スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の人見知りが激しい状態になる

投稿日:

六〜八カ月になりますと、はっきりと人の顔が見えるようになります。そうなると、見なれぬ人には恐れを感じ、お母さんにしがみつくでしょう。これが「人見知り」です。「人見知り」が現われて、お母さんにしがみつくことは、お母さんが子どもから信頼されていることを意味します。

声をかけてあげると、微笑が始まり、やがて高笑いをするようになり、そうした楽しさを与えてくれる人を心待ちにするようになります。ですから、子どもが一人遊びをやめて、周囲の動きを知ろうときき耳を立てている様子が見えたら、抱き上げて相手をすることは、お母さんの大事な役割です。

生後二、三カ月になると、声をかけてくれたり、抱いてくれたりするお母さんを望むようになります。つまり、情緒的な人間関係を作ろうとする要求が起きてきます。信頼あってこそ、母子のきずながきっちり結びつく。

ほかの子どもと楽しく遊ぼうとしない子どもに

他人との暖かい情緒的な関係を作り上げる能力が育たないことです。ところが、誤って、「人見知り」のない子どもを、独立心のある子どもとか、社交的な子どもと思っているお母さんがいます。そして、そのままにしておくと、自分勝手な行動が起きたり、ほかの子どもと楽しく遊ぼうとしない子どもになってしまいます。

もし、「人見知り」をしない子どもがあれば、母子間の関係が稀薄であることを心配しなければならないでしょう。それまでに、抱いたり、声をかけたりすることが少なかったはずです。そのことに気づいたならば、できるだけ抱いたりあやしたりして、「人見知り」が起こるように努力しなければ、あとあと心配なことが起きてきます。

添い寝の時期にお母さんとの関係ができる抱くことが多かったりすると、抱きぐせがつかないかーと心配するお母さんもいるでしょう。この点については、子どもが一人遊びを楽しんでいるときに、その楽しみをじゅうぶんに味わわせてあげれば、大丈夫です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

グレーゾーンを子育てに作ってあげよう

自分はいけないことをしたんだと子ども自身が納得するためには、事柄だけで決め付けず、子どもの思いに目を向けて、そうせざるを得なかった気持ちを汲み取ってあげることが先決なのです。たとえ子どもが万引きをして …

no image

夫婦話し合いをする方法やその時間

話し合う時間は、どのようなときがよいでしょうか。それは、子どもたちが寝しずまってからのひとときです。二人でお茶を飲みながら、家事や育児について話し合うことができれば、最もよい条件を作り出していることに …

no image

赤ちゃんがあなたに何かを語りかけようとする時

生後六週日が過ぎると、赤ちゃんでも体に触られることがはっきり分かって、意識するようになります。赤ちゃんを訪ねてくる人みんなに愛撫を受けると、赤ちゃんにとって刺激が強すぎる、こともありますが、逆に、その …

no image

赤ちゃんが安心や心の安らぎや保護を求めるのは当然

スキンシップは、赤ちゃんが子宮の中にいるような安心できる世界を再現するのに最適な方法です。それは赤ちゃんの心の支えになるのです。赤ちゃんの頭には子宮が自分の体を包み込み、あなたが動くたびに体をマッサー …

no image

子供と休日にお出かけする際に車を使わない

サービスという形をとる場合には、運転者としてのお父さんは疲れるばかりで、そうしたサービスは永続きはしません。ついには、お父さんだけがレジャーを楽しみ、お母さんや子どもたちは家にごろごろしているという休 …