スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの一人遊びは口を出さずに放置したほうがいい

投稿日:

両親は、身勝手に、自分の手のあいているときに、子どもの相手をしたがります。そのような両親は、子どもが一人遊びを楽しんでいるときに、それに割り込んでいくでしょう。それを子どもがうるさがるようなことがあると、わがままな子だといって怒ってしまう両親さえもある。
子どもが一人遊びをしているときには、口を出したりしないことです。

一人遊びに熱中するという体験は、ものごとに集中する力を養うのに大切ですから、余計な口出しは、子どの集中力の発達を止めてしまいます。そのような扱い方をくり返していると、だんだんに落ちつきのない子どもにしてしまいます。

子どもは、一人遊びをしている間に、ときどき親の保障を求めることがあります。まだえんこをしている時期の子どもでも、ときどき親の方を振りむきます。それに対してうなずいてあげると、また、遊びに打ち込みます。そして、一歳にならない子どもでも、三、四十分もの間、一つの遊びを続けることがあります。

よく遊んでいておりこうさんね

子どもをちょっとひざの上にのせると、子どもの心は安定し、再び一人遊びを始めるでしょう。自発性の発達にも、情緒の安定が必要であることがわかります。言葉の響きでいたずらをやめさせる子どもが「いたずら」を始めたときに、このような扱いをしたらよいでしょうか。お母さんを呼ぶときに、「よく遊んでいておりこうさんね」といってほめることが、子どもの情緒を安定させることになります。一人遊びによって、自発性の発達を伸ばしながら、情緒の安定をはかることが大切です。

両親にとって大切な物であると、大声もあげたくなるでしょう。しかし、大声をあげて脅迫することをやめて、「それはママの大事な物よ」といって、真剣に訴えます。「ママの大事、大事よ」という訴えは、その言葉の響きから、一歳過ぎるとわかります。そして、すぐに返してくれることが多いのです。そのときに「ありがとう」といって感謝をすれば、子どもにもお母さんの喜びが伝わります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

運動嫌いの子どもは友だちができにくい

ある合宿に参加した三年生の女の子は、なかなか戸外遊びをしようとしません。誘い出してもすぐに部屋に戻って、本ばかり読んでいるのです。しかも、夕方、ベッド作りをしてシーツを敷いたあと、子どもたちがその子の …

no image

子供の意欲-危険に挑戦しようとする気持ち

お母さんやお父さんは、けがをされては困るという気持から、子どもの冒険をとめるでしょうが、冒険によって生ずる小さなけがは、大きなけがを防ぐのに役立ちます。このことは二十年余りにわたって実施してきたわれわ …

no image

自分は幸せだと思う世界に入ったほうが絶対に幸せになる

外から見たら幸せな世界に生きているように見えるのに、自分ほど不幸な人はいないと思って生きる生き方と、不幸の中でも自分は幸せだと思って生きる生き方、どのように生きるかは一つにひとつです。どちらが本当に幸 …

no image

可愛いベビーとの色々な遊びの方法

・ママの胸でジャンプ&バウンド遊び 赤ちゃんはうれしそうな声を上げながら、何回も「立ったり座ったり」するこの遊びをしたがるでしょう。活発な赤ちゃんはあなたに抱かれている時でも、自由に動こうとし …

no image

何でも否定的に向き合う母親の子の心境は

どのような家庭であるかはそこにいる人たちの思いで決まっていきます。その中心にいるのがお母さんです。お母さんの思いで家庭の雰囲気がつくられていきます。ですからお母さん自身が「私はこんなに素晴らしい。うれ …