラクになると思うからお願い

「お母さん、今日はちょっと聞きにくい話かもしれないけれど、私、話したことがある。聞いてくれる?」と舞台づくりをして、「小さいときにこういうことがあって、とても悲しかった。それがいまだに尾を引いていて思い出すと苦しくなるの。だから一回でいいからお母さんに謝ってほしいの。それで私も気がラクになると思うからお願い」とメッセージで伝えていけばうまくいきます。

「ああいうことをされてつらかった」と感じた場面で、「でも、なぜお母さんはそういうことをしたのか」と、お母さんの立場や気持ちに立ち返って想像をしてみることで見えてくるものもあります。

親の気持ちを考えることで見えてくるもの親への気持ちを手放していくうえで、「なぜお母さんがそういうことをやったか」ということをわかってあげるのもひとつの方法です。子どもである自分がいろいろ抱えてしまっているように、親であるお母さんも何かを抱えていたのかもしれません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

甘えられてダメな人間なっていく子はひとりもいません

「甘えられる」は、自己肯定感、自己信頼感などの自己愛の大本を満たしてもらうこと。そんな大きなパワーを大好きな人からもらえたら、子どもにとってこれほどの喜びと幸せはありません。ですからお母さんはいつもニ …

no image

説得されて教育されしぶしぶ覚えても生きがいを覚えない

説得されて教え込まれてしぶしぶ覚え、そのたびにつらい思いをしていたら、やがて生きていくこともつまらなくなっていきます。「なぜ生きていなきゃいけないの?」「なぜ大人になんなきゃいけないの?」としか思えな …

no image

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こ …

no image

子供に体験合宿をさせる

われわれの合宿は、小学生を対象としていましたが、合宿に持ってくる物については、できるだけお母さんが手を貸さないようにしてもらっていました、というある人。中には、あれもこれもとたくさん持ってくる子どもも …

no image

子供が反抗しないのは逆に問題

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さ …