スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの一人遊びは口を出さずに放置したほうがいい

投稿日:

両親は、身勝手に、自分の手のあいているときに、子どもの相手をしたがります。そのような両親は、子どもが一人遊びを楽しんでいるときに、それに割り込んでいくでしょう。それを子どもがうるさがるようなことがあると、わがままな子だといって怒ってしまう両親さえもある。
子どもが一人遊びをしているときには、口を出したりしないことです。

一人遊びに熱中するという体験は、ものごとに集中する力を養うのに大切ですから、余計な口出しは、子どの集中力の発達を止めてしまいます。そのような扱い方をくり返していると、だんだんに落ちつきのない子どもにしてしまいます。

子どもは、一人遊びをしている間に、ときどき親の保障を求めることがあります。まだえんこをしている時期の子どもでも、ときどき親の方を振りむきます。それに対してうなずいてあげると、また、遊びに打ち込みます。そして、一歳にならない子どもでも、三、四十分もの間、一つの遊びを続けることがあります。

よく遊んでいておりこうさんね

子どもをちょっとひざの上にのせると、子どもの心は安定し、再び一人遊びを始めるでしょう。自発性の発達にも、情緒の安定が必要であることがわかります。言葉の響きでいたずらをやめさせる子どもが「いたずら」を始めたときに、このような扱いをしたらよいでしょうか。お母さんを呼ぶときに、「よく遊んでいておりこうさんね」といってほめることが、子どもの情緒を安定させることになります。一人遊びによって、自発性の発達を伸ばしながら、情緒の安定をはかることが大切です。

両親にとって大切な物であると、大声もあげたくなるでしょう。しかし、大声をあげて脅迫することをやめて、「それはママの大事な物よ」といって、真剣に訴えます。「ママの大事、大事よ」という訴えは、その言葉の響きから、一歳過ぎるとわかります。そして、すぐに返してくれることが多いのです。そのときに「ありがとう」といって感謝をすれば、子どもにもお母さんの喜びが伝わります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

いたずらっ子は探究心の現われ

早くからお母さんから離れていても平気な子どもがいて、お母さんにとっては独立心のある子のように思えるかも知れませんが、そうではないのです。お母さんとの情緒的な心の結びつきができなかったために、お母さんに …

no image

育児・教育・しつけは二人の間で意見の一致が必要

育児や教育については、二人の間で意見の一致が必要です。お母さんは子どもとの接触が多いので、子どもとの間のやりとりは自然にうまくなっていきますが、とかく接触時間の少ないお父さんの場合には、たまたま子ども …

no image

生後11週以降の赤ちゃんの仕草や行動

生後一一週から一二週にかけて、あなたの赤ちゃんは次に紹介するような一連の仕草や行動を見せてくれるでしょう。これは移り変わる世界、で、次の成長のステップをク迎える準備をしているサインなのです。 ・親指を …