スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの力を信じることが必要

投稿日:

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日本ではどうでしょう。その木を持つのはお母さんで、子どもは手ぶらのまま帰っていくのではないでしょうか。

老人用の席に座って、眠ったまねをしている哀れな若者。子どもはもともと体力のある存在です。小学生ともなれば、山のぼりをして帰ってきた直後にばたばたと走り回るほどです。そのことを考えれば、そして、料金が安いことを計算に入れれば、子どもには乗り物の中では立つようにしつけるべきです。

ある合宿で、リュックサックを背負って降りてきた。小柄な一年生もがんばり通しました。その姿を見て、感動しました。こんなに体力があるかと。ところが、バスから降りて、迎えにきたお母さんに子どもを渡した途端、お母さんは子どもの背中からリュックサックを取って、お母さんが背負っていこうとするではありませんか。思わず「三キロの山道を自分で下ってきたのですよ」と叫んでしまいました、とあるインストラクター。

乗り物の中で子どもを座らせてお母さん

乗り物の中で、子どもを座らせてお母さんが立っているという情景をよく見かけます。子どもの力を何と思っているお母さんやお父さんかと、情なくなります。中学生や高校生のお母さんにもそれを見かけることがあるほどで、その過保護ぶりにはあきれてしまいます。このような子どもが大人になったときには、老人やからだの不自由な人に席を譲るようなことはしないでしょう。

とくに小学生ともなれば、立っているのがふつうーというように、子どもの体力に対して信頼をおきましょう。親に信頼された子どもは、力強い人間になります。買物のときなどには、重い荷物を子どもに持ってもらうことも必要です。それは、子どもにはけっこう力があるからです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

家庭外でつらい思いをすることがあっても

子どもたちは、家庭外でつらい思いをすることがあっても、家庭の中に一歩足をふみ込むと、心が暖まります。そして、外でのつらい体験も、いつの間にか解消してしまうでしょうし、外でのつらい体験に挑戦しようという …

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

赤ちゃんはあまり食欲がないですか?

赤ちゃんはあまり食欲がないですか?母乳を与えている母親は、このような赤ちやんの拒絶が離乳食へ移るためのサインだと考えることもあります。でも、そうではありません。赤ちゃんはただ苛立っているだけなのです。 …

no image

子供に色々な体験をさせよう

年月をかけて、未熟な面をだんだんに成熟させていくのが教育です。また、電話に出ることに興味を持つ時期があります。先方からの話を一応きいた上で、「今、ママに代ります。ちょっとお待ち下さい」という言葉を教え …

no image

多くの赤ちゃんは立ち上がりたいと思っている

赤ちゃんは立ち上がったりすわったりするのが好きですか?多くの赤ちゃんは立ち上がりたいと思っています。あなたの赤ちゃんもそうなら、ベビーサークルの中や揺りカゴの中、ベビーベッドの上(危険ですから注意)、 …