スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が買い物で食べ物などをねだる行為

投稿日:

赤ん坊でも、八、九ヵ月になれば、お腹がすいて泣いていても、「もうすぐできるから、待っていてね」といいますと、その言葉の意味はわからなくても、その声の調子で、ちょっとの間は待つことができるようになります。子どもの欲望は、まず、飲食物に始まります。

もし、お母さんが、自分の欲望のままに物を手に入れるようなことをすれば、生計は破綻をきたす。また、家庭の経済に限界があれば盗みをするよりほかはないし、あるいは人をだますことになり、それらは犯罪行為となります。こうしたことを考えれば、幼いころから、欲望を統制する力を少しずっ養っていかなければなりません。

幼児になれば、三度の食事のほかに二度のおやつの時間を決めるなり、四回食にするなりして、決めた時間以外に飲食物を欲しても、その時間まで「待つ」という力を養うことが大切です(ただし、ふつうの水はじゅうぶんに与えてよいのです)。

子どもに飲食物をねだられても

子どもに飲食物をねだられても、「時間がきたらね」「おやつの時間にね」ときちっということが大切です。ところが、子どもは承知しないでしょう。大きな声で泣き始めるでしょうし、からだを床にこすりつけてくやし泣きをするかも知れません。そうなると、うるさくあり、かわいそうでもあり、つい、「一つだけよ」といって与えてしまう親がいます。

飲みたい物、食べたい物があると、泣いてそれを訴えるでしょう。とくに甘い物はすぐに好物となり、それをねだるようになるものです。ですから、時間を決めてそれらを与え、その量も制限することが必要で、さもないと、わがままにもなりますし、虫歯になってしまいます。

年寄りがいっしょに住んでいる場合には、子どもを泣かしてはいけないといって、子どもの欲望を認めてしまうことが少なくありません。その泣き声に負けて、「これが最後よ」といって与えてしまいますと、もっとほしい場合には、さらに大声で泣きわめくでしょう。すると、「これが最後の最後よ」といって与えることになってしまいます。こうした扱い方が、わがままな子どもを作っているのです。「一つだけよ」ということでもらった菓子がおいしいと、子どもにはさらに食べたいという欲望が起きてきます。すると、再び泣きわめいて、「ほしい、ほしい」というでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんが物をつかむ最初の試みは失敗する

赤ちゃんが物をつかもうとする最初の試みは失敗します。でも、赤ちゃんのそんな努力をほめてあげ、できるだけ手を貸してあげて下さい。飽きずに動かしている手で簡単につかめるようなオモチャを置いてあげましょう。 …

no image

親に甘えさせてもらうと天真欄漫な子に育つ

あるYくんという、6歳の子供がいます。このYくんは表情も常にキラキラしていて、言うこともひとつひとつがおもしろい。話をしていて大笑いしてしまうこともたびたびです。性格も屈託がなく、お客さんの前でもお母 …

no image

いい子すぎる子の評価

誤って「よい子」と評価されたことによる犠牲者。そのような誤った「よい子」の評価は、大人のいうことをよくきく子、おとなしい子、きちっとしている子、まじめな子に向けられています。それが、自発性の発達を抑圧 …

no image

きょうだい関係の尺度を作り上げること

最も好ましくない父親像は、自分中心の行動の多い父親です。このような父親は、妻に対する「思いやり」もなく、子どもに対する「責任」も持とうとしません。しかも、外で浮気をしているようなことがあれば、妻を嘆か …

no image

良い子で素直で申し分のないお子さん

子どもの心には、いたずらをしたい、自分の思ったことはいいたいという欲求がある。その欲求に従って行動することが、本当の意味での(内面的な)すなおです。このことをよく知っていないと、カッコばかりの「よい子 …