スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が膝に乗るのは情緒の不安を解消する場であるから

投稿日:

幼時期後半(三〜五歳)もひざにのることは残ります。幼稚園から帰ってきたときに、ちょっとひざにのせてあげるだけで、幼稚園でのつらい経験とか緊張感を、自分で解消できるのです。その意味で、お母さんのひざは、子どもにとっては情緒の不安を解消する場であるといえるわけです。

この時期の子どもは、何かにつけてお母さんのひざにのるでしょう。それは、不安があるとか、眠くなったとか、疲れたとかの状態があって、それらをお母さんのひざの上で解消したい
と願っているからです。ですから、甘えん坊だと思っても、手仕事をしていても、ちょっとでよいから子どもの気持を受け入れてあげましょう。それによって、子どもの情緒は安定するものです。

いったん与えてしまった不安を解消するには、根気よく、子どもから離れるときには断るようにし、決して黙って子どもをおいていくようなことをしないこと、つまり、母親を信頼してよいことを教えていくことです。子どもに不安を与えないようにするためには、部屋から出るときに、「ママは、トイレにいってくるからね」などと、子どもにひと言断ることが大切です。

背中からおおいかぶさるようにしてくることがある

学童期になるとさすがにお母さんのひざにはのろうとしなくなるでしょう。しかし、お母そばさんが座っている側に来て、からだをもたせかけ、背中からおおいかぶさるようにしてくることがあります。そのときの「甘え」も、何か不安があるからするのです。先生に叱られたとか、友だちにいじめられたとかがあったにちがいありません。その気持を汲むならば、身体接触を認めてあげることが大切です。

そのようなときに、「学校で何かあったの?」などときく必要はありませんし、そのようにきくことは子どもを過保護に扱うことになりがちです。それは、からだをお母さんに寄せながら、自分で不安を解消しようとしており、それができる年齢に達しているからなのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の探検心が強くなったら

探検心が強くなりますと、友だちといっしょに、遠出をしたくなるものです。かなりの道のりを歩いて、探検してくることがあります。その際、時計を持っていないものですから、時間の配慮ができず、夜おそくなってから …

no image

日本人の女性は自発性を抑圧された環境に育っています

夫である男性の中には、子どものことはお前にまかせたなどと放言している人が少なくありません。夫であり父親である男性に、根強く残っています。こうなれば、話し合いなどはできるはずがありません。新しい家庭の父 …

no image

赤ちゃんが母親の声などに興味を示すようになると

一般に、新生児はエンジンがブルブル鳴る音やドアがギシギシきしむ音、鳥のさえずり、木の葉がサラサラ鳴ったり、笛がピューと鳴る音など、さまざまな種類の音にとても興味をもっています。また、人間の声にも大きな …

no image

対話力の重要性を実感したある人のエピソード

改めて対話力の重要性を実感したある人のエピソードがあります。夕方になってキャンプファイヤーが始まった頃、ひとりの女の子が輪を抜け出して、若い男の先生のところにトコトコと近づいていくと、「先生、東京はど …

no image

甘えられる人・環境を作ることの重要性

外の世界は平らな道ばかりではありません。険しい頂を抱える大きな山がいくつもあり、その山を越えていかなければ先に進めないということもいっばい出てきます。その山を登り切り乗り越えていくエネルギー、厳しい寒 …