スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が膝に乗るのは情緒の不安を解消する場であるから

投稿日:

幼時期後半(三〜五歳)もひざにのることは残ります。幼稚園から帰ってきたときに、ちょっとひざにのせてあげるだけで、幼稚園でのつらい経験とか緊張感を、自分で解消できるのです。その意味で、お母さんのひざは、子どもにとっては情緒の不安を解消する場であるといえるわけです。

この時期の子どもは、何かにつけてお母さんのひざにのるでしょう。それは、不安があるとか、眠くなったとか、疲れたとかの状態があって、それらをお母さんのひざの上で解消したい
と願っているからです。ですから、甘えん坊だと思っても、手仕事をしていても、ちょっとでよいから子どもの気持を受け入れてあげましょう。それによって、子どもの情緒は安定するものです。

いったん与えてしまった不安を解消するには、根気よく、子どもから離れるときには断るようにし、決して黙って子どもをおいていくようなことをしないこと、つまり、母親を信頼してよいことを教えていくことです。子どもに不安を与えないようにするためには、部屋から出るときに、「ママは、トイレにいってくるからね」などと、子どもにひと言断ることが大切です。

背中からおおいかぶさるようにしてくることがある

学童期になるとさすがにお母さんのひざにはのろうとしなくなるでしょう。しかし、お母そばさんが座っている側に来て、からだをもたせかけ、背中からおおいかぶさるようにしてくることがあります。そのときの「甘え」も、何か不安があるからするのです。先生に叱られたとか、友だちにいじめられたとかがあったにちがいありません。その気持を汲むならば、身体接触を認めてあげることが大切です。

そのようなときに、「学校で何かあったの?」などときく必要はありませんし、そのようにきくことは子どもを過保護に扱うことになりがちです。それは、からだをお母さんに寄せながら、自分で不安を解消しようとしており、それができる年齢に達しているからなのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

家庭外でつらい思いをすることがあっても

子どもたちは、家庭外でつらい思いをすることがあっても、家庭の中に一歩足をふみ込むと、心が暖まります。そして、外でのつらい体験も、いつの間にか解消してしまうでしょうし、外でのつらい体験に挑戦しようという …

no image

不満が爆発してしまう前に

子どもが小さいときも、洗濯物の山の前で「なんで毎日毎日こんなに汚してくるのかしらーどうして私ばかりがこんなことをしなきゃならないの!」と不満が爆発しそうになることがしょっちゅう。そのときも「でも、もし …

no image

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類できない

赤ちゃんはあらゆる感覚をありのままに受け取りますが、それを分類することができません。つまり、赤ちゃんはこの世界が異なる感覚神経から送られてくる信号から成り立っていることや、それぞれの感覚が独自のメッセ …

no image

赤ちゃんの寝付きが悪いことはありませんか?

赤ちゃんの寝付きが悪くはありませんか?赤ちゃんがひどく神経質になっている時は、以前ほど眠らないこともよくあります。寝室に連れて行ったとたんに、赤ちゃんが大声で泣き出すこともあるでしょう。そのため、とき …

no image

家庭の中の暖かい雰囲気を味わうことの重要性

「思いやり」のないお母さんは、子どもが学校から帰ってくると、待ち構えていたように、「どんな勉強をしたの?」「宿題は?」などと、勉強の話を持ち出します。そのようなお母さんは、学習にばかりこだわって、子ど …