スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が膝に乗るのは情緒の不安を解消する場であるから

投稿日:

幼時期後半(三〜五歳)もひざにのることは残ります。幼稚園から帰ってきたときに、ちょっとひざにのせてあげるだけで、幼稚園でのつらい経験とか緊張感を、自分で解消できるのです。その意味で、お母さんのひざは、子どもにとっては情緒の不安を解消する場であるといえるわけです。

この時期の子どもは、何かにつけてお母さんのひざにのるでしょう。それは、不安があるとか、眠くなったとか、疲れたとかの状態があって、それらをお母さんのひざの上で解消したい
と願っているからです。ですから、甘えん坊だと思っても、手仕事をしていても、ちょっとでよいから子どもの気持を受け入れてあげましょう。それによって、子どもの情緒は安定するものです。

いったん与えてしまった不安を解消するには、根気よく、子どもから離れるときには断るようにし、決して黙って子どもをおいていくようなことをしないこと、つまり、母親を信頼してよいことを教えていくことです。子どもに不安を与えないようにするためには、部屋から出るときに、「ママは、トイレにいってくるからね」などと、子どもにひと言断ることが大切です。

背中からおおいかぶさるようにしてくることがある

学童期になるとさすがにお母さんのひざにはのろうとしなくなるでしょう。しかし、お母そばさんが座っている側に来て、からだをもたせかけ、背中からおおいかぶさるようにしてくることがあります。そのときの「甘え」も、何か不安があるからするのです。先生に叱られたとか、友だちにいじめられたとかがあったにちがいありません。その気持を汲むならば、身体接触を認めてあげることが大切です。

そのようなときに、「学校で何かあったの?」などときく必要はありませんし、そのようにきくことは子どもを過保護に扱うことになりがちです。それは、からだをお母さんに寄せながら、自分で不安を解消しようとしており、それができる年齢に達しているからなのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

しつけはゆっくり生活

自分の力でーということは、自発性と関係してきます。生活習慣といえば、食べること、排尿便をすること、眠ること、これらは、自分のからだを成長させるのに必要な、だれにも必要な習慣ですが、人間には、文化的な生 …

no image

子供と休日にお出かけする際に車を使わない

サービスという形をとる場合には、運転者としてのお父さんは疲れるばかりで、そうしたサービスは永続きはしません。ついには、お父さんだけがレジャーを楽しみ、お母さんや子どもたちは家にごろごろしているという休 …

no image

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりし …

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

もし「私」がこの世に生まれていなければ

もし「私」がこの世に生まれていなければ、目の前のわが子も存在していなかったのです。もちろんこの世に生まれなければ、子育てで大変な思いをすることも、日々の中で苦労することも、いろいろ嫌な思いをすることも …