スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が買い物で食べ物などをねだる行為

投稿日:

赤ん坊でも、八、九ヵ月になれば、お腹がすいて泣いていても、「もうすぐできるから、待っていてね」といいますと、その言葉の意味はわからなくても、その声の調子で、ちょっとの間は待つことができるようになります。子どもの欲望は、まず、飲食物に始まります。

もし、お母さんが、自分の欲望のままに物を手に入れるようなことをすれば、生計は破綻をきたす。また、家庭の経済に限界があれば盗みをするよりほかはないし、あるいは人をだますことになり、それらは犯罪行為となります。こうしたことを考えれば、幼いころから、欲望を統制する力を少しずっ養っていかなければなりません。

幼児になれば、三度の食事のほかに二度のおやつの時間を決めるなり、四回食にするなりして、決めた時間以外に飲食物を欲しても、その時間まで「待つ」という力を養うことが大切です(ただし、ふつうの水はじゅうぶんに与えてよいのです)。

子どもに飲食物をねだられても

子どもに飲食物をねだられても、「時間がきたらね」「おやつの時間にね」ときちっということが大切です。ところが、子どもは承知しないでしょう。大きな声で泣き始めるでしょうし、からだを床にこすりつけてくやし泣きをするかも知れません。そうなると、うるさくあり、かわいそうでもあり、つい、「一つだけよ」といって与えてしまう親がいます。

飲みたい物、食べたい物があると、泣いてそれを訴えるでしょう。とくに甘い物はすぐに好物となり、それをねだるようになるものです。ですから、時間を決めてそれらを与え、その量も制限することが必要で、さもないと、わがままにもなりますし、虫歯になってしまいます。

年寄りがいっしょに住んでいる場合には、子どもを泣かしてはいけないといって、子どもの欲望を認めてしまうことが少なくありません。その泣き声に負けて、「これが最後よ」といって与えてしまいますと、もっとほしい場合には、さらに大声で泣きわめくでしょう。すると、「これが最後の最後よ」といって与えることになってしまいます。こうした扱い方が、わがままな子どもを作っているのです。「一つだけよ」ということでもらった菓子がおいしいと、子どもにはさらに食べたいという欲望が起きてきます。すると、再び泣きわめいて、「ほしい、ほしい」というでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんがあなたに何かを語りかけようとする時

生後六週日が過ぎると、赤ちゃんでも体に触られることがはっきり分かって、意識するようになります。赤ちゃんを訪ねてくる人みんなに愛撫を受けると、赤ちゃんにとって刺激が強すぎる、こともありますが、逆に、その …

no image

自発性のないお母さんは

働いている夫に対して、「思いやり」を持つ必要はありますが、一日も早く、家庭を大切にする社会の風潮を作ることが大切です。それには、どうしても夫婦の間の話し合いの時間をどこかに作り上げる努力から始めなけれ …

no image

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。 …

no image

喧嘩のできない子ども

自発性の発達していない子どもは、お友だちと遊ぶことを喜びませんし、お友だちもそのような子どもと遊んでも面白くないので、遊ばなくなってしまいます。それは、いたずらをしないからです。子どもが何人か集まると …

no image

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりし …